読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しんちゃんの老いじたく日記

昭和30年生まれ。愛媛県伊予郡松前町出身の元地方公務員です。

健康とお金の共通点

今月8日付け日経新聞電子版「定年楽園の扉」の

『老後の二大不安~健康とお金の共通点』という記事がとても参考になりました。

 

経済コラムニストの大江英樹さんは、

誰もが考える老後の不安に「健康」と「お金」という

2つの大きな問題があるけれども、

びっくりするくらいよく似ていることに気が付くと

次のように述べられています。

 

①どちらも人にとって大事なもの

②手に入れるために多くの人が努力する

③どちらの分野も専門家がいて発言しているが、かなりいい加減なものも多い

④本来は手段なのに、往々にして目的と化す

⑤どちらも誰もが不安を持っているので、それにつけこんだ商売が後を絶たない

⑥どちらも死んだら役に立たない

 

大江さんご自身はというと、

「どちらも唯一無二の最適解はなく、答は人によって異なる」というのが、

最大の共通点だと考えられていて、そのうえで、健康の場合は体調、

お金に関しては経済環境によって対処の仕方は全く異なり、

「これが一番いい」とか、「この方法しかない」と信じ込むことは極めて危険で、

どちらの分野についても、「原理主義者」になってはいけないと述べられています。

 

さらに、特にシニア層の場合はより注意が必要で、

若いときであればいろいろ試してみてうまくいかなくても

リカバリーができるけれども、ある程度の年齢になってくると

失敗したら取り返しのつかないことになりかねず、

それだけに頭を柔らかくし、柔軟に考えることが必要だと指摘されています。

 

う~む、なるほど……。

ところが、この「頭を柔らかくし、柔軟に考える」ことが、

私の最も不得意とするところなのです。

 

そして、大江さんのコラムの最後は、次のような文章でした。

『健康もお金も自ら納得できることが重要で、自分に合ったものだけを

地道に実行していくことが最も大切なこと。』

 

はぃ、分かりました……。

「地道に実行する」ことなら、不器用な私でもできるかもしれません。