読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しんちゃんの老いじたく日記

昭和30年生まれ。愛媛県伊予郡松前町出身の元地方公務員です。

解決の道のない難問

報道・ニュース 読書・文学

古びた三冊の本を書棚から取り出して、

懐かしい思いでページをパラパラとめくってみました。

 

三冊の本とは、『路地裏の経済学』、『続・路地裏の経済学』、

そして『日本経済の先を読む』で、

これらの本の著者は、経済評論家の竹内宏さんです。

その竹内さんが、先月30日に85歳でお亡くなりになったという記事が、

今日の新聞に掲載されていました。

 

私が社会人になって、経済現象や経済学に興味を抱くようになった、

そのきっかけを作ってくれたのが『路地裏の経済学』でした。

身近な世間の話題を、経済学という視点から平易な文章で解説されていて、

それまで取っ付き難かった経済学を、親しみやすく感じさせてくれた本です。

 

ところで、先ほどの『日本経済の先を読む』の最終章は、

「国内の難問を解決するキーポイント」というタイトルです。

その最後の箇所で、竹内さんは、

『ただひとつ、私が考えても解決の道のない難問がある。

 これは日本国家の存亡にかかる大問題である。出生率の低下だ。』

『民族存亡の危機で、経済の安泰どころの話ではない。』と指摘されていました。

 

博覧強記の竹内さんでさえ解くことができなかった難問は、

平成28年の今現在も、少子化問題として解決されないままとなっています。

竹内さんは、この問題を心配されながら旅立たれたのではないでしょうか…。

ご冥福をお祈りします。

 

日本経済の先を読む (新潮文庫)

日本経済の先を読む (新潮文庫)