読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しんちゃんの老いじたく日記

昭和30年生まれ。愛媛県伊予郡松前町出身の元地方公務員です。

なくした詩集はいずこに

NHKテキストの100分de名著『中原中也詩集』を読了しました。

番組の指南役は作家の太田治子さんで、

また、番組の第3回、第4回では、ゲストに歌人穂村弘さんが登場されました。

 

高校生から大学生の頃、中也の詩がとても好きでした。

私の結婚披露宴の時には、親友が友人代表スピーチで、

「高校時代、中也が好きな人物であったこと」を、エピソードを交えながら、

出席者の皆さんに紹介してくれました。

親友は、私が中也を愛する、とても繊細な青年であることを言いたかったのか、

それとも、性格や行動に根暗な部分があることを言いたかったのか、

今となっては、その内容を思い出すことができません。

 

数多い中也の詩の中でも私が好きだったのは、「汚れちまった悲しみに」…。

 汚れちまった悲しみに 今日も小雪の降りかかる

 汚れちまった悲しみに 今日も風さえ吹きすぎる

 

番組指南役の太田治子さんは、

この詩の魅力を、テキストで次のように書かれていました。

『中也はこの詩の中で、悲しみの理由を具体的に明かしてはいません。

 そのために、読み手である私たちは、誰かの悲しみを思うと同時に、

 自らが抱える悲しみを投影することができます。

 そんな悲しみの上に、一面を白く包む小雪が降りかかっている。

 そう思うと、冷たいはずの小雪

 なぜか少し温かく感じられはしないでしょうか。

 絶望を歌いながらも心のどこかがポッと温かくなるような、

 ある種の救いが常にあります。そこが中也の詩の大きな魅力です。』

 

う~む、なるほど……。

言われてみると、まことにもってそのとおりだと思います。

ただ、今回、テキストを読了して、残念なことを二つ思い出しました。

その一つは、あれほど大切にしていた文庫版の中也の詩集が、

今は手もとに見当たらないこと。

もう一つは、昨年10月に、山口市湯田温泉に出張に行ったのに、

時間がなくて、中原中也記念館に立ち寄れなかったこと。

 

いつかきっと、若かりし頃の「自分」に出会うため、

記念館を訪れてみたいと思います。

 

中原中也詩集 2017年1月 (100分 de 名著)

中原中也詩集 2017年1月 (100分 de 名著)