読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しんちゃんの老いじたく日記

昭和30年生まれ。愛媛県伊予郡松前町出身の元地方公務員です。

あの夢をもう一度

2025年国際博覧会(万博)の大阪誘致について、

誘致委員会が昨日24日、仏パリにある博覧会国際事務局(BIE)

立候補を届け出たそうです。

 

そして、今日25日の朝日新聞デジタル版「耕論」は、

『いまこそ万博?』というタイトルで、

記事の冒頭は、次のような問い掛けの文章で始まっていました。

『2025年の万国博覧会(万博)を大阪で開催しようと、

 誘致活動がいよいよ始まる。競合相手は、パリ。なぜ、日本で万博なのか。

 万博は、いまも未来社会の姿を示せる舞台なのか。』

 

この問い掛けに対し、3人の方が答えられていましたが、

そのうちのお一人、空間メディアプロデューサーの平野暁臣さんは、

次のように述べられていました。

『2025年万博の大阪誘致は、1970年の大阪万博を小学生から

 中学生のころに経験した「万博少年」のノスタルジーがあると思います。

 万博は誇らしく強い成功体験であり、同世代の私にとっても、大事件でした。

 今回、無意識のうちに「あの夢をもう一度」という気分になっていないでしょうか。

 時代は変わり、万博は構造的な問題を抱えています。

 成功体験との決別から、始めなければなりません。

          ~()

 70年の大阪万博が入場者6422万人という当時の最高記録を

 樹立できたのは、ひとえに強力な非日常を提示できたからでした。

 宇宙船やアポロが持ち帰った月の石など、

 会場に満ちていた「未来」と「外国」はSFの世界のようで、

 大衆にとっては夢や希望でした。高度成長期の日本人は、

 戦勝国と同じ生活水準にはい上がったと実感できました。

 万博は、わくわくする「私の未来」をエンターテインメントとして

 提供できる、唯一のメディアでした。  

 万博の役割とは、「私と関係があるかもしれない」と知的好奇心を刺激し、

 身体感覚で感じてもらえるかどうかです。

 情報環境が大きく変わり、これまでと同じことをしていては感動は再現できません。

 無邪気に未来を礼賛することもできなくなりました。』

 

その大阪万博には、私は中学3年生の夏休みに、

父と小学4年生の弟の3人で行きました。

この時、生まれて初めて飛行機に乗りました。

 

それぞれのパビリオンの展示内容は記憶の彼方に消えてしまったけれど、

「ここが日本か」と思うような異次元の世界に来た感覚を持ったこと、

人がとにかく多かったこと、とても暑かったことは、今でも強烈に覚えていて、

平野さんが言われているように、当時、中学3年生の「万博少年」に、

夢と希望を与えたことは間違いのない事実です。

 

2025年には、私は生きていれば69歳……。

もう一度あの時のように、一人の人間と人類の未来に

夢と希望を与えてくれるような万博になるのであれば、

たとえ「ノスタルジー」と言われても、今から楽しみに待ちたいと思います。

政治の刷新か、後退か?

昨日23日に実施されたフランス大統領選の第1回投票の結果は、

中道系独立候補のエマニュエル・マクロン元経済産業デジタル相が得票率で首位、

極右政党、国民戦線マリーヌ・ルペン党首が2位で、

いずれの候補者も過半数に届かず、来月7日に実施する第2回の決選投票を

マクロン氏とルペン氏が争うことが決まったようです。

 

う~む…、結局、こうなりましたか……。

両者の得票率にはほとんど差がないことから、

アメリカ大統領選挙のように、今の世界では何が起こっても不思議でなく、

決選投票の行方も予断を許さない状況だと感じます。

「これも選挙という民意を反映したものだから」と自分なりに思っていたところ、

昨日の朝日新聞デジタル版「文化の扉」には、次のようなことが書かれていました。

 

『森政稔・東大教授(政治思想史)は民主主義思想の歴史的な発展を踏まえると、

 「ポピュリズムは民主主義とは違うものと考えるべきだ」と語る。

 ルソーが『社会契約論』で語ったように、

 民主主義の基本には人民主権という考え方がある。

 だが、現代の民主主義はさらに進み、主権を持つ「我々」の内部には

 いろんな人がいることに気づいている。

 その「違い」を守る仕組みを含めて民主主義と考えるというのだ。

 米国の公民権運動やベトナム反戦運動の展開を踏まえ、

 デモやNPO活動など選挙以外の手段で、私たちは民意を「表現」し、

 民主主義をよりよいものにアップデートしようとしてきた。  

 「選挙は民主主義の回路の一つに過ぎない。それを絶対視し、

 民意を聞けば『何でもできる』と語るポピュリストは実は古いタイプの政治家です」  

 閉塞(へいそく)した政治にポピュリズムしかないと考えるのは、

 政治の刷新どころか後退なのだ。』

 

