読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しんちゃんの老いじたく日記

昭和30年生まれ。愛媛県伊予郡松前町出身の元地方公務員です。

だからみんな頑張った

NHKの連続テレビ小説を、私はもう何十年も腰を据えて見たことがないので、

ひよっこ」という番組でどんな歌が流れているのか承知していませんが、

今日23日の日経新聞一面コラム「春秋」には、次のようなことが書かれていました。

その全文を引用させていただきます。

 

『女子工員たちが昼休みに歌うロシア民謡

 寮母さんがいつも口ずさんでいる青春歌謡。

 NHKの連続テレビ小説ひよっこ」に流れる歌に、

 若い世代も新鮮な印象を抱くらしい。

 1964年の、伸び盛りの日本を描いた物語に浮かび上がるのは

 明日を信じる精神である。集団就職で大都会に出てきた15歳が、

 このドラマのように善意の人にばかり囲まれていたわけではない。

 他人の飯を食うつらさに泣いた若者も多いだろう。

 夢破れて道を外した少年少女もいただろう。

 それでも高度成長期は総じて、「いまよりも上」への階層移動が

 かなう時代ではあった。だからみんな頑張ったのである。

 世の中からそんなダイナミズムが失われて久しい。

 経済力の差は教育格差、学力格差を生み負の連鎖が心配な平成日本だ。

 教育無償化の議論がにわかに熱を帯びているのも、

 人々の胸に階層固定化へのうっぷんがたまっているせいかもしれない。

 やる気と能力があれば誰でも上の学校に行ける仕組みを、というわけである。

 親にとっても夢みたいな話だが、

 さて、そうなったら日本人が「ひよっこ」時代の精神に戻れるのかどうか。

 そもそも高等教育への進学率は、いまや専門学校を含めると8割。

 成績抜群なのにお金がなくて進学断念という不幸は、昭和の昔ほど多くないだろう。

 教育格差もその連鎖も、一筋縄ではいかぬ現実のなかにある。』

 

このコラムの中には、

日本の高度成長期を端的に、そして適切に表現する二つの言葉があると私は思います。

一つは、「明日を信じる精神」で、

もう一つは、「“いまよりも上”への階層移動がかなう時代」です。

この二つがあったからこそ、「だからみんな頑張った」のではないでしょうか……。

私の両親の世代も、そして私の世代も、

「だからみんな頑張った」を体験し、記憶している世代だと思います。

 

そして、この一面コラムを読んで、今月20日の日経新聞「文化」欄に、

「1950~60年代の“勤労青年”の研究が進んでいる」

という記事があったことを思い出しました。

“勤労青年”とは、大学に進学せず、集団就職などで都会に出て働き、

日本の高度成長を支えた人々のことで、

さきほどのNHKの連続テレビ小説でも、こうした若者が描かれているようです。

 

そして、その記事には次のようなことが書かれていました。

『なぜ今、50~60年代が注目されるのか。

 京大の佐藤教授は「格差社会が進んでいるから」と見る。

 悪条件下で働く若者は今も多いといわれる。

 そんな時代に、やはり日本が貧しかったころを振り返る機運が生まれている

 との見方だ。その苦しさを、かつての若者は人生雑誌に、

 今はSNS(交流サイト)に訴えている、などと捉えれば、共通点も見つかる。

 とはいえ、当時と今は全く同じではない。

 若者文化にも詳しい社会学吉見俊哉東京大学教授は

 「50年代は貧しくても豊かな未来を夢見ることができたが、今はそれがない」

 と分析する。

 そんな中、かつての勤労青年と話した澤宮氏は

 現代に通じると思える言葉を聞いたという。

 「“運命は選べないが、生き方は選べる”ということをおっしゃる方が多くいた。

 現実をただ悲観するのではなく、知恵を使えば道は開くということ。

 彼らの姿から、働くことの意味を改めて考えることもできる」と語る。』

 

