しんちゃんの老いじたく日記

昭和30年生まれ。愛媛県伊予郡松前町出身の元地方公務員です。

「適温」か「ぬるま湯」か?

景気は決して悪くないのに株価が下落することについて、

以前から不思議に思っていましたが、

昨日21日の朝日新聞デジタル版「波聞風問(はもんふうもん)」の

原真人・編集委員執筆による次の解説を読んで、ようやくその理由が理解できました。


『今月はじめの米株式市場の急落からはじまった世界同時株安。

 これは悪いニュースだったが、同時にいいニュースでもあった。

 急落のきっかけが米国で雇用と賃金が大きく改善した政府統計が発表されたことだったからだ。

 そう聞くと、常識あるあなたにはこの出来事が理解できないのではないだろうか。

 職が増え、給料が上がっているのなら景気は好調なはずだ。

 ならば「株価は上昇する」のが道理である。

 ところがここ数年、株式市場では非常識がまかり通っている。

 景気が良くなると、「株価は下落する」のだ。原因は異常な金融政策にある。

 日米欧の中央銀行はこの10年、ゼロ金利やマイナス金利量的緩和など

 前例のない規模の超緩和を次々と繰り出してきた。

 市場をてこ入れし株や債券、不動産などの資産価格を下支えした。

 投資家にとって空前の、きわめて心地よい環境をつくったのだ。

 市場の専門家たちはこれを「ゴルディロックス(適温経済)」と呼んではやしている。

 英国の有名な童話に登場する少女の名だ。

 3匹のくまの家に迷い込んだ少女が、熱くも冷たくもない、

 ちょうどいい熱さのスープを飲みほした。そんな物語が由来だ。

 日本語訳に「適温」という表現をあてはめた市場のメッセージは

 「居心地よいこの状態を長く続けて」という甘えだろう。』


う~む、なるほど‥‥。雇用の増加などによって景気が回復すると、

中央銀行は超金融緩和による大量のお金を市場から引き揚げる可能性があり、

このことを市場が敏感に反応することによって、株や債券などの価格が下落していくのですね‥。

なお、原真人・編集委員は、今の経済環境は「適温」ではなく、

はかない「ぬるま湯」ではないかと指摘されていました。

人間だけでなく経済も、「ぬるま湯」にどっぷり浸ってしまうと、

正常な感覚が麻痺してしまうのかもしれません‥‥。

大学の「立て看板」の思い出

今日21日の朝日新聞天声人語」は、大学の「立て看板」に関するコラムで、

次のようなことが書かれていました。


『~(略)~昔のことを思い出したのは、大学の立て看板が消えていくとの記事を目にしたからだ。

 大学当局の規制が強まり、情報伝達もネット上のSNSが主流になったという話だった。

 タテカン文化が残る京都大も規制の方針が出ていると知り、訪ねた。

 催し物、勉強会、大学への抗議……。立て看板を出している人たちに連絡し聞いてみた。

 なぜタテカンを。SNSじゃだめですか。

 「SNSもやってるけど興味のある人しか見てくれない。

 タテカンだと普通に歩いてたら目に入る。存在するだけで発信してくれる」

 「周りの人すべてにメッセージを伝える手段って、意外と少ない気がする。

 タテカンは貴重です」。ネットで誰もが発信できる時代になった。

 垣根のない空間ができるかと思いきや、むしろ主張や好みによる分断が起きている気がする。

 板に大きな字を書くという単純さが懐かしくもなる。押しつけがましく暑苦しい。

 でも誰かに届けと願う。そんな手作りのメディアが追いやられるのは、いかにも惜しい。』


このコラムを読んで、早稲田のキャンパスを思い出しました。

私が早大に入学したのは、一浪後の昭和50年4月‥‥。

当時の早大はまだ学生運動の「爪痕」が残っていて、学生会館は極左学生組織に占拠されたまま、

正門周辺には機動隊の装甲車が日常のように横付けされていました。

そして、キャンパス内には、コラムに書かれていたような「立て看板」が所狭しと建ち並び、

大勢の学生がその間を行き交い、まるで新宿駅構内を歩いているような錯覚を覚えたほどです。

「立て看板」に描かれたものは、過激なアジやサークルの勧誘など実にさまざまで、

見ようによっては、前衛アートを鑑賞しているような感覚でした。


「周りの人すべてにメッセージを伝える手段」。

コラムでは、「立て看板」のことがこのように書かれていました。

大学生の頃の私は、当時の「立て看板」を見て、そこからどんなメッセージを受け取ったのか?

