読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しんちゃんの老いじたく日記

昭和30年生まれ。愛媛県伊予郡松前町出身の元地方公務員です。

ためられる人

今月4日の日経新聞電子版「週末スキルアップ塾」は、

『「ためられる人」になるための90日間プログラム』というタイトルの記事でした。

 

どうやら、90日間プログラムを始める前には、

「ためられる人」になるための「5つの心得」を覚えおく必要があるようで、

その内容が次のように書かれていました。

 

心得その1 「収入を増やす」よりも「支出を減らす」工夫をする

 ⇒ 節約は、やり方次第で楽しめる

心得その2 「なるべく貯める」ではなく、「〇カ月で〇万円貯める」と考える

 ⇒ 短期で達成できる具体的な目標を決める

心得その3 モノは「欲しいかどうか」ではなく、「必要かどうか」で買う 

 ⇒ 「必要かどうか」は「使用頻度」で考える

心得その4 「現金がなくてもカードがある」ではなく、  

      「カードは使わない」と決める 

 ⇒ 「固定費」以外の支払いでは使わない

心得その5 「いくら使った」よりも、「何に使ったか」を把握する

 ⇒ 理想の割合は「消費70%」「浪費5%」「投資25%」

 

次に、この5つの心得を踏まえた「90日プログラム」の

具体的な実践方法が記事には書かれていましたが、

私が意外に思ったのは、「一カ月目のメニュー」の一つに、

「本を読むこと」があったことです。

 

解説によると、

「本を読むこと」と「お金を貯めること」は関係ないように思いますが、

「学びの意識が高まる」と「お金も賢く使おう」と考えるようになるそうです。

 

う……む。(沈黙)  本当にそんなものなのかな…?

私は、趣味は…?と問われると、

「読書」と「スポーツ観戦」と答えるようにしています。

さほどに、「本を読むこと」が好きなのに、

「お金も賢く使おう」と考えたことが、ほとんどありません。

 

「学びの意識」が薄弱なので、お金も貯まらないのかもしれません…。(トホホ)