読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しんちゃんの老いじたく日記

昭和30年生まれ。愛媛県伊予郡松前町出身の元地方公務員です。

不信を抱かれる要因

Kちゃん、昨日はコメントありがとうございました。

舛添東京都知事がとうとう辞表を提出されましたね。

でも、どうして「政治とカネ」の問題は、同じことが繰り返されるのでしょう…?

 

日経新聞電子版を読むと、「知事個人の評価とは別に、

舛添都政のこの2年余りは及第点をつけられるだろう。」と書かれていました。

及第点を付けられる理由として、

非正規社員の正社員化へ国を上回る対策を打ち出し、

 障害者雇用にも力を入れたこと

・巨額に膨らんだ五輪施設の建設費も圧縮し、

 水素社会の実現や国際金融センター構想も進めていること

・石原都政の負の遺産である新銀行東京

 他行との経営統合という形でケリを付けたこと

などが挙げられていて、

結論として、「舛添都政はバランスが取れている。」と評価されています。

 

「知事」といえば、我が町の出身、白石春樹・元愛媛県知事は、

「権腐十年」が座右の銘でした。

「いかに立派な人間でも、権力の座に十年以上いると、

その権力は腐敗し始める」という意味だったと記憶しています。

 

舛添知事は知事になってから、確か、まだ2年と4か月でしたっけ…?

「権腐十年」ではなく「権腐二年」……。

腐敗するにはちょっと「早すぎた退任劇」のような気がします。

 

今日は帰宅後に、深代惇郎さんの「天声人語」を久しぶりにめくってみました。

すると、昭和49年11月16日のコラムに、次のようなことが書かれていました。

『言葉をあやつったニクソンは、最後は言葉にやぶれてしまった。

 その答弁に国民はあき、やがては決定的な不信を抱いた。』

 

う~む……。(絶句)

ひょっとしたら、政治家が国民から不信を抱かれる要因は、

古今東西を通じて、不変なのかもしれません。