しんちゃんの老いじたく日記

昭和30年生まれ。愛媛県伊予郡松前町出身の元地方公務員です。

雑記・雑感・プライベート

あと一年です‥‥

今日で平成元年度も終わりです‥‥。年度末ということで、この日記を書くゆとりがなくなるほど、昨日今日と、多忙な時間を過ごしました。来年の今日という日には、無事にハッピーリタイアができるよう、健康に留意しつつ、親の介護とも両立しながら、なんとか…

明るい希望が見える

昨日は卒業式、今日は修了式だったのでしょうか、朝の通勤途上で、久しぶりに地元松前小学生の皆さんの元気な姿を見ることができ、しかも、「おはようございます」の挨拶を、すれ違うたびに交わすことができました。今、世の中は、まるで真っ暗闇のトンネル…

足元から声援をもらう

昨日、午後6時過ぎから、西の海岸に沈む夕陽を見に行きました。日経新聞一面コラム「春秋」の次のような文章を読んで、散歩がてら足を運ぶことにしました。 『ズナやタンポポを含め、この時期に咲くかれんな姿を見るたび、造形の妙や生命力の強さに感じいる…

「軽い復讐」はいつまで続く?

今日の「NIKKEIプラス1「」の「なやみのとびら」に、東京都在住の60代の男性の方が、次のような悩みを投稿されていました。 『定年退職して、「専業主夫」になりました。料理、掃除、洗濯など家事を頑張っているつもりですが、 妻からは「手を抜い…

春分の日の雑感

今日は春分の日です。「日刊☆こよみのページ」のHPには、次のような解説が書かれていました。 『今年のお彼岸の期間は、3/17~23。その真ん中の日が、彼岸の中日で春分の日で、本日がその日です。 さて、この彼岸の中日である春分の日は、「昼夜等分…

今、必要なもの

日記を書こうと、こうしてパソコンの画面に向かっても、最近は気が滅入る話題ばかりで、前向きで明るい材料をなかなか見つけることができません。皆さんは、この大変な時期に、どのようにしてお過ごしですか‥‥?今、世界で求められているのは、お互いに「我…

力強いメッセージ

今日の日経新聞に掲載された「yahoo!JAPAN」の全面広告に目が留まりました。そこには、「みんなでがんばろう。」のタイトルとともに、次のようなことが書かれていました。 『3.11から9年。 日本中があの災害を振り返るこの時期に、 世界中を席巻するウ…

明るい話題が待ち遠しい

気持ちが塞ぎがちな時には、YouTubeで若い頃の曲を聴きたくなります。昨夜はそんな気分でした。するとどうでしょう‥‥。YouTubeのサイトにアクセスした瞬間に、「あなたへのおすすめ」として、マイミックスリストを提示をしてくれます。それは、私の閲覧履歴…

不自由を忍び、出口の光明を待つ

最近、新聞を読んでも、テレビやラジオのニュースに接しても、気が滅入ることだらけです。株価は続落に歯止めがかからないし、マスクは相変わらず手に入らないし、楽しみにしていたセンバツ高校野球は中止が決まったし‥‥。なんだか世の中が、悪い方向へ、悪…

「後味の悪さ」はどうして‥?

今日、ようやく「e-tax」による、令和元年の所得税の確定申告と、それに伴うインターネットバンキングによる納税を済ませました。マイナンバーカードさえあれば、わざわざ税務署に足を運ぶ必要がなく、自宅から申告・納税をすることができ、とても便利…

「啓蟄の日」の雑感

小学二年生の孫娘に、語り継ぎたい20世紀を代表する名曲をいくつか選ぶとすれば、まず、最初に思い浮かぶのは、中島みゆきさんの「時代」です。♬ 今はこんなに悲しくて 涙も枯れ果てて もう二度と笑顔にはなれそうもないけれど そんな時代もあったねと い…

「思い出せない」もどかしさ

今日、ネットで「NHK NEWS WEB」を読んでいて、「トイレットペーパー 誤情報でも購入 “予言の自己成就”現象?」というタイトルの、次のような配信記事に目が留まりました。 『‥‥こうした状況について、吉川教授(社会心理学が専門の慶應義塾大学の…

四国に新幹線が走る日

昨日は、山口市への日帰り出張で、帰宅が遅くなり、この日記を書く気力・体力がありませんでした。年のせいか疲れがなかなか回復せず、今も高速船と新幹線に揺られているような感覚が残っています。今日が金曜日で、仕事がお休みの日で助かりました‥‥。 とこ…

長い髪の女性

今日の愛媛新聞「テレビ・芸能」欄の「マジックアワー」に、「麻丘めぐみ 常識に風穴あけたアイドル 左利き 少数派に脚光」という見出しの、次のような内容の記事が掲載されていました。今でも若々しい、そのお写真とともに‥‥。 ・「右利きに直しなさい」と…

手編みのひざ掛け

今日は聖バレンタインデーです。毎年この日が来ると、高校二年生の時、密かに思いを寄せていた彼女から、手編みのひざ掛けをもらったことを思い出します。そして、彼女のことを思い出すと、なぜか南沙織さんの「ひとかけらの純情」を聴きたくなります。何年…

