しんちゃんの老いじたく日記

昭和30年生まれ。愛媛県伊予郡松前町出身の元地方公務員です。

母の命日に思うこと

7月7日、七夕の今日は、母の命日です。

平成8年に亡くなってから、早いもので今年で20年が経過しました。

 

慢性気管支喘息の持病があった母は、

おそらく突然の発作で呼吸困難になり、息を引き取ったものと思われます。

20年前の7月7日の未明に、

隣の部屋で寝ていた父が、母の異変に気がついたときには既に手遅れだったようです。

私は当時、勤務地の八幡浜市に在住していて、

父からの悲痛な電話を受けたのを、昨日のことのように思い出します。

 

母が亡くなってから、ずっと消えない後悔は、

死に目に会えず、最期の会話を交わすことができなかったこと……。

このことについては、いつの日か、あの世で母と再会したときに、

積り積もった話をしようと思っています。

 

そして、もう一つ残念なことは、

私の孫娘、母にとっては曾孫娘に会わせることができなかったこと……。

当時、小学5年生だった私の娘を、目に入れても痛くないほどかわいがっていた母。

今生きていれば、もっともっと私の孫娘をかわいがっていたと思います。

 

さらに、最近しみじみ思うことは、

母が亡くなってからの20年間、父は父なりに、よく頑張ってきたということです。

私達夫婦と今の家で同居するまでの約8年間、父は一人暮らしを経験しました。

 

そして、それよりもさらに頑張ってきたのは私の妻でしょうか…。

時には父にボロクソに言われながら、

頑固で融通の利かない父の面倒をよくみてくれたと思います。

長男の妻に嫁いでいなければ、これほど苦労することもなかったと思うと、

面と向かっては言えないけれど、実は心の中ではとても感謝しているのです。

 

その私も、母が亡くなった歳である62歳に近づいてきました。

書きかけの「エンディングノート」が充実したものとなるように、

残りの貴重な人生を、できる限り大切に生きて行こうと思っています…。

 

コクヨ エンディングノート もしもの時に役立つノート B5 LES-E101

コクヨ エンディングノート もしもの時に役立つノート B5 LES-E101

 

 

 

 

 

広告を非表示にする