読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しんちゃんの老いじたく日記

昭和30年生まれ。愛媛県伊予郡松前町出身の元地方公務員です。

不機嫌な国

気になる記事がありました。

まず、昨日2日の産経新聞「正論」では、

作家の堺屋太一さんが次のように述べられていました。

 

『現在の日本社会の最大の危機は、

 社会の循環を促す社会構造と若者層の人生想像力の欠如、

 つまり「やる気なし」である。

 「欲ない、夢ない、やる気ない」の「3Yない社会」こそ、

 現代日本の最大の危機である。』

 

具体的には、堺屋さんは、

 ・若者の間に物欲の低下が広がっていること

 ・最近の若者には「未来への夢」が乏しいこと

 ・40歳にして一度も結婚を経験していない男性が急増していること

を指摘されていました。

 

しかし、果たしてそうなのでしょうか?

NHKが昨年末に、全国の18歳・19歳を対象に行った

政治と社会に関する若者意識調査によると、

「あなたには、実現したい夢がありますか。」という問いに

79.3%が「ある」と回答、

また、「努力しても報われない社会だ」という問いに対し、

「どちらかといえば」も含めて63.3%が「そうは思わない」」と回答しています。

 

それよりもむしろ、この調査で私が気になったのは、

「あなたは、日本の将来は明るいと思いますか。」という問いに対し、

「思わない」が60.9%と回答、

また、「日本の所得格差は大きすぎる」という問いに対し、

「どちらかといえば」を含めて73.3%が「そう思う」と回答していることです。

 

今日3日の産経新聞「産経抄」には、波乱の米国大統領選挙に関し、

『政治経験のないトランプ氏の人気は、既成の政治への不満の反映であり、

 大衆の本音をずばり口にするポピュリズムにある。 

 富裕層に対する不公平感など、

 米国民にやり場のない不満があることも無視できない。』と書かれていましたし、

日経新聞「ニュース複眼」には、

『現状への怒りや不満、失望に塗り込められた「不機嫌な米国」』

という表現がありました。

 

日本も米国同じように、若者を中心に「不機嫌な国」になっていないか心配です。