しんちゃんの老いじたく日記

昭和30年生まれ。愛媛県伊予郡松前町出身の元地方公務員です。

雑記・雑感・プライベート

治療と仕事の両立を考える

4週間分の前立腺の薬が切れたので、今日は仕事を3時間早引きして、かかりつけの泌尿器科の病院に行ってきました。前回受診時に受けた前立腺がんのPSA検査も今日の尿検査も、測定結果は良好でした。最近は、夜中にトイレに起きる回数も少なくなって、減…

有難い娘からのプレゼント

昨日、そして今日と、よく晴れ渡った休日となりました。我が家周辺の農地では、ほとんど田植えが終わって、青々とした苗が吹く風に揺らいでいます。七十二候では、昨日から「梅の実黄ばむ」が始まっています。 さて、その昨日は、仲良し夫婦三組による懇親会…

後の祭りです‥‥

今日15日の朝日新聞一面コラム「折々のことば」は、翻訳家・東江一紀(あがりえかずき)さんの『まじめさには、きちんと酸素を補給してやらないとね。』という言葉で、いつものように鷲田清一さんの次のような解説がありました。 『翻訳にまじめに取り組む…

「書く行為」は有効かも?

日経新聞に連載中の作家・阿刀田高さんの「私の履歴書」、昨日のタイトルは、『創作の手法 ~「なにか変だな」をメモ~備忘録からストーリー』でした。阿刀田さんは、「思いついたことはとにかくメモにする」ことらしく、次のように述べられていました。 『…

思い悩むとき

今月9日の朝日新聞一面コラム「折々のことば」は、社会人類学者、ティム・インゴルドの『本とともに読みなさい。』という言葉で、いつものように鷲田清一さんの次のような解説がありました。 『知るというのは、世界を操作するために知識を机上に蓄えること…

「やるせない」自分に気づくとき

今日の日経新聞「春秋」は、5歳女児虐待死に関する次のようなコラムで、最後まで読み通すのがとてもつらかったです。 『こんな悲しい文章があるだろうか。 「きょうよりかあしたはできるようにするから もうおねがい ゆるして ゆるしてください」。 まだ小…

毎日のリズムに欠かせないもの

昨日6日から、二十四節気の「芒種」(6/6~6/20)、七十二候では「蟷螂(かまきり)生ず」(6/6~6/10)が始まりました。「芒種」は、「稲の穂先のように芒(とげのようなもの)のある穀物の種まきをする頃」、「蟷螂(かまきり)生ず」は、文字どおり、…

「小満」の日の雑感

今日21日から、二十四節気の「小満」(5/21~6/5)、七十二候では「蚕起きて桑を食う」(5/21~5/25)が始まりました。 その「小満」について、昨日の日経新聞「NIKKEI The STYLE」には、次のような解説がありました。『陽気が満ち、樹木が青々とし…

別の角度から見るということ&星由里子さん逝く

昨日17日の朝日新聞「社説」には、「子どもたちへ~火垂るとだるまの教え」と題して、次のようなことが書かれていました。 『改ざん、うそ、女性蔑視、開き直り‥‥。 自らは恥ずべき行いを重ねる一方で、子どもには「道徳」を説き、 ひとつの鋳型にはめよう…

「母」という文字を学ぶ

今日は母の日です。新聞紙面では「母」という文字の由来について学べる記事が二つありました。。まず、朝日新聞一面コラム「天声人語」には、次のようなことが書かれていました。 『きょうは母に感謝する日であり、母を思う日である。 でも、お母さんが自分…

箱根家族旅行顛末記(続き)

昨日からの続きです。箱根湯本では、荷物キャリーサービスを利用しました。手荷物を有料で宿泊先まで届けてくれるサービスで、キャリーケース3個を預けたので、その後の移動が随分と楽になりました。 箱根湯本から桃源台までは箱根登山バスで向かいます。桃…

箱根家族旅行顛末記

季節はずれに引いた風邪で、寝床に臥せること丸一日、今日になってようやく、「箱根家族旅行顛末記」を書く体力と気力が回復しました。 旅行初日の4月28日(土)、松山空港午前9時45分発ANA584便で羽田空港へ。羽田空港には午前11時ピッタリに着…

強行軍のダメージは大きく‥‥

強行軍だった家族旅行のダメージは、思ったより大きいものがありました。というのも、今朝から喉が痛くて、くしゃみと鼻水が止まらず、身体も熱っぽかったので、体温を測ったところ、やっぱり微熱がありました。どうやら風邪を引いたみたいです。年度末と年…

戻らない日常生活

ゴールデンウィーク谷間の昨日と今日は、箱根家族旅行の疲れが身体全体に残っていることもあって、ちょっとタイトな勤務となりました。 また、3日間も家を留守にしていると、日常生活を元に戻すのが大変です。特に、3日分の洗濯物が大量だったので、一度に…

ゴールデンウィーク前半の家族旅行

ゴールデンウィーク前半の4月28日(土)から30日(月)にかけて、私、妻、父、娘、孫娘という4世代の5人で箱根に行ってきました。90歳になった父の卒寿のお祝いと娘の誕生日のお祝い、そして、遅ればせながら、私の還暦のお祝いも兼ねての家族旅行でし…