今となっては、その時の「心の様相」「青春の一断面」を思い出すことさえできません‥‥。

討論と対話の違いを学ぶ

昨日19日は、二十四節気の「雨水」、

七十二候の「土脉潤起(つちのしょううるおいおこる)」でした。

「暮らしの歳時記」によると、「雨水」は、

『雪から雨へと変わり、降り積もった雪も溶けだす頃という意味です。

 実際にはまだ雪深いところも多く、これから雪が降り出す地域もありますが、

 ちろちろと流れ出す雪溶け水に、春の足音を感じます。』

また、「土脉潤起(つちのしょううるおいおこる)」は、

『雪がしっとりとした春の雨にかわり、大地が潤い始める頃。「脉」は脈の俗字です。』

という解説がありました。その解説にあるように、最近は、

太陽の光や肌に当たる外気に「春の足音」を感じるようになりました。


そして、今日20日は、少々マニアックではありますが、「愛媛県政発足記念日」です。

こちらは「こよみのページ」に、『1873年(明治6年)のこの日、廃藩置県を受け、

石鐵県と神山県が統合されて愛媛県が誕生したことによる。』という解説がありました。


さて、話は変わりますが、今日の朝日新聞一面コラム「折々のことば」は、

劇作家・平田オリザさんの『ディベートは、話す前と後で考えが変わったほうが負け。

ダイアローグは、話す前と後で考えが変わっていなければ意味がない。』という言葉で、

いつものように、鷲田清一さんの次のような解説がありました。


ディベート(討論)とダイアローグ(対話)の違いについて訊(たず)ねたとき、

 劇作家から即座に返ってきた答え。対話は、共通の足場をもたない者のあいだで試みられる。

 呼びかけと応えの愉(たの)しい交換であり、吐露と聴取の控えめな交換であり、

 埋まらない溝を思い知らされたあとの沈黙の交換でもある。討論よりおそらくはるかに難しい。』


う~む、なるほど‥‥。とても含蓄に富む「ことば」と「解説」だと思います。

ディベートとダイアローグの違いについて、即座に回答できる平田さんと、

それを平易に解説することができる鷲田さんの才能に、どうしようもなく驚いている私がいます。


追 記

日記を書くネタに困るとき、「暮らしの歳時記」や「こよみのページ」、

そして「折々のことば」に、いつも助けられています。(苦笑)

学びにムダはない

認知行動療法研修開発センターの大野裕先生が執筆されている日経新聞「こころの健康学」‥‥。

今日19日のタイトルは『知識と知恵の違いとは』でしたが、

とても大切なことを書かれていたので、今回もその全文を引用させていただきます。


『受験の時期になると、私が大学勤務のころに、試験監督をしたことを思い出す。

 3年も受験を続けた大学浪人時代の苦労を考えれば、

 監督するのは気楽なものかと思いながらも、それなりに緊張して取り組んでいた。

 受験会場で問題に取り組む受験生の机の間を歩いて行くと、

 書き込んだ解答が私の目に入らないように体で試験用紙を覆う受験生がいた。

 試験監督の私が解答を読んで、できが悪いと思うとでも考えたのだろうか。

 だが、私には試験の答えなど全くわからない。高校時代に習ったことなどすっかり忘れてしまっていた。

 微分積分など数学で習った記憶はあるが、

 それがどのようなものか説明しろといわれても全く思い出せない。
 
 そうだとすると、高校時代に勉強することなど役に立たないのではないかと考える人がいる。

 実際に、高校生にそのように尋ねられたこともある。

 そうした質問に私は若干戸惑いながら、知識と知恵の違いを説明するようにしている。

 微分積分、物理の公式、英語の長文読解など、高校時代や受験浪人時代に習った知識は、

 一部記憶に残っていても、忘れていることが多い。
 
 しかし、そうした知識を学んだときの基本的な考え方はいつまでも記憶に残っている。

 ひとつの問いに対して解に至る道が複数あることを数学で学び、

 地域によって生き方の違いがあることを地理で学んだ。

 物理では、真実を求めて美しい説明のプロセスを探す大切さを学び、

 じつに様々な知恵を学べていたのだと、今になって実感している。学びにムダはないとつくづく思う。』


大野先生がおっしゃっているように、私も、高校時代や受験浪人時代に習った知識は、

今となっては「木っ端みじん」になってしまいました。

英語、数学、世界史、日本史、生物‥‥。教科書や参考書に赤線を引きまくって勉強したのに‥‥。

まるで「受験生ブルース」の、「大事な青春むだにして 紙切れ一枚に身をたくす」かのように‥‥。


でも、ふとしたことで、はるか昔の記憶がよみがえったり、

習得した知識が物事の判断基準になったこを、ずっと後になって気づくことがあります。

勉学というものは、そもそもそういうものなのかもしれません‥‥。

できれば、もう一度、大学で学び直したい、それが今の私の、現実には実現が難しい希望となっています。

マイナンバーカードのメリットを実感する

吹く風は冷たかったものの、太陽の光は春の到来を感じさせる、よく晴れた一日となりました。

シーツを洗濯し、布団を干すことができたので、今日は気持ちよく眠りにつくことができそうです。


さて、私は、マイナンバーカードを制度発足当初から作成・所持し、

町立図書館の貸出しカードや印鑑登録証明書として活用してきたところですが、

今年は、マイナンバーカードを利用して、

e-Tax」(イータックス)による所得税の確定申告に挑戦することにしました。


入力作業等はなかなか大変だったけれど、

サポート情報などを参照しながら、なんとか確定申告書を作成し、

同時にインターネットバンキングを利用して納税も済ませることができました。

これで、わざわざ税務署に足を運ぶこともなくなりました。


普段、あまりメリットを実感することのなかったマイナンバーカード‥‥。

今日は、「e-Tax」でそのメリットを十分に実感することができました。

なにかと不器用な私が利用できましたので、皆さんも是非利用してみてください。