読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しんちゃんの老いじたく日記

昭和30年生まれ。愛媛県伊予郡松前町出身の元地方公務員です。

情けを揺さぶる政治

最近、本屋をのぞいてみると、田中角栄氏の本が目立ちます。

「なぜ今頃?」と不思議に思っていたところ、

今日の日経新聞「風見鶏」に、『角栄ブームが鳴らす警鐘』という

大変興味深い記事が掲載されいました。

 

角栄氏が亡くなられてから22年余り。

角栄氏の負の記憶が薄れていく面はあるけれど、何に魅せられるのか。」

記事では、現職政治家3人のコメントが紹介されていました。

 

まず、石破茂地方創生相です。

・膨らむ国の借金や少子高齢化が進むのを見て、将来を不安に感じる人が多い。

 「世の中が変わっていくぞ、と光が差す明るさを人々は求めている。

 自民党も安倍政権も支持率は高いかもしれないが、角さんのような開けっ広げな、

 ざっくばらんさはない。」安倍首相を庶民とは違う「貴種」に分類する。

 

次に、民進党馬淵澄夫国土交通相です。

・「庶民の暮らしに根付く喜びを大切にする

 人間味あふれる政治に国民は飢えている」とみる。

 国民の痛みをどう背負うかという政治家の覚悟を

 安倍政権から感じられないだけでなく、

 旧民主党政権でも感じられなかったと自省する。

 民進党など野党を含めた政治全体への告発と受け止める。

 

最後に、生活の党の小沢一郎共同代表です。

・「田中先生がキャッチフレーズに掲げた『決断と実行』が

 いまの社会に欠けている。精神的な不安定さといえるかもしれない。

 強いリーダーシップに引かれている」と解説する。

 

そして、記事は、次のように結んでいました。

角栄氏を懐かしむ民意からくみ取る教訓はないだろうか。

 角栄ブームはいまの政治に警鐘を鳴らしている。』

 

う~む……、私が思うに、

国家財政の悪化や脆弱な社会保障体制などもあって、

政治家が「実現可能な夢と希望を語ることができなくなった」

からではないでしょうか……?

 

そういえば、かつて読んだ『田中角栄~戦後日本の悲しき自画像』

(早野透著:中公新書)の帯紙には、

戦後民主主義の中から生まれ、

民衆の情けを揺さぶり続けた男の栄光と蹉跌』と書かれていました。

「民衆の情けを揺さぶり続ける」のが、今の政治に欠けているのかもしれません。

(偉そうなことを書いてゴメンナサイ……)

 

さて、Kちゃん、昨日はコメントありがとうございます。

夫婦仲睦まじくて羨ましい限りです。

筋肉隆々となったKちゃんとの再会を楽しみにしています。