う~む、なるほど……。

どうやら「50~60年代」と「今」との違いは、

「豊かな未来を夢見ることができるかどうか」にあるようで、

残念ながら「今はそれがない」時代を、私たちは生きているみたいです。

ただ、この記事を読んで救われたのは、

最後の部分で、「運命は選べないが、生き方は選べる」、

「現実をただ悲観するのではなく、知恵を使えば道は開く」と書かれてたことです。

どんな時代にあっても「希望を持つこと」が大切であることを、

二つの記事を読んで改めて認識した次第です。

自動運転から手動運転へ

今日22日の日経新聞「こころの健康学」は、

『自分を振り返る余裕を持つ』というタイトルのコラムでした。

 

コラムの執筆者である認知行動療法研修開発センターの大野裕先生は、

「新年度に入って慣れない仕事に追われたり、

新しいプロジェクトを立ち上げて苦労したりしている人に

ゴールデンウィーク(GW)後に会うと、自分を取り戻す時間を持てたことで、

明るい表情に戻っていてホッとすることが少なくない」として、

次のように述べられていました。

 

『私たちは忙しくなればなるほど、自動的に判断し行動することが増えてくる。

 例えてみればこころの自動運転で、

 そのおかげで私たちは多くのことを短時間で処理できる。

 こうしたこころの自動運転は、忙しくなるほど活発に働くようになる。

 しかし、それがいきすぎると、思いがけないミスが増えてくる。

 私など、慌てて家を飛び出して玄関のドアを閉め忘れることがある。

 こうしたことを防ぐためには、大切なことを意識的に確認することが役に立つ。

 いろいろな領域でチェックリストが重宝されるのはそのためだ。

 生活の中でちょっと立ち止まって自分を取り戻す時間を作ることも役に立つ。

 例えば、何もせずにぼんやりしたり、

 日記やメモを書いてその日のことを振り返ったりする。

 そうすることで新しい気づきが生まれてくることも多い。

 このようにこころの自動運転を一時的に手動運転にかえることで、

 自分を振り返るこころの余裕が生まれる。

 GWに限らず、自分を振り返る時間を持てるとよいだろう。』

 

さて、私の場合、今年の五連休のGWのうち、

前半三日間は甥っ子の結婚式出席のため、京都に行ってきました。

足腰の弱った父が一緒だったこともあって、

その間は「自分を振り返る」余裕はありませんでしたが、

それでも「非日常的」な体験をしたことや、

少しでも親孝行ができたという達成感があったりして、

気持ちをリフレッシュできたように思います。

 

この私の体験も大野先生がおっしゃっている

「自動運転」から「手動運転」への切り替えなのかもしれません。

あとは、「日記を書くことによって、

自分を振り返るこころの余裕が生うまれる」という大野先生のアドバイスを、

これからも忘れずに守っていきたいと思います。

終わりよければすべてよし

私の住む愛媛県伊予郡松前町は、はだか麦の産地です。

黄金色に輝く麦畑は、松前町の初夏の風物詩でもあります。

そんな麦の穂が、たわわに実る季節でもある今日21日は、二十四節気の「小満」。

「一日ごとに夏の陽気になり、万物が成長する気が天地に満ち始め、

人々の心も少しずつ満ちていく」という意味があるそうです。

 

さて、『定年後~50歳からの生き方、終わり方』

(楠木新著:中公新書)を読了しました。

いゃあ~、とても内容の濃い、素晴らしい本でした。

読んだ後は付箋だらけになっていて、どの箇所が重要だったのか、

逆に分からなくなってしまいました。(苦笑)

たくさん心に残る記述がありましたが、そのなかのいくつかを書き残しておきます。

著者と私の年齢は一つ違い。次の文章を読んだ時には、

まるで私のことを書いているようにも思えて、

また、なんだか「人生の同志」に出合えたような気がして、とても嬉しくなりました。

 

