しんちゃんの老いじたく日記

昭和30年生まれ。愛媛県伊予郡松前町出身の元地方公務員です。

「事前の自己拘束」の大切さを学ぶ

今日22日の日経新聞電子版「政治アカデメイア」に掲載された、清水真人・編集委員の執筆による

『「オデュッセウスの自己拘束」なき財政健全化計画』という記事が勉強になりました。

印象に残った箇所を次のとおり書き残しておきます。


『新たな財政健全化計画を巡る政府・与党内論議が低調だ。

 首相の安倍晋三自民党総裁3選を見据え、堅調な景気の維持を最優先。

 財政健全化の目標年次も、向こう3年間の歳出抑制の目安も、

 「縛り」は極力緩めたい思惑で、経済界も市場関係者もそれを早々と織り込み済みだ。

 ギリシャ神話の英雄オデュッセウスの逸話にある「事前の自己拘束」なしでは、

 財政出動の誘惑を耐えしのぐのは難しい。

 ホメロス叙事詩オデュッセイア」。

 主人公オデュッセウスは「トロイの木馬」の計略でトロイア戦争に勝利した。

 帰路の船出の際、魔女セイレーンの魅惑の歌声に引き寄せられれば、荒海にのみ込まれると警告を受ける。

 そこで誘惑に負けないよう、自らの身体を帆柱にがんじがらめに縛りつけさせ、

 難所を切り抜けて祖国に帰り着く。不合理な意思決定を避けるための「事前の自己拘束」の例だ。』


財政制度等審議会(財務相の諮問機関)の財政制度分科会が3月30日付で公表した海外調査報告書は、

 1枚の絵画「セイレーンの誘惑」を図版で紹介している。

 分科会会長代理で成城大特任教授の田近栄治、慶大教授の土居丈朗らが調査で訪問したオランダ財務省

 その大臣室には「オデュッセウスの自己拘束」のエピソードから題材を採ったこの絵が飾られているという。

 オランダ財務省高官は「財政健全化という難航海では、誘惑に負けない仕組みが必要」だと田近らに説いた。

 オランダは08年にリーマン・ショックに伴う金融危機で財政収支が赤字に転落したが、

 主に歳出抑制によって16年に黒字を達成。

 17年の債務残高GDP比は欧州連合(EU)の求める基準60%を下回る見通しだ。

 小国とはいえ、日本とは比べようもない健全さだ。』


「セイレーンの誘惑」という絵画がどんなものなのか興味があったので、

さっそく「財政制度分科会」の「海外調査報告書」に目を通してみました。

いゃあ~、それにしても、財政健全化計画実行の大切さを分かりやすく解説するために、

このようなギリシャ神話の逸話がすぐ思いつくのは、さすがだと思いました。


f:id:miyoshi_s:20180522205244j:plain


私もずっと以前には、ギリシャ神話にも興味があって、その関連本を何冊か購入しましたが、

阿刀田高さんの『ギリシャ神話を知っていますか』(新潮文庫)以外の本は、

登場人物が複雑なこともあって、途中で挫折しました。

これを機に、もう一度チャレンジしてみようと思っています。

ギリシア神話を知っていますか (新潮文庫)

ギリシア神話を知っていますか (新潮文庫)

