しんちゃんの老いじたく日記

昭和30年生まれ。愛媛県伊予郡松前町出身の元地方公務員です。

政治は皮肉で冷酷なもの

今日の日経新聞「オピニオン」欄、「核心」の記事が興味深かったです。

芹川洋一・論説フェローは、菅政権崩壊の理由が、「政権成立の理由そのものの中にあった」として、

次のように述べられていました。


『‥‥第1は、無派閥だから生まれて、無派閥だから終わった政権という点だ。

 安倍前首相の退陣表明のあと派閥がすくみ合う中、菅氏が急浮上したのは、

 どの派閥も乗りやすい無派閥だったからだ。

 ところがその利点は政権を維持していくうえで徐々に弱みに変わっていく。

 ゆるやかな支持グループはあるもののほとんど力のない面々だ。

 官房長官や党執行部に、権力闘争のベクトルが同じ派閥やグループのメンバーはいない。

 調整は菅氏の個人的な関係に頼るしかなかった。支えるものなき悲劇である。

 第2は、官房長官だから首相になって、官房長官のままだったから終わった政権という点だ。

 内閣の大番頭として7年8カ月にわたって政権を支え、手腕を発揮していたため、

 突然の退陣となった前任者の後継者として党内外でもすんなり受け入れられた。

 しかし残念ながら、御厨貴東大名誉教授のことばをかりれば、官房長官から首相に化けきれなかった。

 「菅内閣には菅首相がいなかった」。ナンバー1と2ではおのずと立ち居振る舞いも発言も違ってくる。

 分を越えると悲劇が待っている。

 とくに安倍前政権のようなチームができなかったのが痛かった。政権はひとりでは回せない。

 しばしば「情報が首相にあがっていない」といわれた。コロナで外部との接触機会が減ったのも響いた。

 第3は、官僚との関係だ。内閣人事局ができて官邸が各省の幹部人事を

 チェックする仕組みとなったのだから、さまざまな面で関与するのは間違っていない。

 しかしやり過ぎはなかったか。

 安倍―菅政権で、霞が関が官邸からの指示待ち型になったと官僚OBをはじめ関係者は異口同音に指摘する。

 「意に染まない情報や望まない案をあげると機嫌をそこねて、けがをする」

 といったムードが広がったのは否定できないところだ。

 官邸主導人事だから官僚を掌握し、

 官邸主導人事だから官僚が動かなくなったという逆回転がここでもおこった。これも政権の悲劇だった。

 政権をうみだしたものや、権力の源となったものがブーメランとなって

 自らにはね返ってくる皮肉な展開になった。そして悲劇が悲劇をよぶ。‥‥』


う~む、なるほど‥‥。

「支えるものなき悲劇」「分を越えた悲劇」「やり過ぎた悲劇」ですか‥。

芹川さんは、この論評の最後に、「政治は皮肉で冷酷なものである」と書かれていました。

政治の本質を鋭く突いた言葉のように私は感じました。

最近の話題を二つ

今日は、最近の話題を二つ‥‥。


その一つ。

今年の4月から始まった、我が家のお隣のアパート建築工事は、数日前にほぼ完成しました。

空き家状態だった時には、庭がまるでジャングルのようになっていましたが、この変わりようです。

10月からは、新しい住民の方が入居されるのではないでしょうか。

伊予鉄道郊外線の駅まで徒歩で数分、エミフルMASAKIも近いので、すぐに満室になると思います。


二つ目。

我が家の玄関先に、先日から白い可愛らしい花が咲き始めました。

花オンチの私は、その名前を知りません。ネットで調べると、「タマすだれ」という花のようですね。

私が子供の頃から、家を新築した平成16年まで、この花はずっと我が家の庭の片隅で咲いていました。

そして、今も律儀に咲き続けています。私よりずっと、この土地のことをよく知っているのです。

f:id:miyoshi_s:20210916110827j:plainf:id:miyoshi_s:20210919104211j:plain

「自覚」が足りない‥‥

今日の日経新聞「読書」欄の「リーダーの本棚」は、翁百合・日本総合研究所理事長でした。

翁さんの座右の書は、河合隼雄さんの「こころの処方箋」とのことで、次のようなことを書かれていました。


『座右の書は河合隼雄さんの「こころの処方箋」です。

 気づきをくれる55の短編が載っていて、悩んだり迷ったりしたときに読んでいます。

 臨床心理学のたいへんな学者さんなのに「人の心などわかるはずがない」という章から始まっています。

 心と向き合うのは覚悟が必要なんだということを前提として、断定的ではなく、やさしい言葉で書いている。

 例えば「道草によってこそ『道』の味がわかる」という言葉は、

 目先のことにとらわれず、さまざまな経験や苦労が後で生きてくるということを教えてくれる。

 「二つの目で見ると奥行きがわかる」には、何事も客観的に見ていこうという気づきがあります。

 私は日本総合研究所の主任研究員だった1999年に、

 小渕恵三首相が設置した「21世紀日本の構想」という懇談会のメンバーに呼ばれましたが、