『 ~(略)~ 昔の記憶を蘇らせることは、「ライフレビュー」といい、

 認知症の治療にも使われる方法だそうだ。

 なぜ脳にいいのかといえば、昔好きだった曲を聴くと、

 急にその頃のドキドキワクワクした感情が戻ったり、

 ある匂いを嗅いだらある瞬間を思い出すといったことがあるように、

 当時の記憶を蘇らすことで、脳がその時の状態に戻るからだという。

 私は有線放送で1970年代のヒット歌謡曲を聞きまくることがある。

 山口百恵郷ひろみの歌に耳を傾けていると、

 中学校や高校時代の思い出が鮮明に蘇ってくる。

 普段では決して出会えない自分がそこに現れる。

 面白いことに、私が過去の記憶と結びついてワクワクするのは

 25歳までに聞いた歌に限られている。

 それ以後の曲では思い出は蘇ってこない。

 昔見た映画やテレビ番組でも同様なことが経験できるかもしれない。』

 

う~む……、この気持ち、とてもよく理解できます。

著者は、「脳の記憶の点と点を繫いで頭のなかで自分史をつくることが大事」という、

保阪隆さんの言葉を引用されていましたが、

私も知らないうちに「ライフレビュー」を実践していたのかもしれません……。

 

そして次は、この本の最後の箇所で書かれている次の記述です。

『人は発言で美辞麗句を並べることはできても、顔つきだけはごまかせない。

 内面の状況を一番表すのは顔つきであると思っている。

 仕事で言えば、「いい顔」をしている人から、

 より多くのことを学ぶことができる。

 それはその人が個性にあった働き方をしている可能性が高いからだ。

 自分の内面の価値観にあった行動をしているから「いい顔」になっている。

 自分が果たすべき役割に気づいた人は、

 優しい眼差しを持った穏やかな表情になる。 ~(略)~

 定年後の目標はやはり「いい顔」で過ごすことだろう。

 そうすれば息を引き取るときもいい顔であるに違いない。

 逆に言えば、定年後は「いい顔」になることに取り組んでみればいいわけだ。』

 

はぃ~、分かりました。

私も「いい顔」になることに取り組んでみたいと思います。

……が、「自分にとって本当に大事なもの」や

「自分が果たすべき役割に気づく」ことは、実はとっても難しいことなのだと

最近は痛切に感じます。

 

なお、著者は、人生の後半戦の重要なポイントとして、

『極端に言えば、死に向き合わないと、

本当の意味での老いや死に至る準備はできないと言えるかもしれない』

と述べられていました。こちらも深く考えさせられた言葉でした。

「終わりよければすべてよし」となるための準備として、

本書は必読の書だと思います。

 

定年後 - 50歳からの生き方、終わり方 (中公新書)

定年後 - 50歳からの生き方、終わり方 (中公新書)

 

 

 

 

自分自身の言葉という杖

『幸福に死ぬための哲学~池田晶子の言葉』(講談社)を読了しました。

 

本書は「人生」「幸福」「老い」「死」など11のテーマで構成されていて、

池田さんの著作のなかから、そのテーマにふさわしい「文章」が引用されています。

そのなかでも、私の最も忘れ難い文章は、

「言葉」というテーマのなかの、次の「魔法の杖」という文章でした。

 

『言葉は道具なんかではない。言葉は、自分そのものなのだ。

 だからこそ、言葉は大事にしなければならないのだ。

 言葉を大切にするということが、自分を大事にするということなのだ。

 自分の語る一言一句が、自分の人格を、自分の人生を、確実に創っているのだと、

 自覚しながら語ることだ。そのようにして、生きることだ。

 言葉には、万物を創造する力がある。言葉は魔法の杖なのだ。

 人は、魔法の杖を使って、どんな人生を創ることもできる。

 それは、その杖を持つ人の、この自分自身の、心の構えひとつなのだ。』

 

う~む……。(絶句) これって、ものすごく重みのある文章だと思います。

ただ、この本で引用されている文章は、

池田さんの著作のなかのあくまでも抜粋なので、全体像を掴めないという欠点があり、

そういう危惧から私は今、就寝前に寝床で、

同じ池田さんの『暮らしの哲学』(毎日新聞社)という本を買って、

毎日少しずつ読み進めています。

 

幸福に死ぬための哲学――池田晶子の言葉

幸福に死ぬための哲学――池田晶子の言葉

 

追記

最近、右の耳に何か詰まっているような違和感があり、

今日は午後から耳鼻咽喉科に行ってきました。

聴力や鼓膜の検査をしてもらいましたが、結果は異状なしで一安心です…。

先生には、末梢神経障害に効く薬を処方してもらいました。

ここ最近、土曜日は歯科や皮膚科など、

病院通いで一日があっという間に過ぎることが多くなりました。(トホホ……) 