再び、う~む……。ますます分からなくなってきました。

政治と民意をつなぐべき政党が役割を果たさない時、

危うさは残るけれども、ポピュリズムが議会政治のゆがみをただすと、

評価する専門家もいるそうですし、

先日読了した『ポピュリズムとは何か』(中公新書)にも、

確かに似たようなことが書かれていました。

 

政治の刷新なのか、後退なのか……?

日本の若者は、このような状況をどう思っているのか、意見を聴いてみたいです。

いや、日本の場合は、まずは若者に選挙で投票所に足を運んでもらうことが、

優先課題なのかもしれません……。

未知のものへの漂白

NHKテキスト・100分de名著『人生論ノート~三木清』を読了しました。

講師は、アドラー心理学で有名な哲学者の岸見一郎さんです。

 

「人生論ノート」という文庫本は、

確か高校生の頃に、手に取って読んだことがあるはずなのですが、

今は手許にはありません……。今回、このテキストを読んで、

その文章が難解・複雑なことを改めて認識しましたが、

高校生当時は、ほんの数ページ読んだだけで、理解を放棄したように思います。

 

さて、いつものように、テキストにあった三木清の言葉を

いくつか抜き出してみました。

・希望を持つことはやがて失望することである。

 だから失望の苦しみを味わいたくない者は初めから希望を持たないのが宜(よ)い、

 といわれる。しかしながら、失われる希望というものは希望ではなく、

 却って期待という如きものである。

・ひとは軽蔑されたと感じたとき最もよく怒る。

 だから自信のある者はあまり怒らない。

 彼の名誉心は彼の怒が短気であることを防ぐであろう。

 ほんとうに自信のある者は静かで、しかも威厳を具えている。

・外的秩序は強力によっても作ることはできる。しかし心の秩序はそうではない。

 人格とは秩序である、自由というものも秩序である。

・孤独は感情でなく知性に属するのでなければならぬ。

・私にとって死の恐怖は如何にして薄らいでいったか。

 自分の親しかった者と死別することが次第に多くなったためである。

 もし私が彼等と再会することができる~これは私の最大の希望である~

 とすれば、それは私の死においてのほか不可能であろう。

・人生の行路は遠くて、しかも近い。

 死は刻々に我々の足もとにあるのであるから。

 しかもかくの如き人生において人間は夢みることをやめないであろう。

 

日本を代表する哲学者の一人である三木清(1897~1945)は、

治安維持法で逮捕され、獄中、48歳で無念の死を遂げるまで、

精力的に自らの思想を世に問い、

二十巻におよぶ全集が編めるほど膨大な著作を遺したそうです。

この三木清のことを言っているのかどうか定かではありませんが、

テキストのなかに、岸見一郎さんの次のような印象深い言葉がありました。

 

『人間がどこから来て、どこへ行くのかは誰も知りません。

 これは人生において最大にして根本的な謎です。行き着くところは死でしょう。

 しかし死がなんであるかを、誰もはっきりとは答えられない。

 つまり「人生は未知のものへの漂白」なのだと三木は言います。

 たとえ目的地に辿り着けなかったとしても、旅の途中を味わっていれば、

 得るものは様々あります。人生も同じです。 若くして亡くなった人について、

 道半ばで無念であったろうというふうに考えるのは、

 実は違うのではないかと私は思います。到達点だけでなく、過程を見れば、

 そこにはその人にとっての喜びや充実した時間があったはずです。

 いつ、どこで人生を終えたとしても、

 生きた瞬間、瞬間がすでに完成しているのです。』

 

高校生の時に理解を放棄した文庫本を、

この歳になってもう一度手にすることに、意味と価値があるかもしれません…。

 

三木 清『人生論ノート』 2017年4月 (100分 de 名著)

三木 清『人生論ノート』 2017年4月 (100分 de 名著)

 

 

 

ポピュリズムの正体を学ぶ

ポピュリズムとは何か』(水島治郎著:中公新書)を読了しました。

 

ポピュリズムは、デモクラシーの後を影のようについてくる』

ポピュリズムは、「ディナー・パーティーの泥酔客」のような存在』

この二つは、いずれも本書のなかに書かれている文章です。

私はこれまで、「ポピュリズム」という言葉の響きに、

あまり良いイメージを持っていませんでしたが、

本書を読んで、その認識が大きく変わることになりました。

 

