読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しんちゃんの老いじたく日記

昭和30年生まれ。愛媛県伊予郡松前町出身の元地方公務員です。

色褪せない名曲の数々

昨日5日にBSフジで放映された

『HIT SONG MAKERS 栄光のJ-POP伝説 山上路夫』は、

昭和30年生まれの私にとっては、郷愁を誘う番組でした。

 

とても懐かしい、番組で紹介された次のような曲が、

すべて山上さんが作詞された曲であることを知って、大変驚きました。

また、失礼ながら、山上さんのお顔を今回初めて拝見しました。

だって、これらの曲が流行っていた自分の若かりし頃は、

作詞家や作曲家が誰かなんて、ほとんど関心がありませんでしたから…。

 

・「世界は二人のために」(佐良直美)

・「夜明けのスキャット」(由紀さおり)

・「私鉄沿線」、「甘い生活」(野口五郎)

・「禁じられた恋」(森山良子)

・「或る日突然」(トワ・エ・モア)

・「学生街の喫茶店」(GARO)

・「虹をわたって」、「若葉のささやき」(天地真理)

・「ひなげしの花」(アグネス・チャン)

・「翼をください」(赤い鳥)

・「瀬戸の花嫁」(小柳ルミ子)

・「二人でお酒を」(梓みちよ)

 

う~む、どの曲も昭和史に燦然と輝く名曲ではありませんか…!!

番組では紹介されませんでしたが、ネットで調べて見ると、

私が高校生の時に大ファンだった天地真理の名曲、

「想い出のセレナーデ」が山上さんの作詞だと知って、

これまた、涙が出そうなほど感激した次第です。

 

そして、もう一つ感動したのは、

翼をください」の歌詞に込められた山上さんの「心情」について、

番組ゲストのどなたかがおっしゃっていた解説です。

 

翼をください」の歌詞は次のような内容ですが、

これは、『山上さんが子どもの頃に、喘息で闘病生活を送り、

学校も満足に通えなかった。だから、寝床から天井を見ながら、

「外の世界」を憧れていたのではないか。それがこの歌詞になったのではないか。』

およそ、このようなお話であったと思います。

 

♪ 今 私の願いごとが叶うならば 翼がほしい

♪ この背中に鳥のように 白い翼つけて下さい

♪ この大空に翼を広げ 飛んで行きたいよ

♪ 悲しみのない自由な空へ 翼はためかせ 行きたい

 

このお話を聞いて、「翼をください」が、もっともっと名曲に思えてきました。

名曲は、決して色褪せることはありません。