しんちゃんの老いじたく日記

昭和30年生まれ。愛媛県伊予郡松前町出身の元地方公務員です。

グローバル化と民主主義を考える

朝日新聞デジタル版「日曜に想う」に掲載された

大野博人・編集委員執筆による『「左のナショナリスト」の憂い』という記事が、

グローバル化と民主主義」を考えるうえで、大変勉強になりました。


ナショナリスト」といえば「右」というのが相場ですが、

フランスのジャンピエール・シュベヌマン氏(78)は、フランス社会党の創設にかかわった一人で、

左派政権で閣僚も務めた政治家であるにもかかわらず、国家へのこだわりが強く、

国境を超えて経済がグローバル化し、欧州でも経済統合が進み、

政財界や言論界の大勢がその流れを支持しているときに異論を唱え続けたことから、

「左のナショナリスト」と呼ばれたそうです。

なぜ老政治家はグローバル化に異論を唱え続けたのか、記事には次のように書かれていました。


『民主主義は国民国家の中でしかうまくいかない仕組みだと考えるからだ。

 多数決でものごとを決めるときには、

 フランス人や日本人といった国民としての「私たち」という意識の共有が欠かせない。

 「私たちみんなでいっしょに決めたのだから」と思えてこそ、少数派も結果を受け入れられる。

 だから、国という枠を大事にする。その意味でナショナリスト

 国を軽んじては民主主義がおかしくなる、と警告していた。』


老政治家のこの警告から17年が経って、

米国では「アメリカ・ファースト」を唱えたトランプ氏が大統領になり、

英国は欧州連合(EU)離脱が決まるなど、各地で国家への回帰を強調する政治家が次々と登場し、

グローバル化に振り回されるのを拒み、国という枠組みに戻ろうとする動きがあります。

こうした動きを踏まえたうえで、記事では次のような疑問が提起されていました。


『グローバル世界では民主主義はなりたたない。

 かといって、排他的なメッセージを乱発するポピュリストの「国」に戻っても、

 それで連帯の回復を期待するのは無理だろう。

 日本でも「非国民」「反日」などという言葉が熱を帯びて飛び交う一方、

 少子高齢化と巨額の財政赤字の負担の議論は遅々として進まない。

 ナショナリズムは高まっているように見えて、国民の連帯は弱まり続けているのではないのか。』

『富める人や地域が、困難を抱える人や地域を支える。

 それを可能にしてきた国民同士というつながりが崩れてしまったから

 こんなことが起きるというわけだ。』


う~む、なるほど‥‥。だから、「左」とか「右」の問題ではなく、

そもそもの「国民という礎石」から再構築せざるをえないわけですね‥‥。

世界のグローバル化の流れのなかで、国家や国民、そして民主主義をどのように捉えたらいいのか、

普段は考えることのないことを考えさせてくれた、大野編集委員の論評でした。

艱難辛苦の日々(?)はまだ続く

今月は私の62歳の誕生月です。

62歳になると、「特別支給の老齢厚生年金」を受け取る権利が発生するとのことで、

一昨日の日曜日は、午後から懸案の「年金請求書」の作成に取り掛かりました。


実は、年金請求のための関係書類が入った黄緑色の封筒は、

日本年金機構からずっと以前に送られていたもので、

何事にも面倒くさがりの私は、今の今まで書類作成を先延ばしにしてきましたが、

とうとうお尻に火がついてしまったのです。


‥‥で、なんとか作業に着手したものの、作成する書類は27ページもあって、

しかも、「記載上の注意」が多く、マイナンバーカードや預金通帳など、

ほかの書類と突合・確認しながらの作業はなかなか大変で、途中で何度もくじけそうになりました。

さらに、戸籍謄本や住民票などの添付書類を用意しなければなりません。


まぁ、そうは言っても、この2年間、給与所得がガクンと減って、

わずかな貯蓄を取り崩しながらの生活を余儀なくされていましたから、

ありがたく年金を受給できるのであれば、これくらいの「苦労」はへっちゃら‥‥

‥‥と思いきや、年金手続きの案内パンフには、次のような記載がありました。

日本年金機構が、「年金請求書」を提出した方の受給権(年金を受け取る権利)

 を確認してから1~2カ月後に、「年金証書・年金決定通知書」をお送りします。

・「年金証書・年金決定通知書」が届いてから1~2カ月後に、

 年金のお支払いのご案内(年金振込通知書、年金支払通知書または年金送金通知書)をお送りし、

 年金の受け取りが始まります。


えっ‥‥!!(愕然)

ということは、私が年金を受け取ることができるのは、早くても来年の4月なのかしら??

