しんちゃんの老いじたく日記

昭和30年生まれ。愛媛県伊予郡松前町出身の元地方公務員です。

あの日にかえりたい

今日16日の朝日新聞一面コラム「天声人語」に、ユーミンこと、松任谷由実さんのことが、次のように書かれていました。 『ユーミンの名で愛される松任谷さんが今年の菊池寛賞に選ばれた。広く文化活動をたたえる賞である。 「日本人の新たな心象風景を作り…

老後資金を考える

今日の朝日新聞デジタル版「なるほどマネー」は、『変わる資産運用~老後の必要額はそれぞれ』というタイトルの記事でしたが、その内容がとても勉強になりました。少々長くなりますが、この日記をメモ代わりにして書き残しておこうと思います。 『老後に必要…

サプライズの連続

「〇〇迎賓館」という結婚式専用の施設で執り行われた式典に、昨日、初めて出席しました。 披露宴のオープニングには、新郎新婦がテラスに面した窓からいきなり飛び込んできて、若いスタッフと一緒にダンスを踊ったり、出席者全員がテラスに出て風船を飛ばし…

甥っ子の結婚式

今日は、午後4時からの甥っ子の結婚式に出席し、先ほど帰宅したところです。詳細は明日以降、この日記に書き残したいと思います。

絶好の予行演習

来年のゴールデンウイークは10連休になるそうです。今日12日の日経新聞デジタル版には、次のように書かれていました。 『天皇陛下の退位と皇太子さまの即位に伴う一連の儀式を統括する政府の「式典委員会」が12日、発足した。 秋篠宮さまが皇位継承順…

ないよりあった方が‥‥

今日11日の朝日新聞デジタル版「耕論」は、『お金で幸せになれる?』というタイトルの記事でした。「お金でどこまで幸せを買えるのか」について、波瀾(はらん)万丈の人生を送ってこられたという3人の方が、それぞれのお考えを披歴されていましたが、私…

記憶に残したい名言

今日10日の朝日新聞一面コラム「折々のことば」は、嶋﨑今日子さんの『人は生きていたように死んでいく。』という言葉で、いつものように、鷲田清一さんの次のような解説がありました。 『樹木希林の最後の1年を撮ったテレビ番組を観(み)て、全身転移し…

「睡眠禁止ゾーン」を知る

久しぶりに睡眠に関する日記です。昨日8日の日経新聞「こころの健康学」に、認知行動療法研修開発センターの大野裕先生が、『睡眠、普段のリズムが大切』と題して、次のようなことを書かれていました。 『まだ眠くもないのに床に入って寝ようとしても、寝つ…

良質のTV番組を見る

今日から、二十四節気の「寒露」(10/8~10/22)、七十二候では「雁来る」(10/8~10/12)が始まりました。「こよみのページ」のHPには、『冷たい露の結ぶ頃。秋もいよいよ本番。菊の花が咲き始め、山の木々の葉は紅葉の準備に入る。稲刈りも…

歴史のある成句

私と父は、晩酌を欠かしたことがありません。私は350mlの缶ビール1本、父はハイボールを毎晩飲みます。私なんかは、この喉ごしの一杯のために、毎日を生きているようなものです‥‥。(苦笑) また、お酒の健康面での弊害に関して言えば、「酒は百薬の長」と…

世界と人間の不条理を考える

台風25号の接近に伴う影響なのでしょうか、今日は真夏のような暑さとなりました。そして、台風から遠く離れている当地でも、お昼前からは、とても強い風が吹き荒れました。本当に今年は、自然の猛威に右往左往します‥‥。 さて、本棚の隅に眠っていた『異邦人…

自分自身から逃れる?

大阪の警察署から逃げ出し、山口県で48日ぶりに逮捕された30歳の容疑者の男が、「道の駅」を転々としていたとして、今日の日経新聞「春秋」には、次のようなことが書かれていました。 『脱走劇に、ロードムービーの要素も加わったかのような一幕。 詳細…

好きな商品を守るために

50年余りの歴史がある森永製菓のチョコフレークの生産が終了するそうです。スマホの普及で手が汚れるお菓子が敬遠されたことが生産終了の一因にあげられていて、今日の朝日新聞デジタル版「ニュースQ3」では、「本当にスマホは影響しているのか」につい…

劣化する読者と書き手

今日、帰宅途上に電車の車窓越しに見た夕陽は、それはもう、素晴らしく美しい夕陽でした。ドイツの強制収容所を体験したフランクルの「夜と霧」に書かれていた夕陽も、ひょっとしたら、今日のような感動的な夕陽だったのかもしれません‥‥。 さて、今日3日の…

継続は力なり

今日2日の朝日新聞デジタル版「社説」に掲載された、今年のノーベル医学生理学賞の受賞予定者、本庶佑・京都大特別教授の次のような発言を読んで、一つの目標に向かって日々努力することの大切さを、改めて学んだ気がしました。 ・多くの人が石ころだと思っ…

