読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しんちゃんの老いじたく日記

昭和30年生まれ。愛媛県伊予郡松前町出身の元地方公務員です。

一言添えた年賀状

昨日22日は、二十四節気の「冬至」でした。

この日から日が伸び始めるとのことで、

それを聞くだけで気持ちまで前向きになりそうです。

 

ただ、今日はあいにく朝から冷たい雨が降り続きました。

そのため、今日は今年来た年賀状を整理し、

来年の年賀状の宛名をプリンタで印刷することにしました。

 

今年の年賀状を読み直していると、

やはり一言が添えてある年賀状に目が留まります。

一言添えた年賀状といえば、今月19日の朝日新聞天声人語」には、

こんなことが書かれていました。

 

『日ごろのパソコン頼みを反省する好機というべきか、

 今年も賀状の時節がやってきた。この週末、宛名書きに精出す方もおいでだろう。

 印字とメールのご時世だが、やはり手書きはもらってうれしい。

 秋に文化庁が発表した「国語に関する世論調査」では、

 「手書きされたものや手書きが一言加えられたもの」が良いとする人が

 9割近かった。ミミズの這(は)ったような字も金釘流(かなくぎりゅう)も、

 懐かしい姿や声を呼び覚ましてくれる。』

 

確かにおっしゃるとおりで、

直筆を見るだけで、もう何十年もお会いしていない方の、

お人柄やエピソードなどが思い出されます。

私も、今週末は、来年の年賀状に一言添える作業に取り組むこととします。

 

そして、今日は、一日遅れのユズ湯につかり、

身体を清めると同時に、この一年の疲れを癒したいと思います。

こうして、季節の行事を一つずつこなしながら、

「平成27年」という年が、足早に駆け抜けていきます。