しんちゃんの老いじたく日記

昭和30年生まれ。愛媛県伊予郡松前町出身の元地方公務員です。

自由で開かれた国

安倍元総理の国葬が、無事に終了したようです。

このときの世相というものを記憶しておくため、今日の日経新聞一面コラム「春秋」を記録として、

その全文を次のとおり、この日記に書き残しておこうと思います。


日本武道館を抱える北の丸公園の一角に、吉田茂元首相の銅像がある。

 戦後初の国葬後に建てられ、木立の間で静かにたたずんできた。

 それがここ数日、急に身辺が物々しくなった。警官が絶えず見回り、ヘリが舞う。

 近くのお堀には警視庁のダイバーが潜っていった。

 とられた警備態勢は吉田氏の倍以上という。列島を震わせた銃声から2カ月余、

 戦後2例目となる安倍晋三氏の国葬が厳戒下で営まれた。

 会場の武道館だけでなく、北の丸公園全体が前夜から封鎖された。

 賛否は割れ、出欠に絡む諍(いさか)いが続いた。

 心穏やかに悼むのが葬送の本旨なら、そこから隔たった空気ではなかったか。

 「政治には凡(すべ)て『勘』の働きが大事である」と吉田氏は書いた(「大磯随想」)。

 国葬を巡るこの間の岸田文雄首相の勘はどうだったか。

 葬儀委員長として述べた弔辞は、思いがこもって染みいる印象だった。

 他方、不十分な説明は世論に亀裂を刻んだままだ。

 それを癒やす決意の言葉は、いまだ十分には語られていない。

 ワンマンといわれた吉田氏も、民主主義には互いの敬意が重要だと考えていた。

 意見は違っても「共通の広場が必要なのである」と書いている。

 国会でも日常生活の場でも、同じ土俵で真摯に語り合う機運が衰えたように感じる。

 ステッキをつき武道館を背にした銅像の目に、きのう一日の日本社会はいかに映っただろう。』


昨日、この国葬について、妻といろいろな感想を述べ合いました。

普段、会話の少ない私たち夫婦としては、きわめて稀な出来事です。

お互いの感想の共通点としては、とにかく何事もなく終わってよかったこと、

反対の意見があり、その意思表示のデモを行っても、どこかの国のように拘束されることもないこと。

日本という国は、なんだかんだと言いながらも、「自由で開かれた国」なのかもしれません‥‥。


さきほどのコラムには、「民主主義には互いの敬意が重要」「共通の広場が必要」という、

吉田茂元総理の考えやその言葉の引用がありました。

まずは家庭という「共通の広場」での「夫婦間での互いの敬意」が、その最初の一歩のような気がします‥。

今日よりも明日‥‥

午前9時台に、激しい雨が降りました。

このまとまった雨はこちらでは、水不足の心配を解消する、恵みの雨になったと思います。


さて、今日は午後2時から日本武道館で、安倍元総理の国葬が執り行われました。

テレビ画面に映る安倍元総理の遺影に向かい、私も黙とうをし、改めてご冥福をお祈りしました。

国葬では、岸田総理が葬儀委員長として、また、菅前総理が友人代表として、

それぞれ「追悼の辞」を述べられました。どちらも真心のこもった「お別れのことば」だったと思います。


お二人の「追悼の辞」では、岸田総理は、安倍元総理が防衛大学校の卒業式で使った

「勇とは義(ただ)しき事をなすことなり」という新渡戸稲造の言葉を、

菅前総理は、山県有朋が長年の盟友、伊藤博文に先立たれ、故人をしのんで詠んだ歌という、

「かたりあひて 尽くしし人は 先立ちぬ 今より後の 世をいかにせむ」を、それぞれ引用されていました。


そして、私の心に最も響いたのは、菅前総理の

「あなたは今日よりも明日の方が良くなる日本を創りたい。

 若い人たちに希望を持たせたいという強い信念を持ち、毎日毎日、国民に語りかけておられた。

 そして日本よ、日本人よ、世界の真ん中で咲きほこれ。これがあなたの口癖でした。

 次の時代を担う人々が未来を明るく思い描いて初めて経済も成長するのだと。」という言葉でした。


この「今日よりも明日の方が良くなる日本を創る」というのが、与党野党を問わず、

政治家としての責務であり使命ではないだろうか、と思った次第です。


今回の国葬に際しては、反対意見が多かったことは承知していますし、

安倍元総理の「負の側面」が、検証不足や説明不足であったことは否定しませんが、

それでもなお、多くの国・地域の要人の方々が献花する姿をテレビ画面越しに見たとき、

国費を投じるに見合う、十分な「国益」があったのではないだろうかと、私は感じた次第です‥‥。

商店街再活性化の切り札は?

今日は、四週間に一度の泌尿器科病院の通院の日でした。


午前11時前頃に歩いた松山市銀天街商店街は、空き店舗が多く、行き交う人はまばらでした。

昔は、人をよけて歩かないといけないほど賑やかだったのに‥‥。

営業している店舗にしても、整体のお店とか、スマホの販売店とか、全国展開している飲食店とかで、

明屋書店をはじめ、昔からの馴染みのお店は、ほとんど姿を消してしまったようです。


これもコロナ禍だからなのでしょうか?

そうでないとしたら、商店街が再び活性化するような、「切り札」のようなものはないのでしょうか?

そんなことをあれやこれや考えながら歩いていた私です‥‥。


追記

陽が沈みかけた午後6時前、庭のヤマモミジから、なんとツクツクボーシの鳴く声が聞こえてきました。

にわかに信じがたい世界です‥‥。

時間の無駄遣い

町立図書館で借りてきた『ベストセラー炎上~妙な本が売れる変な日本』

(西部 邁、佐高 信著:平凡社)を読了しました。

サピエンス全史(下)と一緒に借りてきた本で、こちらの方を先に読むことにしましたが、

正直、実に後味の悪い本、大衆をバカにした本でした。身銭を切らなくて良かったです‥。


お二人の対談は、上から目線で、しかも口汚く、他者(著者)に対する最低限のリスペクトというか、

批評家としての最低限の品性というものが、私にはほとんど感じられませんでした。

我慢して最後まで読み切りましたが、時間の無駄遣いをしたように思います。

何十冊かに一冊の割合で、この手の「中身のない」悪書に巡り合うことがあります‥‥。


追記

本書の俎上に載せられているのは以下の本ですが、

こちらの方がよほどまともな本ではないかと思ったりもします‥‥。

勝間和代「断る力」 ・村上春樹1Q84」 ・内田樹「街場のメディア論」

竹中平蔵「「改革」はどこへ行った?」 ・稲盛和夫「生き方」

塩野七生「日本人へ リーダー篇」「日本人へ 国家と歴史篇」

久しぶりの散歩

日中、熱中症警戒アラートの発令が無くなったので、

今日は随分と久しぶりに、松前公園周辺を散歩してきました。

そして、その公園内の「子供広場」は、大勢の家族連れでにぎわっていました。


携帯電話の万歩計で4,000歩弱を歩いただけなのに、すごく疲れました。

運動不足解消と気分転換を兼ねて、秋の気配が濃くなるこれからは、

できるかぎり歩くようにしたいと思います‥‥。