艱難苦難の日々(?)は、今しばらく続くことになりそうです。

はぃ‥、なんだが愚痴ばっかりの日記となりましたが、

我が国の年金制度は、積立方式ではなく賦課方式です。

現役世代の方々の「支え」に感謝しなければなりません‥‥。

最後まで読まなかった本?

藤井聡太四段が稲葉陽八段と対局することを新聞の番組表を見て知ったので、

今日は随分と久しぶりにNHK杯テレビ将棋トーナメントを観戦しました。

藤井四段は中盤以降、形勢不利な局面を打開することができず、そのまま敗戦となりました。

制限時間があと1秒で駒を指すことが度々あって、こちらの方がハラハラドキドキしました。

番組HPでトーナメント表をみると、私が名前を知っている棋士は少数でした。

将棋の世界もいつの間にか世代交代が進んでいたのですね‥‥。


さて、『人間集団における人望の研究~二人以上の部下を持つ人のために』

(山本七平著:祥伝社ノン・ポシェット)を読了しました。先日、本の整理をしていたところ、

書棚の片隅から古びた本が数冊出できましたが、その一冊がこの本です。

どんなことが書いてあったのか、ほとんど記憶に残っていなかったので、再読した次第です。


「人望の条件」とはなにか‥。

その「答え」のようなものは、本書の〈おわりに〉で、次のように書かれていました。

『~(略)~ そこでこのつまらない「矜(プライド)」を去って、

 「七情」を「中庸」に則して制御し、社会に対する「静虚動直」を訓練し、

 まず「九徳」を獲得するように修練し、最終的には「絜炬(けっく)」の道を目指す。』


ちなみに、「七情」とは、喜・怒・哀・懼(おそれ)・愛・悪(にくしみ)・欲

「九徳」とは、①寛(かん)にして栗(りつ)(寛大だがしまりがある)、

②柔(じゅう)にして立(りつ)(柔和だが、事が処理できる)、③愿(げん)にして恭(きょう)

(まじめだが、ていねいで、つけんどんでない)、④乱(らん)にして敬(けい)

(事を治める能力があるが、慎み深い)、⑤擾(じょう)にして毅(き)(おとなしいが、内が強い)、

⑥直(ちょく)にして温(おん)(正直・率直だが、温和)、

⑦簡(かん)にして廉(れん)(大まかだが、しっかりしている)、⑧剛(ごう)にして塞(そく)

(剛健だが、内も充実)、⑨彊(きょう)にして義(ぎ)(強勇だが、義(ただ)しい)

「絜炬(けっく)の道」とは、常に一定して変わらぬ法則に照らして行うという道(方法)


う~む‥‥。(絶句) ここまで書いてきて、ようやく分かりました。

この本を購入した当時は、私はまだ若く、「たぶん自分には実践できないだろう」と諦め、

最後まで読むことを早々と放棄したのではないかと思います。

我慢して最後まで読んでおけば、もう少しまともな社会人になっていたかもしれません。(苦笑)


