しんちゃんの老いじたく日記

昭和30年生まれ。愛媛県伊予郡松前町出身の元地方公務員です。

嬉しいニュースが飛び込む

今日は朝から、とても嬉しいニュースが飛び込んできました。

そのニュースを伝える、日経新聞デジタル版の記事は、次のような内容でした。


『ゴルフのマスターズ・トーナメント最終日は11日、

 米ジョージア州オーガスタ・ナショナルGC(パー72)で行われ、

 松山英樹が4バーディー、5ボギーの73で通算10アンダー、278で日本勢として初優勝を飾った。

 29歳の松山は通算10度目の挑戦で、日本ゴルフ界の悲願を達成した。

 全英オープン全米オープン、全米プロ選手権を含めた男子ゴルフの四大メジャー大会で

 日本人が優勝するのは初めて。

 1980年全米オープン青木功、2017年全米オープンの松山の2位が過去最高順位だった。

 マスターズでは01年の伊沢利光と09年の片山晋呉の4位が最高で、

 松山は15年の5位がこれまでの自己最高順位だった。アジア人としてもマスターズ制覇は初めてとなる。』


ご案内のとおり、松山英樹さんは、愛媛県松山市の出身です。

愛媛県では新型コロナウイルスの感染拡大に歯止めがかからず、

4月21日に予定されている松山市内での聖火リレーについて公道での走行が取りやめになるなど、

重苦しい雰囲気の日々が続いています。

そんな、気持が落ち込みがちになるなかでの、この嬉しいニュース‥‥。

久しぶりに、目の前の視界がばっと開けたような、前向きな出来事に接することができました。

快進撃は続く‥‥

昨日、そして今日と、「阪神」対「DeNA」の試合をテレビで観戦しました。

試合の結果は、昨日が「4」対「0」、今日が「3」対「2」で、いずれも阪神の勝利でした。

春の珍事のような快進撃が続いています‥‥。


毎年、梅雨が訪れる頃には、ほぼシーズンが終了していた我が阪神タイガース‥‥。

ところが、今日時点で、阪神は11勝4敗で、正々堂々、セ・リーグ首位の座をキープしています。

愛媛県出身の秋山選手、今年は好調な藤波選手など、先発投手陣が安定しているほか、

新人の佐藤選手や中野選手の活躍が、チームを勝利に導いているように感じています。

この調子なら、今年は「夏の甲子園」が始まる頃までは、優勝という淡い期待を持てそうな雰囲気です。

どうか、自虐的な阪神ファンの期待を裏切らないでくださいね‥‥。(苦笑)


