しんちゃんの老いじたく日記

昭和30年生まれ。愛媛県伊予郡松前町出身の元地方公務員です。

いつか訪ねたい場所

今週17日の朝日新聞デジタル版「文化の扉」に、

『西田哲学、西洋との格闘~違和感を認め自己を追求、新資料に足跡』

というタイトルの記事が掲載されていました。

知の巨人、西田幾多郎(きたろう)(1870~1945)の哲学とはどういうものか、

簡潔で分かりやすい解説があったので、

この日記をメモ代わりにして、次のとおり書き残しておきたいと思います。


『西田の思索は40代以降、次第に西洋哲学の古典にさかのぼり、

 認識論や存在論から歴史や宗教、日本文化を論じるようになる。

 反省しつくせない自己の意識を「場所」と呼び、自己の中に自己を映し出す思考を、

 欧米流の主観・客観の二元論を超えた「絶対無の場所」とみた。

 晩年には対立、矛盾するものが全体としては同一性を保つ「絶対矛盾的自己同一」を唱えた。』


また、記事のなかで東洋大学学長で仏教学者の竹村牧男さんは、次のように述べられていました。

『西田のように「自己とは何か」について突き詰めて考えれば、

 自己と他者の関係を考えることにつながります。

 自己と神仏との関係、つまり宗教のあり方も主題になるでしょうし、

 社会や歴史のあり方にも関係します。』


う~む、なるほど‥‥。

「自己」を突きつめると、必然的に「宗教」にもたどり着くものなのでしょうか‥‥?

そして、「西田哲学」の「無私の思想」とは何なのか‥?根源的な「無」とは何なのか‥?

いくら考えても凡人の私には「答え」は見つからないけれど、

少しでも思索しようとする行為が「哲学する」ということなのでしょうか‥‥?

