読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しんちゃんの老いじたく日記

昭和30年生まれ。愛媛県伊予郡松前町出身の元地方公務員です。

今宵に聴く曲

久しぶりに「こよみのページ」の「今日は何の日?」を閲覧してみると、

今日は、「星の王子さま」で知られるフランスの作家・飛行士、

アントワーヌ・ド・サンテグジュペリの誕生日であることが書かれていました。

 

そして、このWebサイトには載っていなかったけれど、

今日は、あのビートルズが50年前に初来日した日であることを、

産経新聞「産経抄」を読んで知りました。

 

ふぅ~ん、もう半世紀も前の出来事なのですね…。

50年前と言えば、西暦1966年で昭和41年。

私は、小学校5年生だったのですが、当時の国内の騒動は全く記憶にありません。

 

いや、そもそもビートルズの存在を知って、

その名曲の数々に魅了されたのは、高校生になってからでした。

今でも、時々、懐かしくなって曲を聴くことがあります。

数多いヒット作の中でも私が大好きなのは、

「ザ・ロング・エンド・ワインディング・ロード」。

余談ですが、チューリップの「青春の影」の歌詞が

この曲をモチーフにしていることを、随分後になって知りました。

 

ビートルズの曲が不思議なのは、私と約30歳離れている娘も大好きですし、

また、約55歳離れている孫娘も、その良さが理解できるみたいで、

どの世代からも支持されるという事実です。

コラムにも次のように書いてありました。

 

『 ~(略)~ そんな彼女たちも今では、

 アイドルのコンサートにせっせと通う孫を持つ年代になっているかもしれない。

 今宵(こよい)は久しぶりにアルバムに耳を傾け、

 青春の日々を懐かしむのだろうか。』

 

さて、私も今宵は、久しぶりに、

「ザ・ロング・エンド・ワインディング・ロード」を聴くことにしましょうか…。

話はガラッと変わりますが、ビートルズを生んだ英国は、

これからまさに、「ザ・ロング・エンド・ワインディング・ロード」を

歩んでいくように思われます。