「会社の飲み会」雑感

岡本全勝・内閣官房参与がご自身のブログで、9月23日の朝日新聞デジタル版に掲載された『会社の飲み会、好きですか?』というタイトルの記事のことを書かれていたので、私もさっそく読んでみました。記事のなかでは、中原淳・立教大学教授(人材開発)の…

台風と俳句の雑感

台風24号の接近に伴う強い風と雨で、今日は終日、大荒れの天気となりました。そのため、今日は外出を控え、自宅でまったりと過ごすことになりました。手持無沙汰だったので、パソコンの前に座り「俳句のサロン」のHPを覗いてみると、季語が「台風」の俳…

日々進化する学問

『現代経済学~ゲーム理論・行動経済学・制度論』(瀧澤弘和著:中公新書)を読了しました。いや、正確に言うと、「読んだ」というよりも「眺めた」という感じでしょうか‥‥。私にはちょっとレベルが高くて難解な本でした。 その難解な本書のなかでも、一つだけ…

人生を変える名著との出合い

NHKEテレの「100分de名著」は、私のお気に入りのテレビ番組で、ビデオに録画して毎回欠かさずに見ることにしています。また、同時にテレビテキストも毎月必ず購入して読むように心掛けています。そのテレビ番組の司会者・島津有里子さんが、NHK…

お身体ご自愛ください

先日、日経新聞電子版「日経ウーマン・オトナのスキルアップ入門」の「結果を出す人の朝習慣 黄金の30分を上手に生かす」という記事を読みました。 仕事ができる人の共通点は、始業時間前の「黄金の30分」を読書や新聞を使った情報収集、スケジュールの…

ワープロという恐竜

いつも読んでいるメールマガジン「日刊☆こよみのページ」によると、今日26日は「ワープロの日」とのことでした。そして、「ワープロ」という言葉の解説と感想が、次のように書かれていました。 『日本のワープロの歴史は1978年9月26日に 東芝が JW-…

我が家は大丈夫かしら?

今日の日経新聞に掲載された「エネルギー日本の選択~北海道地震が問う危機(中)」の、次のような記述を読んで、少し疑問と不安に感じることがありました。 『北海道は地価が安く、広い土地を確保できるため、 再生可能エネルギーを高値で買い取る制度(FIT…

後生畏るべし

今日の日経新聞「池上彰の大岡山通信 若者たちへ」では、池上さんが東工大生の皆さんと一緒に毎月開催されているという「読書会」のことが書かれていました。今回、その読書会で取り上げられていたのは、私の愛読書でもある『生きがいについて』(神谷美恵子…

秋の気配

お彼岸の中日の今日は、午前中に私の実家の墓参りを済ませ、午後からは妻の実家のお墓掃除とお墓参りに、西予市野村町惣川に行ってきました。道中に見た肱川沿の風景は、先の西日本豪雨の痛々しい爪痕が、至る所に残っていました。 お墓掃除とお墓参りが終わ…

運動会を楽しむ

今日は孫娘の運動会でした。早朝に結構まとまった雨が降って、開催は無理なのではないかと心配しましたが、次第に天気は回復して、午後からは真夏のような日差しのなかでの運動会となりました。 小学一年生の孫娘は、「団体のダンス」、「玉入れ」、「グルー…

いつか訪ねたい場所

今週17日の朝日新聞デジタル版「文化の扉」に、『西田哲学、西洋との格闘~違和感を認め自己を追求、新資料に足跡』というタイトルの記事が掲載されていました。知の巨人、西田幾多郎(きたろう)(1870~1945)の哲学とはどういうものか、簡潔で分か…

心を軽くするために

今日20日の朝日新聞一面コラム「天声人語」では、白髪を染めずにテレビに出演し、話題になっているフリーアナウンサーの近藤サトさん(50)のことが紹介されていました。そして、「思い切って白髪を受け入れようとする動きが少しずつ広まっているらしい」…

議論なき財政健全化への道筋

今日19日の朝日新聞デジタル版「波聞風問」は、『自民党総裁選 現実知りたい国民、見せぬ政治』というタイトルで、原真人・編集委員が次のようなことを書かれていました。 『盛り上がりに欠ける自民党総裁選である。 「安倍1強だから」などという理由で納…

自分を使い切る

俳優・樹木希林さんの訃報を受けて、今日の新聞一面には、追悼のコラムが掲載されていました。 『病との付き合い方も、この人ならではであった。 全身に転移したがんを受け入れ、振り回されはしない。 最後まで仕事を続ける姿は、生きることを楽しむかのよう…

海を見ていた午後

一昨日の15日が敬老の日だと思っていたら、今日が敬老の日でした。とうとう祝日さえ分からなくなってしまいました‥‥。(苦笑) さて、このところ運動不足気味だったので、昨日は久しぶりに散歩を兼ねて、「西の海岸」(海は自宅から西方向にあります。)に夕陽…