読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しんちゃんの老いじたく日記

昭和30年生まれ。愛媛県伊予郡松前町出身の元地方公務員です。

自分を見つめ直す機会

昨日から一泊二日の日程で、山口市湯田温泉に行ってきました。

当地で開催される会議出席が目的で、往路も復路も福岡空港経由でした。

再就職してから初めての出張でしたが、とても有意義な旅となりました。

以下、昨日からの行動を日記に書き残しておきます。

 

まず昨日は、会議終了後に懇親会があり、それが終了したのが午後8時でした。

宿泊先のホテルには、地下と屋上にそれぞれ浴場があって、

温泉好きの私は、それぞれの浴場を梯子しました。

屋上から見た温泉街の夜景は、とても情緒豊かでした。

 

今朝は、もちろん朝風呂へ……。

さっぱりした気分で食べる朝食は、また格別のものがあります。

山陽新幹線で博多に着いたのが午前10時。

午後3時過ぎの飛行機まで時間があったので、迷った挙句に太宰府へ。

太宰府参拝後は、九州国立博物館の常設展示を観てきました。

 

太宰府は、中国や台湾の団体観光客で賑わっていて、

自分が海外旅行に来たような錯覚を覚えたほどです。

でも、どうして太宰府は中国系の人に人気があるのかしら…?不思議です。

太宰府でおみくじを引くと、くじ運の悪い私が、なんと「大吉」でした。

そのおかげで気持ちまで前向きになれそうで、こちらも不思議といえば不思議です。

九州国立博物館の展示物には圧倒されました。

時間に余裕がなくて、駆け足でしか観ることができなかったのが残念でした。

 

さて、今回の出張は、上司の「ピンチヒッター」でした。

湯田温泉大宰府は、何十年かぶりに訪れましたが、

最初に来た時の印象を全く思い出すことができませんでした。

観光地に再び人を呼び戻すことの難しさを痛感した次第です。

 

とはいえ、非日常としての旅は、それがたとえ仕事がらみであっても、

自分を見つめ直す、絶好の機会であったことは間違いありません。