 

 

 

経営トップと企業風土

今日5月18日は「ことばの日」です。

これからも言葉の正しい使い方に意を用いながら、

この日記を書いていきたいと思います。

 

さて、その「ことばの日」の日経新聞「私見卓見」欄に、

ソーシャル・キャピタル」という分野を研究されている稲葉陽二・日本大学教授が、

『「企業風土」を言い訳にするな』という「私見」を寄稿されていました。

ここでいう「ソーシャル・キャピタル」とは、通常の生活では人と人との絆を示し、

会社内の「ソーシャル・キャピタル」を「企業風土」として説明されています。

 

この前提のもとで稲葉教授は、

東洋ゴム工業による免震ゴム性能偽装」、「三菱自動車の燃費データ改ざん」、

東芝の不正会計」など、大企業の不祥事がいつまでたってもなくならず、

また、その不祥事が起きるたび出てくるのが「企業風土」というキーワードで、

企業が設置した第三者委員が「企業風土に問題があった」と指摘したり、

経営者が「企業風土に流されてしまった」と反省の弁を述べたりするが、

「この企業風土という言葉が言い訳に使われていないだろうか」

と問題提起されています。

 

そして、会社内のソーシャル・キャピタル、すなわち企業風土は特殊であり、

構造をきちんととらえて対処しないと不祥事はいつまでもなくならないとして、

次のように述べられています。

 

『会社内のソーシャル・キャピタルの最大の特徴は、

 トップが自由に情報やネットワークを操作できる点にある。

 情報を下に伝えてもいいし、伝えなくてもいい。

 下から上がってきた情報をみんなで共有してもいいし、無視してもいい。

 少人数の「お気に入りの人たち」だけで会社の中枢を固めたり、

 「たこつぼ化」する専門家集団を放置したりすることもできる。

 これらの積み重ねがまさに企業風土となっていく。

 つまり、企業風土というのは勝手に存在しているものではなく、

 トップが作り上げるものなのだ。

 身近なところで考えれば、部長が代われば部の雰囲気はがらっと変わるだろう。

 そうでなければその部長は仕事をしていない「おかざり」といってもいい。

 「企業風土が変えられなかった」というようなトップの言い訳は通用しない。』

 

さらに、稲葉教授は、

東証1部上場の100社以上の閉鎖性(社長の生え抜き度合いなど)を調べたところ、

より閉鎖的な企業ほど不祥事が多かったとして、次のように述べられています。

 

『トップは風通しの良い組織をつくるよう努力すべきだ。

 それは社外取締役を増やすといった制度上の問題だけではなく、

 身近な人の配置やコミュニケーションのあり方も見直すことである。

 企業は資本主義の要であり、社会の公器である。

 トップは企業風土という言い訳に逃げる前に、

 自分ができることを見つめ直してほしい。』

 

う~む、なるほど……。

この記事を読んで思ったのは、企業風土というのは、

各部各課に配置された管理職が、いかに風通しの良い職場をつくっていくかに

尽きるのではないか…ということです。

その積み重ねがきっと企業風土になるのでしょうね…。

 

現に、私のこれまでの経験では、

そういう風通しの良い職場の管理職のもとでは、自由闊達に議論ができて、

職員も生き生きと仕事をしていたように思います。

もっとも、そういったコミュニケーション能力のある管理職を育成していくのは、

トップの役割によるところが大きいのも確かです。

 

ということはやはり、稲葉教授のご指摘のとおり、

トップは不祥事が起こった時に、企業風土を言い訳にはできないのですね…。

けだし、「卓見」だと思います。

 

ちなみに、陽明学者の安岡正篤先生の言葉に次のようなものがありますが、

私はこれが、企業・官公庁を問わず、理想の組織風土だと思っています。

・互いに明朗闊達なるべし

・盛んに研究討論すべし

・人に対して謙虚なるべし

・事に当たって正義を立つべし

・自ら処するに敏なるべし