しんちゃんの老いじたく日記

昭和30年生まれ。愛媛県伊予郡松前町出身の元地方公務員です。

変化する社会インフラとしての存在

ビデオに録画しておいた今月2日放送の「カンブリア宮殿」を見て、

改めて流通業におけるコンビニという業態の存在感を認識しました。

番組ゲストは、澤田貴司・ファミリーマート社長でした。
http://www.tv-tokyo.co.jp/cambria/backnumber/2017/1102/


番組のなかで澤田社長が語られた言葉で、強く印象に残ったものが二つあります。

その一つは、「1000ページある店舗マニュアルを100ページにしてほしい」といもの。

この言葉に重みがあるのは、澤田社長が社長就任前に、3週間の店舗実習を自ら体験され、

現場スタッフの日常業務がいかに大変であるかを理解されているからです。

もう一つは、「スタッフは茶髪でも鼻ピアスでも採用されるのか?」という村上龍さんの質問に、

「たぶん大丈夫でょう」に続いて出た「これからは多様性の時代。変わらない方が危険」というもの。


コンビニ業界三位のファミマは、サークルK・サンクスと経営統合を行い、

店舗数ではローソンを抜いたそうですが、現場重視の澤田社長の下で、

商品力強化戦略などを通じて、ファミマがどのような変貌を遂げていくのか、

なんだかとても楽しみな存在に思えるようになりました。


ところで、私といえば、もちろんコンビニのお世話になっています。(もっぱらセブンですけど‥‥)

