読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しんちゃんの老いじたく日記

昭和30年生まれ。愛媛県伊予郡松前町出身の元地方公務員です。

変わるもの、変わらないもの

人生・プライベート

昨日9日の愛媛新聞に、

サラリーマン川柳30年~時代の悲哀 自虐で笑う』

というタイトルの記事が掲載されていて、過去の作品を懐かしい思いで読みました。

ちなみに、その記事の冒頭は次のような記述でした。

 

第一生命保険は、主催する「サラリーマン川柳コンクール」の

 30周年を記念し、これまでに寄せられた句を基に、

 サラリーマンの意識や職場環境の変化を分析した。

 バブル時代は過労を嘆き、2000年以降はIT化に困惑。

 10年ごろからは自由な部下に上司が気を使う内容が目立つ。

 嘆く対象は移っているが、変わらないのは自虐で悲哀を笑い飛ばす姿だ。』

 

そして、30年の時代背景と代表句を次のように紹介していました。

【1987年~99年】

 好景気時は「24時間戦えますか」が流行語に。

 バブル景気崩壊で給与カットとリストラの嵐

 ・頑張れよ 無理をするなよ 休むなよ

 ・職安に 君達が居て 僕が居た

【2000年~09年】

 IT化の波到来。「コストカット」「ノー残業」の号令の下、業務効率化が進む

 ・ムダ会議 どう減らすかで また会議

 ・ここですと 部下がクリック 電子決裁

【2010年~15年】

 「バワハラ」が社会問題化。部下に気を使う上司と自由な行動の若手社員

 ・叱らずに 育てた部下に 怒鳴られる

 ・頼みごと 早いな君は できません

 

文章が長くなりそうなので、

この日記では、紙面に載っていた全部の句を紹介できませんが、

あらためてどの句も名作だと思います。

この記事を読んでから、第一生命保険のHPを開いてみると、

「サラ川で振り返る日本経済」という小冊子が

ダウンロードして読めるようになっていました。

その冊子には、次のようなことが書かれていました。


『5・7・5の17文字に込められた想い。

 これまでに入選した作品をあらためて振り返ってみると、

 変わるもの、変わらないものがあるのだなぁと感じます。

 たとえば、「変わらないもの」は、夫婦の絆。

 どんなに世知辛い世の中で、夫婦の小言が川柳になっていても、

 そこには必ず優しい愛情が見え隠れしています。

 一方で「変わるもの」は、経済情勢や世相。

 そう、サラ川の30年の歴史を紐解くことは、

 日本の30年を振り返ることでもあるのです。』

 

う~む、なるほど……。30年の重みですね……。

でも、我が家では、夫婦の絆も「変わるもの」に該当しそうです。

「日本の30年」と同様、「夫婦の34年」も「激動の日々」でした…。(苦笑)