追記

今日の夕食は「クラシル」のレシピ、「もやしと豆苗の豚巻きレンジ蒸し」に挑戦しました。

とてもおいしく出来上がって、父と妻にも好評でした。

とてもワクワクしています

ビデオに録画していた、先月11日放送の「カンブリア宮殿」を視聴しました。


今回の経済人は、「dely」社長の堀江裕介さんで、

番組HPには、次のような紹介文が掲載されています。

『"おうち料理"の機会が増える中、日々のメニュー作りの救世主となっているのが

 レシピ動画サービス「クラシル」だ。

 簡単に美味しい料理を作ることができるという動画を4万件掲載し、

 ここ数年で誰もが知る存在となった。

 そんなサービスを作り上げたのは、まだ28歳の堀江裕介社長。

 いま注目を集める、レシピ動画で世界一となった若き経営者の挑戦を追う。』


そして、「編集後記」では、村上龍さんの、次のようなコメントがありました。

『堀江さんは「挑戦しないことはダサい」という姿勢で生きてきた。

 野球に打ち込んだ高校時代も、慶応大環境情報学部在学中も、

 フードデリバリー事業をスタートさせたときも、常に全力で考え抜いていた。

 料理レシピ分野に参入するときも「動画」ならば自分たちが先行できると気づいた。

 動画の画質にもこだわった。

 「コンテンツに優位性はない、コンテンツは群れとなってこそ意味がある」

 正しい。こんなに正しいことを言う若い人に久し振りに会った。』


番組を観ていて、堀江社長の経営理念は、

今話題の、渋沢栄一翁の思想に通じるものがあると感じました。

番組のおかげで、志が高く、清々しい、将来性のある若い経営者の存在を知ることができました。


追記

番組を視聴して、さっそく「クラシル」のアプリをインストールしました。

レシピを1分間の動画で配信するというアイデアは、

料理という日常不可欠な作業を、一気に親しみのあるイベントに変えてしまう力があると感じました。

私の数少ない料理のレパートリーも、これからどんどん増えそうで、今はとてもワクワクしています。

口で言うほどたやすくない

今日は、午前中は、求職申込みと雇用保険の受給手続きのためハローワークに、

そして、午後からは、新しい健康保険証が協会けんぽから届いたので、

全額自己負担していた医療費と薬代の返還手続きに、かかりつけ医と薬局に行ってきました。


午前中に行ったハローワークは、多くの人で混雑していて、

午前10時前に手続きを開始して、その手続きが無事に完了したのは午後1時前でした。

手続きの途中で、お昼休みのチャイムが鳴ったけれど、

私の目の前の執務風景は、全く変わることがありませんでした。

職員の皆さんは、いつ、お昼ご飯を食べていらっしゃるのか、

働き方改革」が叫ばれているなか、ちょっと違和感を覚えた次第です‥‥。


折しも、愛媛県では、新型コロナウイルスの急速な感染拡大を受け、

県内を最大警戒レベルの「感染対策期」に引き上げるとし、

今月21日まで県内全域で外出や人との接触、会合の機会を減らすよう呼びかけるとともに、

特に、松山市民には日中を含めた不要不急の外出自粛を求めているところです。


ただ、私は、今日訪れたハローワークで、職を求める人々の真剣な眼差しや、

対応する職員の皆さんの真摯な姿を見て、

外出自粛がままならない多くの人々の存在に、今更ながら気が付いた次第です‥‥。


誰が、何をもって「不要不急」と判断するのか‥‥。

「日常」を懸命に生きる人々の行動を制限するのは、口で言うほどたやすいことではありません。

「対極をバランスする」という思考法

NHKテキストの100分de名著『論語と算盤~渋沢栄一』を読了しました。

テキストの執筆者は、作家で中国古典研究家の守屋淳さんです。

すでに守屋さん執筆の『現代語訳 論語と算盤』(ちくま新書)を読んでいたので、

復習のような感じですんなりと読むことができました。


テキストのなかで守屋さんは、「論語と算盤」は、対極にある二つの価値観を混ぜ合わせて、

ある意味「不純」にしているからこそ、社会でより多くの人を取りこぼすことなく、

抱え込むことができる、と書かれていました。

渋沢には「対極をバランスする」という思考法があるとのことでした。

それは、中国の伝統的な「陰陽」という思考法に行き当たるそうで、読んでいてとても勉強になりました。


『「対極にあるものを両立させる」という考え方は、

 その淵源をたどると中国の伝統的な思考法に行き当たります。分かりやすいのが、陰陽という考え方。

 陰陽では、世界は陰と陽という対立する要素のバランスによって成り立っていると考えます。

  ~(中略)~

 また、四書五経の一つである「書経」は、優れた指導者の条件として、

 次のような対極的な要素をバランスさせることを挙げています。

 ・寛容でありながら、厳しい一面がある。・柔和でありながら、芯が通っている。

 ・慎重でありながら、ものごとの処理が機敏。・有能でありながら、相手を見下さない。

 ・従順でありながら、意志が強い。・直情でありながら、心は温かい。

 ・大まかでありながら、筋は通す。・決断力に富みながら、思慮深い。

 ・行動力がありながら、善悪のケジメはわきまえている。

 (寛にして栗(りつ)、柔にして立、愿(げん)にして恭、乱にして敬、擾(じょう)にして毅、

 直(ちょく)にして温、簡にして廉(れん)、剛にして塞(さい)、彊(きょう)にして義)』


なお、テキストの最後に守屋さんは、

「渋沢の人生に学び、対極にある価値を両立させる力をつけ、

 社会を俯瞰する視点を持つことで、私たちは社会をより良くしていくことができるかもしれません。」

と述べられていました。

新一万円札を見るたびに、テキストで学んだことを思い起こしたいと思います。