朝の出勤前にはおむすび弁当を買ったり、仕事の帰りには、翌日の食パンを買ったり‥‥。

そして、年老いて足腰の弱くなった自分の将来を想像してみるに、

その時の「頼みの綱」は、自宅まで商品を届けてくれるネットスーパーと

自宅から最も近くに立地し徒歩でも行けそうなコンビニではないだろうか、と思っています。


番組の編集後記で村上龍さんは、次のように述べられていました。

『コンビニは、すでに社会インフラになっている。

 澤田さんを迎え、3強と相対したことになるが、共通認識があった。

 「市場はまだ飽和状態ではない」3社とも、そう確信している。

 巨大市場だが、商圏、店舗ごとの、細やかで、多様性のある努力・工夫の積み重ねが、

 競争を制する。』


流通業としての本来業務に加え、災害時における食料・日用品の提供や地域の防犯対策、

あるいは地域住民の交流の場など、「社会インフラ」としての役割が期待されている限り、

コンビニという業態は飽和状態にはならないのではないか、

番組を見て私もそのように考えた次第です。

穴に焦点を当てる

今日は吹く風が冷たく、昨日よりもさらに寒さが増しました。

寒がりの私にとって、冬は苦手な季節なのですが、

その一方で、私は生来の「ナマケモノ」なので、この季節は、炬燵にスッポリ入って本を読んだり、

昼寝をしたりすることに、何とも言えない幸せを感じます。


さて、今日の午前中は、父と妻の三人で、インフルエンザの予防接種を受けに

松山市内の個人病院に行ってきました。

病院のこじんまりとした待合室は、座る席がないくらい混んでいましたが、

そのほとんどは、インフルエンザの予防接種に来られた方々でした。

そして、午後からは、三か月に一度の歯科定期検診に行ってきました。

歯石の除去、歯のクリーニング、フッ素塗布などが検診の内容で、

たっぷり一時間かけて治療してもらいます。

病気の種類は数あれど、歯の痛みだけはとても我慢できないので、

ここ数十年、歯科定期検診を欠かさず受診するように心掛けています。


ところで、今日の朝日新聞デジタル版「耕論」のテーマは『コト消費の時代』で、

阿久津聡・一橋大学大学院教授が、次のように書かれていた箇所に目が留まりました。

マーケティングに「ドリルを売りたいなら、穴を売れ」という教えがあります。

 穴を開ける手段であるドリルを売るには、

 その目的である穴に焦点を当てるのが効果的だということです。基本的にモノは手段に過ぎません。

 多くの場合、消費の目的はコトです。実はこれ、半世紀ほども前からの教えです。

 ではなぜ今、改めて「モノ消費からコト消費」などと言われているのでしょうか。

 それは、市場が成熟すると、手段としてのモノがあふれて差別化が難しくなり、

 目的であるコトを新しく提案することがより有効になるからです。』


う~む、なるほど‥‥。

「ドリルを売るためには、穴に焦点を当てる」必要があるのですね‥‥。

最近は、個人消費は伸び悩んでいるけれど、体験を楽しむ「コト消費」は盛況とのこと。

ところが私の場合、月々の消費のうち、病院の診療費や薬代が大きな比重を占めるようになりました。

早く元の元気な身体になって、私も「コト消費」なるものを楽しみたいなぁ~。

‥‥と、うらやましく思っていたところ、いや、まてよ‥‥

病院の診療費には楽しみこそないものの、これも立派な(?)「コト消費」で、

私も消費拡大に一役買っているのかもしれないと自らを慰めることにしました。

ちょっと今日は、話が変な方向にずれてしまいました。ゴメンナサイ。(苦笑)

「なごり雪」の感性と心の様相

暦は正直なのでしょうか‥‥。立冬が過ぎてから急に寒くなったような気がします。

さて、今日は仕事をお休みし、真冬の恰好をして県立病院に行ってきました。

耳鼻咽喉科の先生に、「めまい」の定期診断とお薬を処方してもらうのが目的です。


「ついでに」というと先生に叱られそうですが、最近、突然に、

「くしゃみ」、「鼻水」、「涙目」の三点セットの症状に襲われることが多くなったので、

先生にお願いしてアレルギー性鼻炎のお薬も処方してもらいました。

次の耳鼻咽喉科の受診は来年の2月、その前に、来月には肺のCT検査が予定されています。

「健康に勝る宝はない」という格言を、今年ほど思い知らされた年はありませんでした。


話は変わりますが、今日の日経新聞文化欄「交遊抄」に、

正やんこと、シンガーソングライターの伊勢正三さんが、

なごり雪』というタイトルのコラムを寄稿されていました。

伊勢さんと東京・銀座の「クラブ由美」を営む伊藤由美さんは、

家族を交えてお付き合いをされているそうで、コラムには次のようなことが書かれていました。


『彼女は私の歌の機微を深く理解してくれる人。私は青春という言葉が大好き。

 あの頃のピュアな感性を今も大事にしている。彼女も私と同じなのだろう。だから話が合う。

 ずるいことは許せないという立ち居振る舞いも共通している。私は彼女を同志としてみている。
                ~(中略)~
 今では店での接客を通じた人間観察で出世する人と、

 したいのにできない人の違いを解説したビジネス本を出すなど活躍の場を広げる由美さん。

 私も負けてはいられない。1曲でもワンフレーズでも彼女の琴線に触れる曲を作っていきたい。』


イルカさんが歌った「なごり雪」が流行ったのは、私が大学一年生の時でした。

この曲を聴くと、大学一年生から大学二年生にかけての春休みに、

東京駅から先輩と二人、新幹線で故郷・愛媛に帰省した時の出来事を思い出します。

その東京駅のホームで列車を待つ間、同じ列の女子学生にチューインガムを差し上げたところ、

座席に座ってから、わざわざ彼女が返礼のチョコレートをもってきてくれました。

今でも、懐かしく思い出すことができます‥‥。


昨日のこの日記では、「失われた感受性、感性」について書きました。

この当時の私は、伊勢さんの言う「ピュアな感性」をまだ持ち合わせていたように思います。

なごり雪」という感性あふれる「名曲中の名曲」を作詞・作曲された伊勢さんの、

「青春という言葉が大好き」「今も感性を大事にしている」というお話を伺うと、

人間はいくつになっても「心の様相」が大切なのだと思い知らされます。

失われた感受性と感性

岡本全勝・内閣官房参与が、昨日15日のHPで、

朝日新聞一面コラム「天声人語」について書かれていたので、さっそく私も目を通してみました。
http://info.asahi.com/choiyomi/reporter/tenseijingo/?iref=marke_choiyomi_17_lptop