「小満」の日の雑感

今日21日から、二十四節気の「小満」(5/21~6/5)、

七十二候では「蚕起きて桑を食う」(5/21~5/25)が始まりました。


その「小満」について、昨日の日経新聞「NIKKEI The STYLE」には、次のような解説がありました。

『陽気が満ち、樹木が青々とした葉をつける頃。

 対照的に地平線を黄金色に染めるのは、ピンと背筋をのばしたムギです。

 その様は「麦の秋」という季語がぴったり。この場合の「秋」は実りの季節という意味。

 農業が中心だった日本人にとって、実り=秋だったことに由来するのでしょう。

 ムギの刈り入れ時は、5月21日から始まる「小満」の頃。

 万物が成長していく様子を表しており、タマネギやアスパラガスなどもすくすくと育ち、

 旬を迎えます。空へ向かってサヤがなることから名がついたソラマメも、小満が収穫時期です。

 茹でても焼いても美味しいソラマメは、世界最古の農作物のひとつで、

 有史以前から人々に愛されてきました。ソラマメは、形から「蚕豆」とも書かれます。

 5月頃から本格的に始まる養蚕では、食欲旺盛なカイコにえさのクワをたっぷり与えます。

 風がさわやかですごしやすい陽気は今のうち。

 梅雨の前触れである「走り梅雨」がやってくると、本格的な田植えの時期です。』


さて、愛媛県産の裸麦は日本一の生産量で、

そのなかでも私の故郷・松前町は、県内有数の裸麦の産地となっています。

都市化の進展によって、町内の農地は年々減少しているものの、

「黄金色の光景」は、子どもの頃から慣れ親しんだ「原風景」でもあります。


それはさておき、ソラマメは「蚕豆」とも書くことを、この歳になって初めて学びました。

そういえば、もう何十年もカイコの実物をみていないような気がしますが、

恥ずかしながら、私がカイコで思い出すのは、ソラマメではなく、

子どもの頃に熱中した怪獣映画に登場する「モスラ」なのです‥‥。(苦笑)

“暮らしの原点”を考える

今日の日経新聞「TheSTYLE」の「名作コンシェルジュ」は、

日本で1975年からNHKで放送された『大草原の小さな家』で、

作家・山下柚実さんによる、次のような解説がありました。

(『大草原の小さな家』の舞台は19世紀後半のアメリカで、
西部開拓時代、新天地を求めミネソタ州に移住してきたインガルス一家の物語です。)


『 ~(略)~ 丸太を切り、草原を開墾し耕す。狩りや釣りで獲物を得、

 種から小麦を育てて食べる。靴、鍬、椅子、衣服‥‥道具の多くは手作り。

 一つ一つ、モノと向き合う素朴な暮らし。質素ではあっても、肌触りや素材感、色彩のいかに豊かなことか。

 現代の生活から決定的に失われてしまったものが、ここには息づいている。

 原作はローラ・インガルス・ワイルダーの自伝「大きな森の小さな家」。

 実話が下敷きだけに家庭愛では解決しえない過酷な試練も次々に襲う。

 嵐、火事、怪我、病気‥‥困難を前に、人と人との助け合いは清々しく、

 季節の実りは奇跡のように立ち現れる。
 
 ~(略)~ だが、考えてみれば不思議ではないか。

 70年代、遠く離れた島国・日本で、なぜこのドラマが素直に受け入れられ熱く視聴されたのか。

 この時期、アメリカが参入したベトナム戦争への反発も大きかったし、

 いまだ第2次世界大戦による心の傷を抱えていた人もいたはず。

 アメリカへの違和感を超え大ヒットした理由とは何だったのだろう?

 もしかしたら、「ゼロからの出発」にヒントが潜んでいないだろうか?