???だらけです。


ところで、私はこれまでの人生で、北陸各県には一度も行ったことがありません。

いつの日か、かの地を訪れる機会があれば、

西田幾多郎記念哲学館」と「鈴木大拙館」には、ぜひ足を運んでみたいと思います。

心を軽くするために

今日20日の朝日新聞一面コラム「天声人語」では、

白髪を染めずにテレビに出演し、話題になっているフリーアナウンサー

近藤サトさん(50)のことが紹介されていました。

そして、「思い切って白髪を受け入れようとする動きが少しずつ広まっているらしい」として、

次のようなことが書かれていました。


主婦の友社編『グレイヘアという選択』が、こんな声を拾っている。

 「本来の自分を隠すことはストレス」「白髪になったら、パステルカラーが似合うようになる」。

 ロマンスグレーがかっこよさを求めるなら、グレーヘアで手に入るのは解放感や自由さか。

 こうでなければいけないという思いを脇に置けば、心はもっと軽くなるかもしれない。

 髪でも、ほかのことでも。』


私がこの文章のなかで特に印象に残ったのは、

「こうでなければいけないという思いを脇に置けば、心はもっと軽くなるかもしれない。

髪でも、ほかのことでも。」という記述です。


妻に言わせると、私は「こうでなければいけないという思い」が

日常生活においても強すぎるのだそうです。

「決まった時間に決まったことをしなければ落ち着かない」、あるいは、

「決められた時間に決められたことをしなければ落ち着かない」というのは、

良い意味では「几帳面な性格」なのかもしれませんが、

悪い意味では「変化に対応できない」というか、「融通が利かない」「頭が固い」のです。

できれば「心を軽く」した人生を送りたいのだけれど、それができない自分が、今ここにいます。

議論なき財政健全化への道筋

今日19日の朝日新聞デジタル版「波聞風問」は、

自民党総裁選 現実知りたい国民、見せぬ政治』というタイトルで、

原真人・編集委員が次のようなことを書かれていました。


『盛り上がりに欠ける自民党総裁選である。

 「安倍1強だから」などという理由で納得するわけにはいくまい。

 安倍晋三首相と石破茂元幹事長の論戦がなぜもどかしいか。

 それは財政の不都合な真実も現実的な未来図もまったく語られていないからではないか。

    ~ (中略) ~

 朝日新聞世論調査で総裁選で一番議論してほしいことを聞くと、

 社会保障(26%)、景気や雇用(23%)、財政再建や税制(15%)の順に多かった。

 国民は財政や社会保障の未来に不安を抱き、政治が向き合うことを求めている。

 ところが総裁選を通じて、そうしたテーマはあいまいにしか語られない。

 だからなのか。2人が総裁にふさわしいという人はそれぞれ3~4割いるものの、

 首相を支持する理由に「政策が評価できる」を挙げた人は全回答者の7%、

 石破氏にいたっては1%にすぎない。

 不都合な真実もふまえた本音の論戦を求める国民が、

 それを見せようとしない政治に発した、明らかな抗議の数字ではないか。』


う~む、なるほど‥‥。

言われてみると確かに、経済再生、地方創生、社会保障改革、憲法改正の論戦はあるものの、

財政健全化の議論はなされていないように思います。

どんな政策を実行していくにも、財政健全化との両立は避けられないはずなのですが‥‥。

明日は自民党総裁選の投開票日とか‥‥。

私は党員ではないけれど、自民党総裁選は、事実上、この国のリーダーを選ぶ選挙なので、

その結果と今後実行される政策の行方を、国民の一人として、注視していきたいと思います。

自分を使い切る

俳優・樹木希林さんの訃報を受けて、

今日の新聞一面には、追悼のコラムが掲載されていました。


『病との付き合い方も、この人ならではであった。

 全身に転移したがんを受け入れ、振り回されはしない。

 最後まで仕事を続ける姿は、生きることを楽しむかのようだった。

 人生の素晴らしさも悲しさも包み込んだ作品が、残された。

 「現在まで、それなりに生きてきたように、それなりに死んでいくんだなって感じでしょうか」。

 ひょうひょうとした言葉をいくつも残して、去ってしまった。』(朝日新聞天声人語」)


『冒頭のインタビュー(注:不登校の情報紙、「不登校新聞」のインタビュー)は、

 「学校に行きたくない君へ」(ポプラ社)に収録されている。

 もう一つ、樹木さんが子供たちに残した、とっておきの言葉を紹介したい。

 「お釈迦さんがね〈人間として生まれることはきわめて稀(まれ)なことだ〉』と言ってるの。

 だったらね、生き続けなきゃ、もったいないじゃない」』(産経新聞産経抄」)


『「全身がん」の公表後も、病気と淡々と向き合う姿が印象に残る。

 「善と悪は表裏一体」と、病気を「悪」と決めつけず受け入れた。

 そうした態度が画面にもにじみ出ていたのではないか。

 樹木さんは、洋服などをリフォームして最後まで使い切ることを徹底していたという。

 「十分生きて自分を使い切ったと思えることが、

 人間冥利(みょうり)に尽きるってことなんじゃないでしょうか」。

 言葉を体現した姿が、くっきりと記憶に刻まれる。』(愛媛新聞「地軸」)


う~む‥‥‥。(感嘆) 「十分生きて自分を使い切る」ですか‥‥。

なんだか「背筋がピンとなる」というか、「身が引き締まる」ような「人生哲学」だと思います。

精神・肉体ともに軟弱な私には、樹木希林さんの生き方は到底真似できそうにありません。

海を見ていた午後

一昨日の15日が敬老の日だと思っていたら、今日が敬老の日でした。

とうとう祝日さえ分からなくなってしまいました‥‥。(苦笑)


さて、このところ運動不足気味だったので、昨日は久しぶりに散歩を兼ねて、

「西の海岸」(海は自宅から西方向にあります。)に夕陽を見に行きました。

お天気が良かったので、さぞかし美しい夕陽が見られるだろうと期待していたのですが、

残念ながら、日没時間はご覧のとおり水平線が雲に覆われていて、

遥か遠くの瀬戸内の島々しか見ることができませんでした。

f:id:miyoshi_s:20180916175508j:plainf:id:miyoshi_s:20180916180726j:plainf:id:miyoshi_s:20180916180825j:plain

ただ、渚に打ち寄せるさざ波の音を聴きながら、海岸沿いの遊歩道を一人静かに歩いていると、

不思議と心が落ち着くのが自分でも分かります‥‥。

自分がもし認知症になったら、家族には真っ先に「西の海岸」を探すように、

今から伝えておきたいと思います。


そして今日は、孫娘と二人で、伊予鉄郊外電車に乗って、「エミフルMASAKI」に買い物に行き、

夕食時には、妻が買ってくれた敬老の日の祝い酒を、父と二人で嗜みました。

こうして9月最初の三連休が、平々凡々と過ぎていきます‥‥。