 この会議の座長が河合先生でした。気さくでユーモアがあって、しょっちゅう冗談をおっしゃっている。

 あたたかいお人柄の方でした。

 この本は「これが答えだよ」というものを出してくれるのではありません。

 でもめくっていくと、考えさせられるヒントがあります。

 30代で読んだときには分からなかった言葉が、いま読み返すと深いなあと思うこともあります。

 「100%正しい忠告はまず役に立たない」とか「うそは常備薬、真実は劇薬」とか、実に面白い。‥‥』


はぃ‥、私にとってもこの本は、「座右の書」とまではいかなくても、お気に入りの一冊です。

私が好きなというか、肝に銘じている言葉は、「男女は協力し合えても理解し合うことは難しい」。


『‥‥われわれは男女が互いに他を理解するということは、ほとんど不可能に近く、

 また、時にそれは命がけの仕事と言っていいほどのことであることを、よくよく自覚する必要がある。‥‥』

『‥‥男女が理解し合うということは実に大変なことであり、それは一般的に言って、

 中年になってからはじまると言っていいだろう。

 そして、難しさをよく自覚していると、少しの不理解で驚いたり、怒ったりするのではなく、

 それから迎える老年のために、あらたな気持で少しずつ努力を続けてゆこうという気にもなるだろう。』

河合先生は、このように述べられています。


言葉では理解できても、何年たっても、一向にあらたな気持で努力できない自分がいます。

自覚が足りないことを自覚しています‥‥。

切なくも堂々たる武道家の評伝

二段組で701ページもあった長編のノンフィクション

木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか』(増田俊也著:新潮社)を、

長い時間をかけて読み終えました。


先月21日付けのNIKKEIプラス1「何でもランキング」は、

「アスリートの軌跡 壮大な物語」というタイトルで、10冊の好著が紹介されていましたが、

その第二位が本書であり、次のような専門家の解説を読んで、迷わずにアマゾンで中古品を購入しました。


『「木村の前に木村なく、木村の後に木村なし」。

 戦前から戦後の15年間不敗のまま引退した無双(むそう)の柔道家でありながら、

 プロ柔道、プロレスへの転身を境に不遇に陥り、力道山との謎多き試合に敗れて以降、

 世間より忘れ去られた木村政彦

 その生涯を描いた長編は、伝説の男を「歴史の闇の奥から復権させた」(河野さん)。

 競技の分野を越えた壮大な昭和史ともいえる、と山本寿子さんは指摘する。

 取材執筆に18年かけ2011年に単行本発刊。

 ハングリーな時代の叙述が「とにかく濃厚」(太田千亜美さん)。

 著者の過剰な思い入れを指摘する声もあるが、

 その純粋な生き方ゆえに「いつの間にか木村の生涯に寄り添ってしまう」と青島さん。

 切なくも堂々たる武道家の評伝だ。』


小学生の頃、デストロイヤーと戦う力道山をテレビで観た記憶がありますが、

木村政彦という「武道家」の存在は、本書を読むまで知りませんでした。

専門家の皆さんが書かれているように、その壮大な人生の軌跡に圧倒された次第です。

もう一つ、本書を読んで収穫があったのは、「古流柔術から柔道」への流れを知ることができたことです。

柔道が柔術からスポーツへと「転身」した経緯がよく分かりました。


実は、この本とほぼ同時に、ランキング第一位の

『敗れざる者たち』(沢木耕太郎著:文春文庫)も購入しました。

積読本がいつの間にか増えていくメカニズムです‥‥。(トホホ)

政権奪取は「夢のまた夢」?

今日の日経新聞電子版によると、野田聖子幹事長代行が、自民党総裁選への出馬を表明されたそうです。

ということは、総裁選の出馬に必要な推薦人20人の確保ができたということですよね。

この推薦人に名前を連ねた、義侠心あふれる(?)先生方の名前を知りたいものです。


これで自民党総裁選は、岸田文雄高市早苗河野太郎、そして野田聖子

4人の著名な先生方の争いとなる構図が固まったことになります。

私個人としては、それぞれの「経済・財政政策」と「外交・安全保障政策」に注目したいと思っています。


いや、それにしても、こういう局面になると、途端に、

立憲民主党をはじめ、野党各党の存在がかすんでしまいますよね‥。

失礼な言い方かもしれませんが、悪夢のようなかつての民主党政権の「総括」に、

真剣に取り組まれてきたのでしょうか?このままでは政権奪取は、「夢のまた夢」だと思います。


ところで、話は変わりますが、昨日の「溜池通信・不規則発言」で「かんべえ」さんが、

『‥‥ちなみに衆議院選挙の時だけは「公示」。そうでないときは「告示」。間違えちゃいけませんぞ。』

と書かれていました。

「国会議員の総選挙の施行を公示すること」は、日本国憲法天皇陛下の国事行為とされていますが、

この「国会議員の総選挙」とは、衆議院議員の総選挙だけでなく、

3年ごと半数改選の参議院議員通常選挙も含むとされていますので、くれぐれもお間違えのないように‥。