読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しんちゃんの老いじたく日記

昭和30年生まれ。愛媛県伊予郡松前町出身の元地方公務員です。

新聞というサーチライト

Web記事 論考・論評・コラム

今月26日の産経新聞「阿比留瑠比の極言御免」を読んで、

「新聞」が伝える「事実」というものについて、少し考えるところがありました。

 

記事では、米国のジャーナリスト、リップマンが、

1922年に刊行した著書『世論』の中で、

新聞について次のように指摘していることが紹介されていました。

 

「ニュースと真実とは同一物ではなく、はっきりと区別されなければならない。

 (中略)ニュースのはたらきは一つの事件の存在を合図することである。」

 

「新聞はサーチライトのようなもので、休みなく動き回りながら

 暗闇のなかに一つまた一つとエピソードを浮かび上がらせる。」

 

「(新聞は)そろって性悪でもないし、 

 それほど深いたくらみを抱いているわけでもないとしても…

 (新聞は)自然に手に入るものと民主政治論者が希望的に思っていた

 真相というものを自発的に提供することもできない。」

 

このような指摘を紹介したうえで、記事では次のようなことが書かれていました。

『確かに、新聞をはじめメディアのできることは、

 闇夜に漂う巨大で複雑な多面体である「真実」の

 一部分・一断面である個々の「事実」に光を当てることぐらいだろう。 

 可能な限り、多方面からサーチライトを照射しても、

 全体像を把握するのはなかなか難しい。 

 ましてや、記事は社論やその時々の紙面の都合で取捨選択されたり、

 扱いの大小が変わったりするものだから、

 せっかく捉えた本質も雑多な事実の中に紛れてしまいがちである。』

 

『新聞には、おおむね「事実」は載っている。

 ただ残念ながら、注意して能動的に探さないとそれを生かせない場合も多い。』

 

う~む、なるほど……。

普段なにげなく新聞に目を通していますが、この記事を読んで反省しました。

新聞報道の「事実」の中にある「本質」をとらえるためには、

読み手の力量も試されているのですね……。