読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しんちゃんの老いじたく日記

昭和30年生まれ。愛媛県伊予郡松前町出身の元地方公務員です。

心に残る処世訓

今日は終日、冷たい雨が降り続きました。この雨もいつかはやむのでしょうね…。

さて、昨日の続きです……。

 

倉嶋厚さんの『やまない雨はない』(文春文庫)を購読したのは、

今年10月23日の日経新聞「こころの健康学」に掲載された

大野裕先生の次のような文章を読んだのがきっかけでした。

 

『以前、問題が複数あるときには「縦に並べることが大事だ」と、

 お天気キャスターだった倉嶋厚さんに教わったことがある。

 倉嶋さんは、妻を亡くした後に重いうつ病になり、

 その体験を書いた『やまない雨はない』(文春文庫)がベストセラーになったので

 知っている人も多いだろう。』

 

この記事に関し、私は同日付けのこの日記で、次のように書きました。

『う~む……。これは意外でした。私はこれまで、職場の上司や先輩から、

 「たくさん問題があるときは横に並べて、どれを優先すべか、

 どれからを手を付けるべきか、考えるべきだ」と教わってきました。

 だって、問題を縦に並べてしまうと、

 一番下に埋もれてしまった問題を、いつの間にか忘れてしまいそうですもの…。

 しかも、それが案外、緊急かつ重要な問題だったりして……。 

 あぁ、そうか……。大野先生が言われているのは、

 問題に優先順位をつけるまでは横に並べて、

 優先順位が決まったら縦に並べて、シングルタスクに行動することなのかな…?

 横に並べて優先順位もつけないまま、あれもこれも同時に問題に手を付けることが、

 一番非効率なのかもしれません。』

 

そして、今回、この本を読了して、倉嶋さんの発言の趣旨が理解できました。

倉嶋さんは、お父さんが残された処世訓として、次のように書かれていたのです。

『病気がちで引っ込み思案だった私は、17、8歳の頃、

 ひどい神経症に苦しんでいました。そのとき父は、

 「なあ厚、お前の心配ごとを縦に並べてみられないか」と言って、

 紙に一本の縦線をひきました。私が今悩んでいることをひとつずつ聞き出して、

 いちばん差し迫った問題をいちばん上に書き、

 すべての心配ごとを順々に並べて見せました。

 「いまのお前は横に並んだたくさんの心配ごとに攻め立てられて、

 何もしないでおびえているだけだ。でも、縦に並べれば当面の敵は一人。

 まずはそれと闘えばいい。その先は心配するな。

 最初の問題について全力を尽くしてやってみろ。そして、さらには次の問題と闘え。

 闘い続けておまえが敗れたら、それはそれで仕方がないじゃないか。」

 私はその話をよく講演で披露していたのです。』

 

「問題は縦か、横か?」。10月23日のこの日記のタイトルです。

これで私の心配ごともひとつ解決できました……。

それにしても、心に残る処世訓ですね。