しんちゃんの老いじたく日記

昭和30年生まれ。愛媛県伊予郡松前町出身の元地方公務員です。

大いに反省すべき国と私

今日の朝日新聞デジタル版「耕論」は、『鏡を見よう、日本』というタイトルで、

いつものように有識者3人の方にインタビューした内容でした。

私はそのなかでも、仏人類学者・歴史学者エマニュエル・トッドさんの

次のような論評がとても勉強になりました。
 

『1990年代に初めて訪日したとき、将来の少子化など人口動態の問題を語る人は多かった。

 欧州より意識が高いと思いました。来日はこれまで16、17回になりますが、今はこう考えています。

 人口動態危機について、日本人には何も行動しないまま議論し続ける能力があると‥‥。

 国力を増したければ人口動態危機に取り組むはず。それをしない姿勢をナショナリズムとはいえません。

 日本の問題は、女性が働くと子どもをつくれなくなるというところにあります。

 家族人類学の視点から見ると、日本は長男が家を継ぐ直系家族の国です。往々にして、男の方に特権がある。

 消えつつある家族形態ですが、その価値観はゾンビのように今も残り続けています。

 現代日本で、男尊女卑が激しいわけではない。

 女性は高等教育を受けられるし、職業上のキャリアを積み上げることもできる。

 けれどキャリアを積もうとすると子どもをつくりにくい。「あれか、これか」の二者択一を迫られる。

 日本の場合、直系家族というシステムが頂点に達したのは明治期で、近代化のスタートと重なりました。

 テクノロジーを次世代に伝えながら完成するには効果的でした。競争にも強い。

 同じく直系家族のドイツは近代化へ離陸すると、わずかの期間で英国より強国になった。

 明治日本の離陸も恐るべきものでした。しかし、これまでのやり方を断絶し、

 システムを大きく転換するときに直系家族の価値観は困難に直面します。方向を変えられないのです。

    ~ (中略) ~

 人口動態危機の解決策として優先するべきは、まず女性が快適に働き、子どもを産むことができる政策です。

 未来に向けて豊かになるために、政府は保育園整備や児童手当に巨額の予算を投じるべきです。

 今すぐ豊かになることしか視野にない政策は、将来、国を貧しくします。』


う~む、なるほど‥‥。

日本は、外部からの視点では、何も行動しないまま議論し続ける国に見えるのですね。

ご指摘のとおりだと思います。

また、「これまでのやり方を断絶し、システムを大きく転換するときに直系家族の価値観は困難に直面します。

方向を変えられないのです。」というご指摘も、なんとなく理解できます。


でも、よくよく考えてみると、これは私のことを指しているのかもしれません‥‥。

「口先ばかりで何も行動しない」「頑固で融通が利かず、新しいことにチャレンジしない」‥‥。

冷静に振り返ると、反省ばかりの人生です。

再び「失われた〇〇年」?

今日の朝日新聞デジタル版に、とても気になる記事がありました。

原真人・編集委員執筆による『世界経済 バブル崩壊の足音が聞こえる』というタイトルの、

次のような論評です。


『 ~(略)~ さて現在の米国経済はどうだろうか。

 株価は、このところ多少の調整はあったものの、歴史的な高値圏にあることに変わりはない。

 これに警鐘を鳴らすのは中前国際経済研究所の中前忠代表である。

 「いまの米国は史上まれに見る大バブル。崩壊は時間の問題。

 いつ起きてもおかしくない」と言う。

 中前氏は1990年代初頭の日本のバブル崩壊をいち早く見抜いたエコノミストだ。

 バブルという言葉がまだ定着していなかった90年3月、

 日本経済が好調とされるのは「実はバブルにすぎない」「日没は時間の問題」と

 本紙インタビューに答えている。

 その氏がいま着目するのは米国の家計がもつ株や不動産など純資産額の異常な跳ね上がりだ。

 90年代までその総額は可処分所得総額の5倍ほどだった。いまは7倍近い。

 この倍率が6倍を超えたのは2000年代のITバブルと住宅バブルのときだった。

 どちらもその後、価格は急落した。今回の山は、そのいずれのバブル時より高い。

 山高ければ谷深し。これもまた歴史の必然だろう。

 これまでバブルが崩壊したら政府・中央銀行が手厚い経済対策を打ち、

 空前の金融緩和に乗り出した。結果として資産価格は回復し、市場や投資家は窮地から救われた。

 ただ、それはまるでバブルの傷を新たなバブルをつくって癒やすような試みとも言える。

 次のバブル崩壊でも同じことを繰り返すのだろうか。

 果たしてこれを永遠に続けていけるものなのか。

 米国バブルが崩壊すれば、世界も日本も道連れになる。

 同じ問いは、日本政府と日本銀行にも突きつけられる。』


う~む‥‥。(沈黙) 今の米国経済が好調なことは報道等で知っていましたが、

それが大バブルの領域まで達しているとは思いも寄りませんでした。

米国の道連れに、日本が再び「失われた〇〇年」に陥ることだけは、どうか勘弁願いたいです。

「何か」とは「何」かしら?