憂鬱な作業に着手する

今年も所得税の確定申告の時期がやって来ました。 何をするにしても面倒なことが嫌いな私は、税の申告も、定年退職後は「e-tax(電子申告)」を利用しています。ところが、この申告は1年に一度しかないので、操作方法などすっかり忘れてしまっていて、また最…

立春の日の雑感

今日から二十四節気の「立春」、七十二候では「東風凍を解く(はるかぜこおりをとく)」です。改めて「こよみのページ」のHPで確認してみると、『この日から立夏の前日までが春。まだ寒さの厳しい時期ではあるが日脚は徐々に伸び、九州や太平洋側の暖かい地…

不可能は証明できない

「寒の内」のこの季節、極端に寒くはないものの、雨が降ったり止んだりして、すっきりしない天気が続いています。まるで梅雨みたいです。「薬のむ あとの蜜柑や 寒の内」(正岡子規) さて、今日は日経新聞「The STYLE」の「My Story」を読んでいて、素晴らし…

一生涯を貫く趣味を持つ幸せ

今年92歳になる私の父は、囲碁が趣味です。 昨年の夏に体調を壊すまで、デイサービスの通所日以外は、毎日、自転車に乗って、自宅近くの公民館に碁を打ちに行っていました。また、デイサービスでも碁を打つお相手がいたようです。今は、かかりつけ医の勧め…

川柳に時代を感じる

第一生命保険が恒例のサラリーマン川柳コンクールの優秀100句を発表したとのことで、今日の日経新聞デジタル版には、次のような記事が掲載されていました。 『「我が家では 最強スクラム 妻・娘」「お小遣い 値上げトライも 逆ジャッカル」。 ラグビーの…

遥(はる)けさに浸る

今日の朝日新聞一面コラム「折々のことば」は、私の好きな詩人・茨木のり子さんの「単一民族という時、日本人の顔、顔、顔がそれを大いに裏切っているのは愉快である。」という言葉で、いつものように鷲田清一さんの、次のような解説がありました。 『人の顔…

地域コミュニティを考える

昨日の地域の伝統行事「どんと焼き」に孫娘と参加して、少し考えるところがありました。というのも、行事に参加している人は、どう見ても私より年上の方ばかり、働き盛り世代の参加者はほぼ皆無で、小中学生の子供さんも数えるほどしかいませんでした。とい…

「第三のビール」雑感

今日は、「東洋経済ONLINE」に掲載された、『第三のビール「のどごし」が「金麦」に敗れた事情』という記事に目が留まりました。 記事によると、「第三のビール」として知られる新ジャンル市場で、2005年から14年間、販売数量トップを独走してきたキリンビ…

10連休が終わって‥

年末に予想したとおり、年末年始のこの10連休を振り返ると、それぞれの日に何をしたのか、ほとんど思い出すことができません。29日にはお墓掃除、1日には弟の家で新年会、昨日は寅さんの映画を鑑賞‥‥。それ以外の日は何をして過ごしたのかしら‥‥?まぁ…

賑やかなお正月

我が家の二階から見える初日の出は、今年の日の出時刻には、あいにくの曇り空だったため、その荘厳な姿を拝むことができませんでした。ようやく太陽の輝きを確認できたのは、午前9時前のことでした。そして、元旦の午前中は、自分にとっての恒例行事となっ…

懸案事項の先送り

下り坂の天気予報だったので、午前10時に家を発ち、西予市野村町の妻の実家のお墓掃除に行ってきました。帰省による高速道路の渋滞を予想していたのですが、内子五十崎ICーまでの往復は、どちらも嘘みたいにスムーズでした。今年の年末年始は9連休とい…

少しずつの積み重ね

毎週金曜日がお休みの私は、今日が仕事納めでした‥‥。皆さんより一足早く、明日から年末年始の10連休の休暇が始まります。と言っても、特にこの期間における予定がないので、あまり嬉しさの実感がありません。仕事始めを明日に控えた来年1月5日には、「…

書くネタがない

そろそろ日記を書こうと思いパソコンに向き合ったところ、今日は書くネタがどうしても見つかりません‥‥。いゃ、それは言い訳で、書く気力と体力が失せているのかもしれません。う~む‥‥、こんな時は、一体どうしたらいいのかしら‥‥?まぁ、こんな日もあって…

「船の旅」の思い出

岡山県の宇野港と高松市の高松港を結ぶ「宇高航路」の休止を惜しむ「消えゆく航路」と題した今日の愛媛新聞一面コラム「地軸」を読んで、子どもの頃、関西汽船を利用して家族で帰省したことを、懐かしく思い出しました。そのコラムには次のようなことが書か…

なんだか申し訳ないような‥‥

今日は2週間ぶりの病院(耳鼻咽喉科)の通院の日でした。せっかく郊外電車で松山市内まで行くので、運転免許証の更新手続きのため、市内勝岡町の運転免許センターまで足を運ぶことにしました。伊予鉄松山市駅から運転免許センターまで、バスで片道約40分な…