 開拓時代のアメリカと、空襲で焼け野原になり、大災害も頻発する日本。

 時も場所も事情も違うが、ゼロの地点から生活を創り出していく苦悩は共通している。

 インガルス一家が格闘する姿は理屈抜きに国境を越え、心を強く揺さぶった。

 つまり、国家や政治、民族の違いを超えて

 「人が自然と共に生き抜くことの厳しさと歓び」という"暮らしの原点"が描かれていたからこそ、

 多くの人が心を摑まれたのだろう。』


う~む、なるほど‥‥。

解説を読んで、このドラマをテレビで何回か観たことを思い出すと同時に、

“暮らしの原点”など、当時の私が考えもしなかったことについて、改めて考え学ぶ機会となりました。

モノやサービスが満ち溢れた社会に生まれた小学一年生の孫娘とともに、

もう一度このドラマを観てみたい気持ちにさせる、‥‥そんな秀逸な解説だったと思います。

身体と思想の包み紙

文章読本さん江』(斎藤美奈子著:ちくま文庫)を読了しました。

結論から先に言うと、読んでいてとても痛快な本でした。

文章読本」とは、「文章」とはいったい何なのか、著者は次のように述べられていました。


『原点にもどって考えてみよう。文章読本とは、はて、何なのか。

 私はこういうことでないかと思う。文章とは、いってみれば服なのだ。

 「文は人になり」なんていうのは役立たずで、ほんとうは「文は服なり」なのである。

 こんなことはいまさら私がいうまでもなく、古代ローマの時代から指摘されていたことだった。』


『文は服である、と考えると、なぜ彼らがかくも「正しい文章」や「美しい文章」の研究に

 血眼になってきたか、そこはかとなく得心がいくのである。

 衣装が身体の包み紙なら、文章は思想の包み紙である。』


『文は服だっていったじゃん。服だもん。必要ならば、TPOごとに着替えりゃいいのだ。

 で、服だもん。いつどこでどんなものを着るかは、

 本来、人に指図されるようなものではないのである。』


文章を書くのも服を着るように、人に指図されるようなものではないと言われると、

なんだか肩の荷が下りるような気もしますが、やっぱり少し不安でもあります。

そういう意味では、著者が分析された、次のような「文章読本の教訓」を読むと、

逆に安心してしまう自分がいます。

 〇文章読本が説く五大心得

 【その1】わかりやすく書け 【その2】短く書け 【その3】書き出しに気を配れ

 【その4】起承転結にのっとって書け 【その5】品位をもて

 〇文章読本が激する三大禁忌

 【その1】新奇な語(新語・流行語・外来語など)を使うな

 【その2】紋切型を使うな 【その3】軽薄な表現はするな

 〇文章読本が推す三大修業法

 【その1】名文を読め 【その2】好きな文章を書き写せ 【その3】毎日書け


ちなみに、私は、著者が度々引用していた、谷崎潤一郎三島由紀夫丸谷才一の「文章読本」、

本田勝一の「日本語の作文技術」を持っているのですが、

いずれの本も私には別世界で、敷居が高いように感じてきました。

でも、これからこれらの本に目を通す際には、

読み方と考え方に少し変化が生じているかもしれません。

文章読本さん江 (ちくま文庫)

文章読本さん江 (ちくま文庫)

別の角度から見るということ&星由里子さん逝く

昨日17日の朝日新聞「社説」には、

「子どもたちへ~火垂るとだるまの教え」と題して、次のようなことが書かれていました。


『改ざん、うそ、女性蔑視、開き直り‥‥。

 自らは恥ずべき行いを重ねる一方で、子どもには「道徳」を説き、

 ひとつの鋳型にはめようとする。

 そんな最近の政治家や官僚の対極を生きた2人が、この春、相次いで鬼籍に入った。

 おととい「お別れの会」が開かれたアニメ監督の高畑勲さん(享年82)、

 そして絵本作家のかこさとしさん(同92)だ。

 心にしみいる作品を、半世紀にわたって子どもたちに届け続け、多くの大人も魅了した。

 原点になったのは、両者ともに戦争体験である。 ~ (中略) ~

 高畑さんもかこさんも、子どもを一個の独立した人格として認め、向きあった。

 人間の弱さや社会の矛盾を隠さず、世の中には様々な考え方があり、

 同じ出来事でも別の角度から見ると違って見えることを伝えた。

  残された私たちが、2人から学ぶことは、たくさんある。』


この記述のなかでは、子どもに対して、次の二つが大切であることを学びました。

一つは、子どもを一個の独立した人格として認め、向きあうこと。

もう一つは、「同じ出来事でも別の角度から見ると違って見えること」を伝えること。


ところで、話は変わりますが、

昨日の西条秀樹さんに続き、今日は女優の星由里子さんが亡くなられたことを知りました。

星由里子さんと聞いて真っ先に思い出すのは、映画「若大将シリーズ」のヒロイン・澄子役です。

小学生の頃、「若大将シリーズ」を映画館で観て、

世の中には、こんなにも笑顔が素敵な美しい女性がいるのだと、

子ども心ながら、胸がときめいたことを思い出します。


今夜はこれから「YouTube」で、

加山雄三さんと星由里子さんがデュエットで歌った

「エレキの若大将」での「君といつまでも」を聴いてみることにします。

「澄ちゃん」‥‥。あなたが天国に召されても、

あなたは、私と私たち世代の記憶のなかで、いつまでも「憧れのマドンナ」であり続けます。