読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しんちゃんの老いじたく日記

昭和30年生まれ。愛媛県伊予郡松前町出身の元地方公務員です。

幸せな世代

今日は参院選挙の投票日でした。天気が雨でなくてよかったです。

私は午後4時前に投票に行き、その足で西の海岸に海を見に行きました。

繰り返す波音を聴いていると、不思議と心が和みます。

こうして海を見に来たのは、随分と久しぶりのような気がします。

さて、昨日は、BSジャパンの

『あの年この歌スペシャル~今でも聴きたい!

 60~70年代フォーク&ニューミュージックベスト30」』を観ました。

40代以上の男女1000人にアンケートした結果は、

1位はイルカの「なごり雪」、2位は中島みゆきの「時代」、

3位はかぐや姫の「神田川」というものでした。(私の予想もほぼ同じでした。)

ベスト30入りした曲は、どの曲も名曲中の名曲なのですが、

井上陽水さんの曲(「傘がない」や「夢の中へ」)が一曲もなかったのは、

意外といえば意外でした。

番組を観ていて、印象深い言葉がいくつかありました。

その一つは、音楽評論家の富澤一誠さんが言われていた

『「なごり雪」の詞は純文学である。』という言葉です。

この詞は、かぐや姫伊勢正三さんが、たった1日で創ったそうです。

もう一つは、番組コメンテーターの坂崎幸之助さんが言われていた

『40年、50年経っても、皆から支持される曲と

同じ時代を生きてきたのは、とても幸せなことだと思う。』という言葉です。

(うろ覚えなので、正確でないかもしれません…ゴメンナサイ)

坂崎さんは私より一つ年上なので、ほぼ同じ時代を私も生きてきました。

ですから、坂崎さんの言葉には、とても共感を覚えます。

フォーク&ニューミュージックが全盛期の時代に、

青春の日々を過ごしたのは、本当に幸せな世代だと思っています。

今日、投票に行かれた18歳と19歳の新有権者の皆さん…。

皆さんの世代も、40年、50年後に、

「幸せな世代」だったと、振り返って言えるようになればいいですね…。

いや、きっと、そうなっていると思います。