しんちゃんの老いじたく日記

昭和30年生まれ。愛媛県伊予郡松前町出身の元地方公務員です。

待ち遠しい春一番

今は二十四節気の「立春」の期間なのですが、昨日14日からは、七十二候の「魚氷を上る(うお こおりをいずる)」が始まりました。「暮らし歳時記」のHPには、『水がぬるみ、割れた氷の間から魚が飛び跳ねる頃。春先の氷を「薄氷」と呼びます。』という解説…

マイナンバーカードのPRです

今日の日経新聞一面トップは、「マイナンバーカード」に関する記事でした。『マイナンバーが保険証』という見出しで、次のようなことが書かれていました。 『政府は2021年3月から原則すべての病院で マイナンバーカードを健康保険証として使えるように…

この2日間、考えたこと

新聞史上最高のコラムニストと評された深代惇郎さんだったら、このようなコラムを書いたのだろうかと、一昨日11日の朝日新聞一面コラム「天声人語」の次の文章を読んでから、今日までずっと考えていました。 『千葉県野田市の小学4年生、栗原心愛(みあ)…

はたと気づく

日記を書こうとして、ネタがないのに、はたと気づきました。そういえば今日は新聞の休刊日でした。私の場合、日頃、いかに新聞記事に依存しているのかがよく分かります。 さて、私は毎朝午前5時、「NHKマイあさラジオ」のオープニング音楽と、番組キャス…

「思考」ではなく「作業」?

三連休最終日の今日は、どんよりとした曇り空で、気温は日中でも10℃に届かず、当地としては、とっても寒い一日になりました。 さて、今日は、e-Taxで平成30年分の確定申告と納税を済ませました。私と妻は、それぞれ持病を抱えていて、その通院等の医療費…

「忘れる」と「すてる」

今日は風は冷たかったものの、久しぶりによく晴れた一日となりました。 さて、『思考の整理学』(外山滋比古著:ちくま文庫)を読了しました。読み終えた後は、付箋だらけになっていました。いろいろと参考になることが多かった本でしたが、そのなかから次の二…

あなたは不器用だから

今日は父の、週一回のデイサービスセンター通所の日。出迎えの車に乗る父を見送った後、ふと思い付いて、池井戸潤さん原作の映画「七つの会議」を観に行きました。 小説と同じく、実に痛快で面白い映画でした。組織に不正が起き、それを隠蔽するメカニズムが…

「曜日」と「自然」

ふぅ~‥‥、ようやく金曜日が終わろうとしています。今週は、月曜日の岡山日帰り出張のダメージが思ったより大きく、本当にしんどい一週間となりました。往復6時間の高速バスでの移動は、日頃から身体を鍛えていない私には、肩や腰などへの負担が大きいもの…

子供の頃のやり残した宿題

今日は日経新聞電子版の記事の感想です。今日7日の日経新聞電子版「ヒットのクスリ」は、『小4向け歴史本、4割は大人が買っていた』というタイトルのコラムで、次のようなことが書かれていました。 『ダイヤモンド社の「東大教授がおしえるやばい日本史」…

自分の中の「複数の私」

今日6日の日経新聞「Deep Insight」に掲載された、『「私」の力 アバターが覚醒』という記事を興味深く読みました。そこでは、次のようなことが書かれていました。 『アバターと生きる? 自分とは縁遠い話と感じる人がいるかもしれないが、 「複数の私」の…

快進撃が止まらない

映画「ボヘミアン・ラプソディ」の快進撃が止まらないそうです。今日5日の日経新聞電子版「エンタメ!」には、次のようなことが書かれていました。 『1970~80年代に活躍した伝説のロックバンド・クイーン。 そのリードボーカル、フレディ・マーキュ…

立春の日の出張

まさに春を思わせるような陽気だった立春の日の今日は、岡山に日帰りの出張でした。所要時間3時間半の会議に出席するために、高速バスに揺られること往復約6時間‥‥。四国新幹線で、松山から岡山まで1時間ぐらいで行ける日は、果たして実現するのでしょう…

やっぱり分からない??

節分の日の今日は、冷たい雨がお昼過ぎから降り続いています。さて、大澤真幸さんの『三島由紀夫 ふたつの謎』(集英社新書)を読んで、書棚にあった、三島由紀夫の最高傑作と言われる、『金閣寺』(新潮社)を読み直してみました。 私が『金閣寺』を読んだのは…

我が町にイノシシ??

