読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しんちゃんの老いじたく日記

昭和30年生まれ。愛媛県伊予郡松前町出身の元地方公務員です。

おわりよければ……

雑記・雑感

今日から12月です。

 

「おわりよければすべてよし」という言い習わしがあります。

平成28年が良い年だったと、あとで振り返って言えるように、

今年最後の一月(ひとつき)を良い形で締めくくりたいものです。

 

そういえば、今月24日の朝日新聞「折々のことば」は、

「おわりよければすべてよし」という言葉で、

鷲田清一さんの次のような解説があったことを思い出しました。

『結果さえよければ、途中どんなやり方でもよい、というわけではないと思う。

 目的が達成されれば、その手段も追って正当化されるというものでもないと思う。

 子育てでも介護でも仕事でも、人生に誰にも通じる正しいやり方があるわけでない。

 誰もが正解が見えないまま、必死でそれに取り組む、

 そして「ああ、終わった」とさらりと言えたときはうまくいったのだ、たぶん』

 

さて、「必死でそれに取り組む」といえば、

私が自分のお弁当を作るようになってから約5か月になります。

「作る」といっても、おかずは「昨晩の残り物」か「冷凍食品」で、

ほとんどは電子レンジで「チン」するという簡単・単純な作業です。

 

ところが、不器用な私は、その簡単・単純な作業でさえ時間がかかるので、

今は起床時間も、午前5時30分から10分早めて午前5時20分にしています。

でも、最近は、日曜日に三日分ぐらいの卵焼きを焼いて、

冷蔵庫に保存しておくとか、夕食後におかずの作り置きをしておくとか、

時間短縮の要領を覚えるようになりました。

実際、今日のお弁当のミックスベジタブル入りスクランブルエッグは、

昨日の夕食後に作ったものです。

 

子育て、介護、仕事に限らず、毎朝のお弁当づくりも、

「誰にも通じる正しいやり方があるわけでない」ということです…。

あぁ~、それにしても、再就職してから

自分でお弁当を作るようになるとは、現役の時には夢にも思いませんでした。

定年退職後の人生は、決して「楽園」ではありません……。