読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しんちゃんの老いじたく日記

昭和30年生まれ。愛媛県伊予郡松前町出身の元地方公務員です。

自分の心が楽しくなる

昨日は読書感想文が長くなりすぎて、

プライベートなことを書くことができませんでしたが、

町内の大型ショッピングセンター「エミフル松前」で献血をしました。

本人は気がつかなかったけれど、今回がちょうど30回目とのことで、

献血が終わった後に記念品をいただきました。

 

帰宅後、記念品の箱を開けてみると、

造形作家・多田美波さんのプロフィールとともに、

薄黄色のガラス製の盃(?…酒飲みの私には盃に見えます。)が入っていました。

その盃を見て驚いたのは、これと同じ形をした薄青色の盃が、

ずっと以前から食器棚のなかにあったということです。

 

今の今まで、この薄青色の盃を

どこで手に入れたのか思い出せないでいましたが、

これでやっと、この盃はほぼ間違いなく、

献血10回か、献血20回の記念にいただいたことが判明しました。

 

そして今回、献血をして改めて思ったのは、

献血車に従事する日赤の看護師さんたちの、応対のすばらしさです。

温かい言葉と優しい気配り、つまりはホスピタリティの高さに接するとき、

「あぁ~、今日は献血できてよかったな…」と清々しい気持ちになります。

 

なお、さきほどの多田さんのプロフィールには、

次のような文章が添えられていました。

『皆が幸せに生きて行ける世の中である様に

 少しでも人様の役に立ちたいと思うのは、誰しも同じでしょう。

 例え何かをしても、本当に人の為になっているという事が、

 はっきりしないものです。

 それを見ることが出来る様なものがあれば自分の心も楽しくなり、

 自信が湧いてくるのでは……とそんなものを作って見たいと思いました。』

 

そうそう、そうですよね…。

献血は、「自分の心が楽しくなる」という表現がピッタリですよね…。

私には、人様の役に立てるようなことがないけれど、

昨日いただいた盃を見て献血のことを思い出し、

そして、身体が健康である限り、献血運動に協力していきたいと思っています。

(若い方のように血液に元気がなくてゴメンナサイ…。(笑))