その朝日新聞のHPでは、「天声人語」についての、次のような説明がありました。

天声人語は、1面に毎日掲載されている時事コラムです。

 ニュースと同時に、季節の話題や旬の話題も入っていきます。

 そのときあったニュースに即して、違う切り口で書く、

 603文字、6段落とルールがあるのが特徴です。

 また、今ではほとんどの記事に署名があるのに対して、署名がないのは変わった存在ですね。

 通常の記事と違って、見出しもありません。連載開始は1904年。

 タイトルが変わったこともありますが、1世紀以上続く歴史あるコラムです。』

そして、「天声人語」の今の筆者は、有田哲文論説委員と山中季広・論説委員で、

このお二人が一週間交代で書いているそうです。


ところで、その「天声人語」といえば、私は20歳前後の多感な時期に、

深代惇郎さん執筆の「天声人語」に感銘を受けた一人で、

以後、朝日新聞の論調には違和感を感じることが多い、あるいは、賛同できないことが多いものの、

一面コラムの「天声人語」だけは、ずっとファンで居続けています。

ですから、今現在も、

月額390円を支払って「朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュース」を購入して、

天声人語」を毎日欠かさず読むのが日課になっています。


元に戻って、先ほどの有田哲文論説委員は、次のようなことを述べられていました。

『書くときには、「書きたいこと」「書くべきこと」「書けること」この3つを闘わせます。

 書きたいと思っても、それを支える材料を持っているか、納得させられることなのかが重要。

 本で読んだことがあるか、取材したことがあるか、自分は考えたことがあるか、

 書けるけど面白いか、など考えます。』


う~む、なるほど‥‥。

「603文字、6段落」に収めるために、大変なご苦労をされているのですね‥‥。

ただ、やはり私は、いつも深代惇郎さんが生きていたら、

「この話題やこの事件は、どのように書いただろう?」と思うことがしばしばあります。

生意気で大変失礼な言い方ですが、

最近は、「天声人語」を読んで感動するのは、月に1度か2度、あるかないかです。

それはおそらく、若い頃のような感受性や感性が、今の私には失われているせいなのだと思います。


うつろうものへの愛しさ

今日15日の朝日新聞一面コラム「折々のことば」は、歌舞伎俳優・坂東玉三郎さんの

『アイデアが出る時ってね、水に関係あるんです……。シャワーを浴びてる時に「あ!」って。』

という言葉で、いつものように、鷲田清一さんの次のような解説がありました。


『水はどんな隙間にも入り、変幻自在。

 そのしなやかさに、悴(かじか)んだ意識の皮膚がほどける。

 歌舞伎俳優の発言に応えて、シンガー・ソングライター松任谷由実は、

 ある書家に「滲(にじ)む」「流れる」「浮く」など歌詞に三水(さんずい)偏が多いと言われたと返す。

 うつろうものへの愛(いと)しさか。なんと凄(すご)い共振。

 NHK・Eテレ「SWITCHインタビュー達人達(たち)」(4日)での松任谷との対談から。』


へぇ~、そうだったのですか‥‥。

ユーミンの歌詞に「さんずい偏」が多いことを初めて知りました。

ちょっと気になって、ユーミンの初期の代表曲である

ひこうき雲」や「12月の雨」の歌詞を調べてみると、

私が確認した限りでは、「さんずい偏」の語彙はひとつもありませんでした。

ルージュの伝言」には、「♪たそがれせまる街並みや車の流れ」の「流れ」や

「♪浮気な恋をはやくあきらめないかぎり」の「浮気」がありましたけど‥‥。


それはそうと、私はここ数十年、

暑い日も寒い日も、平日も休日も、毎朝、シャワーを浴びるのが習慣になっています。

低血圧な体質なので、シャワーを浴びることによって、身体がシャキッと引き締まるからです。

ところが、坂東玉三郎さんのように、

「あ!」と「アイデアが出た」ようなことは、残念なことに、一度も経験したことがありません。

「うつろうものへの愛しさ」が、私には足りないということでしょうか‥‥?(トホホ)