いろいろと勉強になる記述がありましたが、私が特に印象に残っているのは、

「リベラル・デモクラシーがはらむ矛盾」という内容の次のような記述でした。

『現代のポピュリズムは、「リベラル」や「デモクラシー」といった

 現代デモクラシーの基本的な価値を承認し、

 むしろそれを援用して排除の論理を正当化する、という論法をとる。

 すなわち、政教分離や男女平等、個人の自立といった、

 「リベラルな価値」に基づき、「政教分離を主張するイスラム

 「男女平等を認めないイスラム」「個人の自由を認めないイスラム」を批判する。

 そしてエリート支配への批判、民衆の直接参加といった

 「デモクラシー」の論理に基づき、国民投票住民投票に訴え、

 既成政治の打破を訴えるのである。

 そうだとすれば、現代デモクラシーが依拠してきた、

 「リベラル」かつ「デモクラシー」の論理をもって

 ポピュリズムに対抗することは、実はきわめて困難な作業ではないか。

 「リベラル」や「デモクラシー」の論理を突きつめれば突きつめるほど、

 「政教分離」「男女平等」に基づき反イスラムを訴えるポピュリズム

 「真のデモクラシー」を訴えて国民投票住民投票

 少数派排除やEU脱退を決しようとするポピュリズムの主張を、

 正当化することになるからである。』

 

このような矛盾をはらむポピュリズムは、

デモクラシーにおける「改革」と「再活性化」に、

今後、良い影響を及ぼすことは、果たしてできるのでしょうか…?

フランス大統領選をはじめとする、世界政治の行く末を

注意深く見守っていく必要がありそうです。

 

 

 

 

深刻さを増す人手不足

今日21日の日経新聞一面に掲載された

『景気 試される波及力(3) 東京五輪へ建設ラッシュ~人手足りず投資抑制も』

という記事を読んでいたら、

愛媛県宇和島市出身でBNPパリバ証券の河野龍太郎さんの名前がありました。

 

その記事によると、河野さんが3月に出した

「20年の東京五輪がもたらす効果は、景気拡大でなく、民間投資の抑制だ」

という趣旨のリポートが、ちょっとした話題を呼んでいるとのことでした。

 

景気拡大でなく、民間投資の抑制…?どうしてそうなるの……?? 

疑問に感じていたところ、記事には次のように書かれていました。

『根拠はこうだ。3%を割り込んだばかりの完全失業率が2%まで下がり、

 さらに今は職を探していないが「仕事があればすぐに就ける」人が全員就業しても、

 新たに確保できる労働力は99万人。

 東京都がはじいた五輪の雇用創出効果の194万人の半分にとどまる。

 五輪関連の雇用を優先すると他の業界で生産やサービスが滞り、

 設備投資を速やかに行えないといった弊害が出て、

 景気の足を引っ張る可能性があるという。』

 

う~む、なるほど…。「民間投資の抑制」とは、そういうことですか……。

どうやら我が国の人手不足は、抑えようがないぐらい深刻なようです。

ちなみに、記事では次のような事実が紹介されていました。

 

・働き手に当たる15~64歳の生産年齢人口は

 ピークから20年かけ1千万人減り77288万人となった。

 国立社会保障・人口問題研究所の推計では東京五輪までにさらに300万人減る。

・小売り・外食では人手不足の緩和と働き方の見直しに向け、

 営業時間の短縮やサービスの縮小が相次ぐ。

三菱総合研究所の試算によると、16~20年の潜在成長率は0.4%に下がる。

 放置すれば26~30年には0.1%に落ち込む。

 働き手不足が0.5%分押し下げる。

 

そういえば、前の職場でも、

契約社員を募集しても人が集まらず、人材確保にとても苦労しました。

こういう人手不足の時には、「高齢者の活用」が常套句なのですが、

一言で高齢者といっても、私のように、

あまり「労働生産性」が上がらない高齢者がいることをお忘れなく…。(苦笑)

 

(なお、経済学者の吉川洋先生は、『高齢者は体力や敏捷さで20代、30代に

かなわないが、労働生産性の実体は、労働者のやる気や体力ではない。

一国経済全体で労働生産性の上昇をもたらす最大の要因は、新しい設備や

機械を投入する「資本蓄積」と「技術進歩」、すなわち「イノベーション」である。』

とおっしゃっています。ご参考までに…。)