読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しんちゃんの老いじたく日記

昭和30年生まれ。愛媛県伊予郡松前町出身の元地方公務員です。

夢多かりしあの頃

歌手のペギー葉山さんが今日12日午前、

肺炎のため83歳でお亡くなりになったそうです。

 

ペギーさんといえば、「南国土佐を後にして」という名曲があまりにも有名ですが、

私にとっては「学生時代」が、自分の人生における忘れ難い曲の一つで、

結局、確か昨年でしたか、NHK「思い出のメロディー」で、

この曲を歌われた元気なペギーさんを見たのが最後になってしまいました。

 

♬ つたのからまるチャペルで 祈りを捧げた日 

  夢多かりしあの頃の 想い出をたどれば 

  なつかしい友の顔が 一人一人浮かぶ

  重いカバンをかかえて かよったあの道

  秋の日の図書館の ノートとインクの匂い

  枯葉の散る窓辺 学生時代

      ~(略)~

  本棚に目をやれば あの頃読んだ小説

  過ぎし日よ私の 学生時代

      ~(略)~

  テニスコート キャンプファイアー

  なつかしい 日々は帰らず

  素晴らしいあの頃 学生時代

  素晴らしいあの頃 学生時代

 

「学生時代」と一口に言っても、

私はこの曲を聴くと、いつも高校生の頃を思い出します。

私の母校には立派なイチョウの大木があって、

この歌詞のように、秋には校舎の窓辺から

黄色い枯葉のじゅうたんを見ることができました。

 

また、高校二年生の夏の修学旅行では、

キャンプファイアーを囲んでフォークダンスを踊りましたが、

大好きな彼女の手を握ったときの胸のときめきは、

今でも昨日のことのように思い出すことができます。

 

夢が多かりし私の学生時代(高校時代)……。

ペギーさんがお亡くなりになっても、この「学生時代」という名曲は、

甘酸っぱい思い出とともに、いつまでも私の心の中で生き続けます……。