読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しんちゃんの老いじたく日記

昭和30年生まれ。愛媛県伊予郡松前町出身の元地方公務員です。

言葉を愛した作曲家

今日は風がとても強い一日でした。

こんな日のバイク通勤は、強風で横転しそうで、恐怖に近いものがあります。

 

さて、今月19日の産経新聞産経抄」は、

作曲家・船村徹さんの追悼コラムでした。

84歳で他界した船村さんは言葉を愛した人でもあったとのことで、

コラムでは船村さんの、次のような言葉が紹介されていました。

 

 ・作曲家は、人間のひだの中をはいつくばっているような生業(なりわい)だ。

 ・歌は言葉が命。歌詞を何百回も読み込め。メロディーはおのずと生まれる。

 ・演歌、歌謡曲は日本人の血液だ。


船村さんが作曲された数多い曲の中で、

私がとりわけ好きなのは「矢切の渡し」です。

それも、細川たかしさんが歌う「矢切の渡し」ではなく、

ちあきなおみさんが歌う「矢切の渡し」をこよなく愛しています。

ちなみに、ちあきなおみさんが歌う船村さんの曲には、

「紅とんぼ」という、何回聴いても感動する名曲もあります。

 

なお、コラム本文には、先ほどの船村さんの言葉のほかに、

コラムニストの次のような名文がありました。

 ・大衆の中に机を置き、寝床を敷き、人生の機微、哀感を五線紙に乗せる。

  一つとして無駄な音符はなかったろう。

  5500曲を超える作品に、この人の香りがしみ込んでいる。

 ・「演歌、歌謡曲は日本人の血液だ。」も氏の言葉だった。

  供養はいるまい。人々に歌い継がれてゆく、幸せな曲たちではないか。

 

「演歌、歌謡曲が日本人の血液」だとしたら、

私の血液の中にも、その「DNA」がしっかりと流れています。

私は、懐かしいフォークやニューミュージックが大好きだけれど、

演歌や歌謡曲にも、「日本人に生まれてきてよかった」と思うほど、

底知れぬ魅力を感じています……。