しんちゃんの老いじたく日記

昭和30年生まれ。愛媛県伊予郡松前町出身の元地方公務員です。

積み重ねて2000日

昨日書いた日記が、書き始めてから2000日目の日記となりました。

子どもの頃から、なにかにつけ、三日坊主で終わることの多かった私が、

よくぞここまで続けられたものだと思うと、感慨深いものがあります。

 心と身体の健康に留意して、次は3000日を目指したいと思います。

 

さて、2001日目の日記は、読書・文学の日記です。

長く積読状態にあった『三島由紀夫の言葉~人間の性』(佐藤秀明著:新潮新書)を、

ようやく読了しました。

この本は、「三島研究の第一人者が厳選した至極の名言集」とのことでしたが、

その「至極の名言」のなかでも、私の心に残った上位5つは、次のようなものでした。

 

・「またお目にかかる日をたのしみに」

 これは押しつけがましくない、よい結びの文句です。

 再会を必ずしも約さない。人生でもう二度と会う日はないかもしれないが、

 この前会ったときはたのしかった、という気持が言外にあふれている。

 人生に対して、他人に対して、欲張った望みを持ちすぎない、という、

 聡明で清潔な人柄が溢れている。

 腹八分目で、少し足りないくらいのところが、人生の最上の美味なのです。

 「またぜひお目にかかりたいと思います」という結びは、少し脅迫じみている。

 

・人生は、成熟ないし発展ということが何ら約束されていないところに

 おそろしさがある。われわれはいかに教養を積み知識を積んでも、

 それによって人生に安定や安心が得られるとは限らない。

 

・われわれは心の死にやすい時代に生きている。

 しかも平均寿命は年々延びていき、ともすると日本には、

 〔大塩〕平八郎とは反対に、「心の死するを恐れず、ただただ身の死するを恐れる」

 という人が無数にふえていくことが想像される。

 肉体の延命は精神の延命と同一に論じられないのである。

 われわれの戦後民主主義が立脚している人命尊重のヒューマニズムは、

 ひたすら肉体の安心無事を主張して、魂や精神の生死を問わないのである。

 

・あの戦争についての書物は沢山書かれているが、証人は次第に減り、

 しかも特異な体験だけが耳目に触れるから、

 今の若い人たちは戦時中の生活について、暗い固定観念の虜になりがちである。

 そこにも平凡な人間の生活があり、平凡な悲喜哀歓があり、日常性があり、

 静けさがあり、夢さえあったということは忘れがちである。

 たとえば私がクラヴサンの音色を、

 戦争中の演奏会におけるほど美しく聴いたことは、後にも先にもないのである。

 

・おそろしいほどの喪失感。

 ………それが春であり、それが桜であり、それが日本の詩であるとすれば、

 私はおそろしい国に生まれて来てしまったものだと思った。

 

う~む………。

こうして選んでみると、私には思想的に偏りがあるのかもしれません。

ちなみに、著者はこの本の「はじめに」で、次のように述べられていました。

三島由紀夫の言葉をストレートに受け止めるには、少し立ち止まって、

 それが「生活」の言葉なのか、「思想」の言葉なのかを一度切り分けてみるのも、

 やってみるだけの価値のある試みではないだろうか。

 三島自身もまた、そういう切り分けと使い分けをしばしばしているからである。

 そしてそれは、三島由紀夫が考える「人間の性(さが)」を読む鍵の一つにもなる。』

 

次は、これまた積読状態にある、

三島由紀夫の『文章読本』(中公文庫)にもチャレンジしたいと思います。

三島由紀夫の言葉 人間の性 (新潮新書)

三島由紀夫の言葉 人間の性 (新潮新書)

 

 

 

前言撤回します

昨日の早朝、火鉢で飼っているメダカに餌をやろうと軒先に出ると、

ホテイアオイの薄紫の花が咲きかけていました。

この花は、いつ見ても造花のように見えます。

今年はメダカも、ホテイアオイの根に卵を産み付けて、何匹も後継者が誕生しました。

f:id:miyoshi_s:20170817070636j:plain

f:id:miyoshi_s:20170817070701j:plain

ところで今日は、仕事をお休みして、県立病院に受診に行ってきました。

おかげさまで、この一か月はめまいの症状も軽く、

今日の受診の結果、薬も「ベタヒスチンメシル酸塩錠」の一種類だけになりました。

ただ、私の場合、相変わらず、夜中にトイレに数回行くため、

熟睡できない日々は続いています。

睡眠不足とめまいの関係は定かではありませんが、

今日の院外薬局の薬剤師さんからは、泌尿器科の受診を勧められたところです。

 

「病気の総合商社」になることだけは避けたいので、

そろそろ休日の散歩を再開して、基礎体力づくりに努めたいと思います。

いや、待てよ…、前言撤回……。

明日と明後日は、子規・漱石生誕150年記念の

「第20回俳句甲子園」が開催されるので、散歩は来週からにします……。(苦笑)

 

八月や昭和は遠くなりにけり

「八月や六日九日十五日」

この俳句が、今月14日の愛媛新聞と今月15日の産経新聞

取り上げられていました。

 

まず、愛媛新聞では、作家の半藤一利さんが、

終戦72年の夏」という寄稿文のなかで、次のように書かれていました。

『先日、ある俳句雑誌でこんな句を見つけてウムと感服して思わず唸(うな)った。

 〈八月や六日九日十五日〉作者名も書いてあったが、あえて書かない。

 なぜなら、この話を友人の俳人にしたら、その句は「八月や」を、

 「八月の」、「八月に」、などと変えていろいろな人につくられていて、

 俳句の世界では有名なんだよ」と教えられたからである。

 最初に詠んだ人は不明で、作者未詳となっているそうな。

 いずれにしても、6日のヒロシマ、9日のナガサキソ連軍の満州侵攻、

 15日の天皇放送と、日本敗戦のあのくそ暑かった夏を体験した高齢者が

 作者であるにちがいない。』

 