昨日の日経新聞一面コラム「春秋」に、

仏教学者・鈴木大拙のことが、次のような内容で書かれていました。


『およそ偉人の名を冠した記念館のたぐいで、これほどモノのない場所は珍しい。

 金沢市鈴木大拙館である。世界的な仏教学者として知られ、著作も数多い。

 しかし、モダンな建物内には書斎での写真や自筆の書が点々と配され、

 来訪者は意外の感を持つかもしれない。 ~(中略)~

 2011年秋に開館、昨年末までに30万人が訪れた。

 今も年7万人ペースの来館者があり、4割は海外からという。

 SNS(交流サイト)などで評判になっているらしい。

 「長い時間、滞在されるのはたいてい外国の方」と館の人が教えてくれた。

 確かに、ここには自国第一主義の遠ぼえも貿易をめぐるきしみも届かない。

 水や風の音を耳にし、自分を包むゆったりとした時間と向き合うとき、

 国や宗派を超え、感じ取れる何かがあるのだろう。

 折しも12日は大拙の命日。館に近い生誕地では胸像への献花があった。

 ノーベル平和賞の候補にも名があがった「東西のかけ橋」は自らの思いの広がりを、

 長い眉で控えめに誇っているように見えた。』


ふ~む‥‥。鈴木大拙ノーベル平和賞の候補に名があがったことは知りませんでした。

ところで、このコラムを読んで、『日本的霊性』(角川ソフィア文庫)を

30数ページ読んだところで、積読状態になっていることを思い出しました。


読了していない人間が偉そうなことを言って恐縮ですが、日本的な霊性の核心ともいえる「無分別智」などは、

当の日本人でさえ、普段から自覚しているとは思えないのに、

外国の方々にどういう感覚で受け入れられているのでしょうか‥‥?「何か」とは「何」なんでしょう?

私もいつか、その記念館を訪れてみたいと思います。

汗を温泉(ゆ)に洗う

今日も厳しい暑さでした。

この暑さのなか、娘は朝早くから、職場の同僚と被災地へボランティア活動に向かいました。

本当にお疲れ様でした。


そして今日は、妻の五十?歳の誕生日でした。

ボランティア活動に汗を流す娘には申し訳ないと思いつつ、

妻と父と孫娘、そして私の四人で松山市内の温泉に行き、こちらは違う汗を流してきました。

体調不良がこの一週間続いていた私ですが、身体も心もリラックスできたように思います。


夕食もその温泉施設で済ませ、ゆったりとした妻の横顔を見て、

普段、自分のことに精一杯で、いかに「嫁さん孝行」をしていないか、深く反省した次第です‥‥。

「十年の汗を道後の温泉(ゆ)に洗え」(正岡子規

神々と英雄の本を読む

阿刀田高さんの「私の履歴書」を読んだことをきっかけに、久しく積読状態だった

ギリシア神話~神々と英雄に出会う』(西村賀子著:中公新書)を読了しました。

当たり前とはいえ、カタカナの登場人物が多く、読み通すには忍耐を必要とする本でした。


本書で一番印象に残ったのは、ホメロスの『イリアス』についての、次のような記述でした。

『神意という、目に見えない強力な枠組みのなかにありながらも、

 「イリアス」の登場人物たちは自らの意志で行動を選択し、その責任を負う。

 たとえば、アキレウスは自分の将来について、ある予言を聞いていた。

 その予言の内容は、もし彼がトロイアで戦えば短命に終わる、

 だが参戦しなければ長寿をまっとうするだろうというものだった。

 アキレウスは二者択一の運命を知りながら、親友の命を奪った敵に復讐するために、

 文字どおり生命を賭けて闘うことを選んだ。不死なる神々とは異なり、

 人間は死の定めを逃げえれない。しかし人間にとっていかに大きな制約があろうとも、

 そして残された自由がどんなにわずかであろうとも、そのなかで自分自身の生を選び、

 その生を真摯に精一杯生きる人の姿が「イリアス」には描かれている。

 全篇に溢れる、人間の限界へのあたたかい眼差し。この叙事詩の魅力はまさにそこにある。』


この文章を読むと、やっぱり人間に生まれてきて良かったと思います。

ギリシア神話 -神々と英雄に出会う (中公新書 (1798))

ギリシア神話 -神々と英雄に出会う (中公新書 (1798))