読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しんちゃんの老いじたく日記

昭和30年生まれ。愛媛県伊予郡松前町出身の元地方公務員です。

格差は日本経済の大敵

日経新聞「経済教室」では、

今月4日から、「分断危機を超えて」の連載が始まりました。

第1回目は、吉川洋東京大学教授の『格差拡大、価値創造奪う』でした。

 

この論考で吉川教授は、

いつの時代、どこの国でも、度を越した格差は、

社会にとって極めて危険な毒薬であり、現代の格差を考えるには、

過去の歴史を振り返ることから始めなければならない、と述べられています。

 

また、日本では、戦後の財閥解体農地改革インフレーションで平等化が進み、

50年代半ばからの高度経済成長を経て、

70年ごろには「1億総中流」というフレーズが誕生したけれども、

80年代以降、高齢化の進行や非正規労働者の増大などにより

経済格差が拡大した結果、「1億総中流社会」が崩壊した、との解説がありました。

 

では、格差の拡大を止め、問題を解決するには、何が必要か。

吉川教授は、「防波堤」である社会保障制度を持続可能なものとすることや、

教育の機会均等を確保することは不可欠だけれども、

いわゆる「再分配政策」だけでは十分でないとして、

具体的に次の点を指摘されています。

 

・超高齢社会で多くの高齢者が安心して暮らすには、

 お金を再分配するだけでなく、医療、介護、住宅、交通、流通など

 広範な分野で新しいシステムが必要であること。

・一方、働く現役世代の格差を縮小するために何よりも必要なのは、  

 持続的な経済成長であること。

・そして、先進国経済の成長にとって最も重要なのは、

 人が行う「イノベーション」であること。

 

う~む、なるほど…。とても分かりやすい解説です。

いつもの「イノベーション」という言葉が登場するなど、「吉川節」が全開です。

論考の最後も、吉川教授らしい、次の言葉で締めくくられていました。

 

『拡大する格差の下で働く人々の心が落ち着きを失えば、 

 社会全体として、新しい価値を創造する力は衰弱する。

 格差は、分配上の公正という観点から問題であるだけでなく、

 日本経済の将来にとっても大敵なのである。』

 

まさに「恒産なき者は恒心なし」の世界なのですね…。納得しました。

ところで今週は、世界は「激動の一週間」でしたし、

私自身も長い連休明けで、普段のペースを取り戻すのに精一杯の一週間でした。

明日からは3連休なので、正直ほっとしています。

来週からの「日常」に備えて、鋭気を養うことにします。