今日の午前9時過ぎだったでしょうか‥‥、掃除機で部屋を掃除していたので、よく聞き取れませんでしたが、松前町の防災行政無線で「伊予銀行岡田支店と松前公園で、イノシシの目撃情報があった」との放送が、確かにあったように思います。 んん‥‥?? イノシ…

「最後のつとめ」に思うこと

昨日の朝日新聞一面コラム「折々のことば」は、生物学者・池田清彦さんの『おじいちゃん、おばあちゃんの最後のつとめは、孫や家族に自分が死ぬところを見せることではないか。』という言葉で、いつものように、鷲田清一さんの次のような解説がありました。 …

理想とする生き様

この一か月、日経新聞文化欄で連載が続いていた石原邦夫・東京海上日動火災保険相談役の「私の履歴書」は、今日31日が最終回でした。そこでは、次のような、心打たれる記述がありました。 『今日の自分があるのは誰のおかげか。 2018年春の叙勲で、旭…

EUの「累積危機」を学ぶ

昨日29日の日経新聞「経済教室」に掲載された、遠藤乾・北海道大学教授の執筆による『ポピュリズムに揺れる世界(上) EU、累積危機回避 猶予なし』というタイトルの論考が、大変勉強になりました。この論考は、EUの危機の性格を「累積危機」と位置づけ…

私が選んだベスト3

先週の22日に、第一生命保険株式会社が、第32回サラリーマン川柳コンクールの全国優秀100句を決定しました。いずれも甲乙つけがたい素晴らしい作品でしたが、その100句のなかから、私のお気に入りの10句を、次のとおり選んでみました。 ・人生の…

頭が固くて現実的でない??

久しぶりに、私なりに真面目に考えた、時事問題に関する日記です。今日の日経新聞デジタル版「スグ効くニュース解説」では、北方領土交渉に関して、日ロ双方の主張が次のような内容で分かりやすく解説されていました。 『ロシア側に伝えた「日本の主張」は、…

懐かしいフォークを思う存分聴く

今日は昨日と打って変って、よく晴れて穏やかな一日となりました。太陽の光も、日に日に春が近づいていることを感じさせます。 さて、今日、娘が無事退院したようです。妻は孫娘の世話をするため、一昨日の叔父の告別式が終わってから、ずっと娘の家にいます…

珠玉の言葉

今日は日中でも気温が10℃に届かず、この時期らしい寒い一日となりました。 さて、朝日新聞一面コラム「折々のことば」は、哲学者・鷲田清一さんが、古今東西の様々な人の言葉を紹介するコラムで、「今日はどんな言葉に出合えるのかな?」と、毎日楽しみに…

神仏が課した大切な役割

叔父の告別式の関連行事が無事終了し、午後6時過ぎに帰宅しました。懐かしい親戚縁者と久しぶりに顔を合わせることができたのは、優しくてユーモアのあった、叔父の人柄・人徳のおかけだと、今は感謝の気持ちで一杯です。 ところで、9人の兄弟姉妹のうち、…

ワクワクするサービス

昨日は結局、諸々の家事を済ませて寝た時刻は、日付変更線を超えていました。ですから、今日は一日、寝不足気味でしんどかったです。ただ、娘の手術が無事に終了し、父親として、気持ち的にはとても楽になりました。やはり人生においては、健康が一番の財産…

気の重い出張に行く

今日は東京に日帰り出張で、午後10時前に帰宅しました。帰宅後に、妻のいない家で諸々の家事をこなし、今ようやくこの日記を書いています。 実は今朝、家を出る直前に、叔父が亡くなったとの一報が入り、今回は気の重い出張となりました。また、明日は娘が…

知らない「ことわざ」に出合う

今日22日の日経新聞の紙面に、『日本のことわざを心に刻む~処世術が身につく言い伝え』という本の広告が掲載されていました。広告には、その本に書かれている、いくつかの「ことわざ」と簡単なコメントが紹介されていたのですが、今まで私の知らなかった…

笑顔を忘れない大切さを学ぶ

今日21日の日経新聞「こころの健康学」を読んで、「インサイドアウト」と「アウトサイドイン」という専門用語があることを知りました。このコラムの執筆者、認知行動療法研修開発センターの大野裕先生は、次のように述べられていました。 『厳しくつらそう…

大寒の日の雑感

今日から二十四節気の「大寒」(1/20 ~ 2/3)、七十二候では「蕗のとう花咲く」(1/20 ~1/24)が始まりました。「一年で一番寒さの厳しい頃」 ですが、「雪の下からふきのとうが顔をだす頃」でもあります。 我が家のリビングでは、名も知らない観…

「どんど焼き」を孫娘と二人で体験する

今日は穏やかによく晴れて風もなく、まるで春を思わせるようなお天気でした。そんな陽気のなか、孫娘と二人で、氏神さんの「どんど焼き」に行ってきました。「どんど焼き」をネットで調べると次のような解説がありましたので、引用させていただきます。 『「…

積み重ねて2500日

横綱・稀勢の里の引退を受けて、昨日の愛媛新聞一面コラム「地軸」には次のようなことが書かれていました。 『最近では珍しい中卒たたき上げ。新十両と新入幕は史上2位の若さ。 そうかと思えばここ一番のもろさが響き、初優勝は30歳6カ月まで待たねばな…

刺さる言葉

昨日16日の「NHKニュース おはよう日本」の「おはbiz」のコーナーで、豊永キャスターが、ファーストリテイリングの柳井社長にインタビューされていました。番組HPから、柳井社長の「刺さる言葉」を、次のとおり抜き出してみました。 ・ヨーロッパ…