さて、明日11日は、職場の忘年会です。そのため、この日記はお休みします。

壁を取り払う力

昨日は夕食後に、「You Tube」で「はしだのりひこ」さんと「坂崎幸之助」さんが歌う

イムジン河」や「戦争は知らない」など、懐かしいフォークの名曲を聴いていたところ、

いつの間にか日付変更線が変わりそうな時刻になっていました。

「戦争は知らない」は寺山修司さんの作詞で、先ほどのお二人がデュエットで歌うと、

さらに曲の魅力が引き立つように感じます。

そして、今日は夕食に、久しぶりにカレーライスを作ることにしました。

もちろん、大好きな「チューリップ」や「加山雄三」さんの曲を聴きながらの作業です。


さて、話は変わりますが、

2017年のノーベル文学賞に決まった英国人作家、カズオ・イシグロさんが、

スウェーデンストックホルムで記念講演を行ったそうです。

今日9日の愛媛新聞には、「私の20世紀の夕べ~さーそしていくつかのささやかな発見」

と題する講演の抜粋が、特集記事として掲載されていました。

全文はまだ読んでいないので、取り急ぎ、日経新聞電子版に書かれていた記事を

次のとおりこの日記に書き残しておこうと思います。


『 ~(略)~ 代表作「日の名残り」や「わたしを離さないで」を書く上で、

 音楽や映画などを通じたささいな感情が重要な転機になったことも紹介。

 「小さくて、私的なことが大切だ。突き詰めれば小説とは

 個人から個人へ感情を伝えることだからだ」と話した。

 世界の今については危機感をあらわにした。英国が欧州連合(EU)離脱を決め、

 欧州で反移民感情が一段と広まった2016年は「驚きと憂鬱の年だった」と発言。

 冷戦終結後の格差拡大、イラク戦争の失敗、金融危機などを背景に極右思想などが広がり

 「当たり前と思っていた自由を重んじる人道的な価値観の拡大は、

 そうではなかったと認識させられた」と話した。

 その上で「私は文学の力を信じている。この危険な分断の時代に私たちは

 さまざまな声に耳を傾ける必要がある。良い文学と良い読書には壁を取り払う力がある」と強調。

 「若い世代の人たちが切り開いてくれると期待しているし、楽観している」と話し、

 恐れず新しい手段で表現してほしいとエールを送った。』


う~む、‥‥。(感嘆)

「この危険な分断の時代に私たちはさまざまな声に耳を傾ける必要がある。

良い文学と良い読書には壁を取り払う力がある」ですか‥‥。

こちらも、昨日の「羽生語録」に負けず劣らずの「名言」ですね‥‥。

私も、今後も素晴らしい本に出合えるよう、「良い読書」を心がけたいと思います。

「挑戦を続ける姿勢」に学ぶ

47歳で将棋の永世七冠の資格を獲得した羽生善治さん。

その羽生さんの次のような語録が、今日8日の朝日新聞「社説」で紹介されていました。


・(今回の快挙に際してなお) 将棋の本質がまだまだわかっていない

・決断とリスクはワンセット

・実践には思考の何倍もの「学び」がある

・そんな馬鹿なと思われることから創造は生まれる

・先入観を捨てよ

・(人工知能AIに関連して、人間の可能性をどこに見出すかについて)
 いかに読まないかだ

・(永世七冠を決めた直後の会見で、40代後半になっての強みを問われ)
 足し算でなく、無駄なことは考えずに引き算で考える
 経験によるところが大きいので、そこは大切にしたい


う~む、なるほど‥‥。

「膨大な試行錯誤の中から生まれた」とされる羽生さんのお言葉は、

確かに、そのひと言ひと言に重みがあります。

さらに、この社説では次のようなことが書かれていました。


『ふつうは障壁と考える加齢という現実を受け入れ、しかし可能性をあきらめない。

 年を重ねることで得たものを駆使し、できることに絞って果敢にとり組む。

 この柔軟さが、羽生さんの強さを支えてきた、もうひとつの秘密といえるだろう。

 対戦相手に向き合い、相手の得意形にも飛び込みながら、自分の殻を破っていく。

 挑戦を続けるその姿勢は、世代や立場を問わず、これからも多くの人を勇気づけるに違いない。』


はぃ‥‥、私も羽生さんの姿勢に「勇気づけられた多くの人」のなかの一人です。

加齢を言い訳にせず、自分ができることに前向きに挑戦する姿勢を、私も見習いたいと思います。