あぁ‥‥無情の雨

今日は、午後6時20分から、松山市の「坊ちゃんスタジアム」で、「阪神タイガース」対「ヤクルトスワローズ」のプロ野球公式戦が開催される予定でした。 ところが、あいにく朝から雨が降り続き、一向に止む気配がありません。それでも私は、今日だけは天気…

庶民的銭湯の思い出

今日20日の日経新聞「生活」欄に、「銭湯」のことが書かれていました。その記事は、次のような内容でした。 『全国で2日に1軒のペースで減少しているとされる銭湯に、新しい波が起きている。 自宅の風呂とは一味違う魅力を感じる若者が集い始め、 若手の…

「70歳まで働く人生」を考える

昨日13日の朝日新聞デジタル版「耕論」は、『高齢者はどう生きるか』というテーマでした。 高齢者は「65歳」から、という線引きの見直し論が出ていることについて、「長く働かせようとしている」「年金支給を遅らせようとしている」など、さまざまな意見…

我慢と試練の66日

今日10日の朝日新聞「天声人語」は、サッカー日本代表の監督が、W杯の開幕が6月に迫る中で、唐突に交代することに関連してのコラムでしたが、私が興味を持ったのは次のような記述でした。 『ランチに欠かさず水か果物を摂(と)る。夕食前には必ず15分間…

清明の日の雑感

年度始めということもあって、忙しい毎日を過ごしています。 さて、今日は、二十四節気の「清明」(4/5 ~4/19)で、七十二候では「玄鳥至(つばめきたる)」(4/5 ~ 4/9)です。「暮らしの歳時記」のHPを見ると、それぞれ次のような解説があり…

読書と日記の効用

平成29年度の勤務も、残り3日となりました。このところ私は、パソコンの画面と格闘しながら、年度末の忙しい時間を過ごしています。忙しいというのは、ある意味、充実していると言えるのかもしれませんが、その実態は、充実した時間を過ごしているという…

まだまだ治療は続く‥‥

雨が昨日から降り続いています。気温も肌寒くて、春に似合わぬ冷たい雨となっています。 この雨の中、今日は仕事を2時間早引きして、泌尿器科病院に行ってきました。先月末に受けた前立腺がんのPSA検査が基準値を超える結果だったので、今日は、いつもの…

彼岸の入りの雑感

プルーストの小説「失われた時を求めて」は、途中まで読んで挫折した本の一つですが、なんとかこの世から去るまでには読破したいと心に決めています。いつになるか分かりませんが‥‥。その「失われた時を求めて」が、今日の日経新聞一面コラム「春秋」で、次…

嬉しいニュースが二つ

今日のお昼過ぎに、弟が嬉しいニュースを二つ持って我が家にやって来ました。 一つ目は、甥っ子が今年の秋に結婚式を挙げるとのこと。甥っ子は社会人二年目で、ちょっと早いような気がしますが、パートナーを大切にして、幸せな家庭を築いてくれることを願っ…

懐かしい曲に涙する

今日は、午後6時30分から松山市内の「ひめぎんホール」で開催された、「明治大学マンドリンクラブ第61回松山定期演奏会」に行って来ました。 この明治大学マンドリンクラブ定期演奏会には、ほぼ毎年のように出席しています。というのも、現役時代、一緒…

人間万事塞翁が馬

日経新聞で連載されていた「検証 東芝危機」を興味深く読みました。連載記事の第2部は「不正の温床」というタイトルで、次のような文章から始まります。『1965年以来、半世紀ぶりに外部トップに再建を託すことになった東芝。 かつて日本の財界をも背負…

春を実感した一日

今日は良く晴れて暖かく、とても穏やかな一日でした。ようやく春が訪れたことを実感します。つい先日まで蕾だったヒマラヤユキノシタの花は、今ではご覧のようにピンクの花を咲かせています。写真に収めようとすると、黒色の蝶が偶然にもその花に止まり、び…

マイナンバーカードのメリットを実感する

吹く風は冷たかったものの、太陽の光は春の到来を感じさせる、よく晴れた一日となりました。シーツを洗濯し、布団を干すことができたので、今日は気持ちよく眠りにつくことができそうです。 さて、私は、マイナンバーカードを制度発足当初から作成・所持し、…

まるで別世界での法要

今日は、先月亡くなった叔父の四十九日の法要に出席するため、西予市野村町惣川に行ってきました。お寺の前の田んぼは一面の銀世界が広がり、境内にもたくさんの雪が残っていて、温暖な気候の愛媛とは思えない、まるで別世界の土地に来たようでした。お寺の…

立春の日の雑感

『漫画 君たちはどう生きるか』(吉野源三郎著、羽賀翔一イラスト:マガジンハウス)を読了しました。妻が友達から借りてきた本で、明日には返却するとのことだったので、昨日と今日の二日間で一気に読み終えることにしました。 漫画とはいいながら文章が盛り…