一方、産経新聞産経抄」では、この句の具体的な作者名が紹介されていて、

『俳句は類似句との闘い、といわれる。わすが17文字の短詩ゆえに、

 そっくりの作品が先行している可能性は常にある。』と書かれていました。

 

この二つの記事を読んで私が気になったのは、

「どこに原爆が落ちたのか知らない」という若い世代の声があるとのことで、

先ほどの「産経抄」では、

『「八月や」の句について、何を詠んでいるいるのかわからない。

 まさかそんな若者は、いるはずがないと信じたいが。』と、

コラムニストの懸念の言葉が書かれていたことでした。

 

う~む……。(絶句)

「八月や 昭和は遠くなりにけり」と言ってしまえばそれまでなのですが、

「八月の歴史」が今の若い世代に伝承されていないとすれば、

とても由々しきことだと、日本人の一人として感じています。

 

私は戦争体験者ではないけれども、6歳と3か月になる孫娘には、

「六日九日十五日」に、今は平和な日本という国で何が起こったのか、

正しく伝えていきたいと思っています。

 

 

効果的な言葉の引用

昨日15日の朝日新聞デジタル版「波聞風問(はもんふん)」に掲載された

原真人・編集委員の執筆による

『2%インフレ目標~ヘンテコ理論の大きな誤り』という

日銀の2%インフレ目標に関する論評のうち、次の記述が大変勉強になりました。

 

・そもそも2%の設定には無理がある。

 日本ではこの20年、 消費増税などの特殊な時期を除いて

 実現したことがない高いインフレ水準だ。

 それに物価は景気が熱を帯びると上がるもので、

 物価を上げて景気を良くするというリフレ論というのは

 順序が逆転したヘンテコな理論なのである。

 日銀の過ちは、その理論に乗って目標達成まで緩和を止めない、

 むしろ強化する、との立場をとっていることだ。

 

・緩和の行きすぎはすでに大きな副作用、弊害を生んでいる。

 金利なき世界は銀行の事業モデルを破壊し、日銀マネーで市場は官製化が進む。

 おきて破りの国債買い支えは、政府の財政健全化の意欲をなえさせている。

 政策の出口で想定される国民負担額は膨張の一途だ。

 2%を求めて政策を強化すればするほど、事態は悪化していくようなのである。

 

・日銀が本来めざすべきは物価と経済の安定だ。

 インフレ率はここ数年ゼロ%ほどで見事に安定している。失業率は歴史的低さだ。

 そこで物価水準だけ無理に引き上げようと超緩和を続ければ、

 かえって不安定のタネをまきちらす。

 

う~む、なるほど……。大変分かりやすい説明だと思います。

これらの記述に「説得力」を与えているのは、

マネジメントの神様、ピーター・ドラッガーの次のような言葉を

論評のなかで効果的に引用されているからではないか、と感じた次第です。

『正しい問題提起への間違った答えは修正がきく。

 しかし、間違った問題提起への正しい答えほど修正の難しいものはない。

 (「ドラッカー365の金言」)』

 

私は、本を読んで心の琴線に触れる言葉があったら、

極力、メモ帳か、この日記に書き残すように努めていますが、

作業はそこまでにとどまり、

その言葉を別の機会に効果的に引用するということができません。

 

言葉の抽斗(ひきだし)を、自由自在に扱える才能をお持ちの方は、

私にはとても眩(まぶ)しく、かつ、羨ましい存在です……。

耳の痛いお話し

日経新聞「やさしい経済学」で連載されていた『シニア雇用の人事管理』は、

昨日14日が最終回(第10回)で、その最終回の内容は、

シニア社員がいきいきと働くために求められる

「仕事の意識・行動」とは何か、について書かれたものでした。

 

記事では、高度な専門能力を持っていることに越したことはないが、

それ以上に重要なのは、新しい役割で活躍するための基盤となる

「プラットフォーム能力」を持つことだとして、

「健康であること」、「働く意欲のあること」という基本のほかに、

次の3つの能力が必要になると書かれていました。

 

第一は、過去にとらわれずに新しい役割に前向きに向き合うことができる

「気持ち切り替え力」。

定年前の地位や働き方に固執するようでは、

「気持ち切り替え力」はないということになる。

 

第二は、新しい役割に合わせて人間関係を構築できる「ヒューマンタッチ力」。

担当者(プロ)としての役割が求められる多くのシニア社員は、

職場の若い同僚と水平的な目線で人間関係を作ることが大切になる。

 

さらに、部下のいない担当者になれば、自分の仕事は自分ですることになるので、

担当者として当然持っていなければならないITなどの

「テクニカルスキル」 (お一人様仕事能力)を持っている必要がある。

元部下や若い同僚にいつまでも頼れない。

 

う~む、なるほど……。

「気持ち切り替え力」、「ヒューマンタッチ力」、「お一人様仕事能力」ですか…。

いずれも、今の私には耳の痛いお話です。

このほか、連載の第9回に書かれていた、次のような記述も印象に残っています。

『多くのビジネスパーソンは、仕事経験のない新人として入社し、

 職業人として成長しながら上のポジションを目指す

 「上る」キャリアを目標にしてきたはずです。

 しかし、定年後も働き続けることになれば、

 最後まで「上る」を続けることは難しく、

 職業人生のある時点でキャリアの方向を「下りる」に切りかえる必要があります。』

 

はぃ、分かりました。

いろいろな方がアドバイスされているように、

「人生後半は下り坂を歩く」という自覚が大切ということですね……。