読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しんちゃんの老いじたく日記

昭和30年生まれ。愛媛県伊予郡松前町出身の元地方公務員です。

見方を変えれば

1月20日にトランプさんがアメリカ大統領に就任して以降、

マスコミやシンクタンクなどが、日本や日本経済に与える影響等についての、

論考や論評、レポートなどを公表しています。

 

私には、どれもこれから起きることを正しく予想しているようで、

また、逆の言い方をすれば、

一体、どの情報が正しくて信用して良いのか分からず、混乱している自分がいます。

そんななか、みずほ総合研究所が今月24日に公表した

『「トランプ政権誕生」、日本はどうすべきか』というレポートで、

チーフエコノミストの方が書かれた次の箇所の記述は、

ある意味、目から鱗の思いで読みました。

 

『筆者は「米国は世界の警察官ではない」と明言したオバマ政権が

 実は最もアメリカ第一主義であり、

 その結果、世界中の地政学的不安を高めたと考えている。

 それに比べ、今回、安全保障分野は中東で軍事作戦等、

 経験豊富な元軍人を指名したのは安心材料だ。

 また、リーマン・ショック直後に就任し

 金融中心に規制強化・反ビジネスであったオバマ政権と比べ、

 今回はCEO経験者を中心にプロビジネスの実務家政権になったことは

 経済にプラスであり、「富国強兵」の政権といえる。』

 

う~む、なるほど……。

「米国は世界の警察官ではない」と明言したオバマ政権が

実は最もアメリカ第一主義だったとは考えたこともなかったし、

政権中枢幹部の登用についても、親ロシアとか、対中国強硬派とか、

とかく批判的な評価が多いなか、

レポートの著者がプラスの見方をしていることには、正直驚きました。

 

物事は、見方を変えれば、その評価も変わってしまうものなのですね…。

いや、でも、待てよ…。歴史は勝者によって作られるという話もあります。

100年後、トランプさんは一体どんな評価をされるのでしょうね?

神のみぞ知る……なのかな?