しんちゃんの老いじたく日記

昭和30年生まれ。愛媛県伊予郡松前町出身の元地方公務員です。

変わりゆく時代の変わらない風景

「フーテンの寅さん」の映画を観ると、いつも決まって心が和み、幸せな気持ちになれるのはなぜなのか‥‥。

その気持ちを、上手に自分の言葉で表現することは、なかなか難しいものがありますが、

その気持ちを代弁してくれているような記事に出合うことができました。


今日の愛媛新聞「テレビ・芸能」欄に掲載された

「ニッポン娯楽映画縦断~第4部寅さんと日本人の半世紀」という記事がそれで、

次のようなことが書かれていました。


『‥‥第1作から第48作「寅次郎紅の花」(95年)まで、寅さんは日本全国を旅した。

 北は北海道から南は沖縄まで。

 全国各地からロケ誘致運動があり、結局行かなかったのが埼玉県、富山県高知県だけだった。

 寅さんは新幹線や飛行機には数えるほどしか乗っていない。

 トランク一つ下げて、在来線でのんびりと「風の吹くまま、気の向くまま」の旅を続けた。

 〝懐が旅先〟で木賃宿に泊まれないときには、神社の軒先や駅のベンチで寝ることもあった。

 山田監督と撮影の高羽哲夫は、経済発展により失われつつある各地の風物をフィルムに収めた。

 ぼくたちは、人情あふれる物語と同時に、

 変わりゆく時代の変わらない風景を、映画で体感することができる。

 寅さんが歩いた日本の姿は、昭和から平成にかけての日本人の生活の記録でもある。』


う~む、なるほど‥‥。

「変わりゆく時代の変わらない風景」を、私も映画で体験することができたのですね‥‥。

そうすることで、自分自身が生きてきた人生も、追体験することができたのですね‥‥。

なるほど、そうであるならば、繰り返し同じ映画を観ても、その魅力が色褪せない理由がよく分かります。

心根が言葉に艶を‥‥

今日の朝日新聞一面コラム「折々のことば」は、作詞家・阿久悠さんの

「もう少し人間がチャーミングに見える言葉が存在していいはずだし、

存在していた時代もある。」という言葉で、

いつものように鷲田清一さんの、次のような解説がありました。


『「書き下ろし歌謡曲」(1997年)から。

 「乾いた必要な言葉」さえあれば人間なんて結構生きていけると

 みなが証明しあっているような時代になじめないと、作詞家は言う。

 わずかなりともカッコよくありたいという心根が言葉に艶(つや)を与える。

 現代人は「等身大」をもて囃(はや)しながら、じつは「自分の大きさを見失っている」のではないかと。』


う~む、なるほど‥‥。

「わずかなりともカッコよくありたいという心根が言葉に艶を与える。」ですか‥。

なんとなく言葉の意味するところは理解できます。

でも、阿久悠さんが言われる「人間がチャーミングに見える言葉が存在していた時代」とは、

一体いつのことなのでしょう‥‥?


私は、たぶん、「明日は今日よりも良くなる」と信じることができた、

高度経済成長時代(概ね昭和30年から昭和48年)、

つまりは、「私が生まれてから高校生までの間」だと思うのだけれど‥‥。

「空っぽ」日本‥‥

三島由紀夫が世を去って今年で50年‥‥。

日経新聞の文化欄では、昨日から「三島由紀夫 50年後の問い」の連載が始まりました。

「三島は今に何を問うのか。」を、作家に深く心を寄せる表現者有識者に聞くシリーズで、

第二回目の今日は、社会学者の宮台真司さんでした。

『「空っぽ」日本 見抜いた目~「不動点」として考えた天皇』というタイトルで、

次のようなことが書かれていました。


『‥‥天皇をあらゆる日本文化の根源ととらえ、

 「文化概念としての天皇」の理念を説いた三島の「文化防衛論」(68年)は、

 論壇に波紋を起こした。

 政治思想史家の橋川文三は、三島の天皇主義は近代国家の論理と整合しない、

 空想的なものであると痛烈に批判した。

 「『天皇』とは単なる言葉でも人格でもなく、現人神としての存在であるということを、

 三島は自分の身をもって示すと答えた。

 そして特異な死を遂げることで、後々にまで残るシンボルとなり、

 後世を生きる人々に参照され続けることに賭けたとも考えられる」

 だが作家が身を賭して問うたものは今の若い世代にどれだけ響いているだろうか。

 反時代的とも受け止められるその思想を考える前に、作家その人を知ることが重要だろう。

 宮台氏はその入り口として、

 今年公開された映画「三島由紀夫VS東大全共闘」(豊島圭介監督)を挙げる。

 自決の1年前、約1000人の左翼学生を相手に

 三島が討論した一部始終を記録したドキュメンタリーだ。

 「イデオロギーは異なっても自分を討議に招いた学生らを三島は意気に感じ、

 言葉を尽くして対話している。こんな愛のある人に教えてもらえたらと思えるだろう」

 宮台氏は「50年前に三島が予言した通りの状況が今の日本にある」とみる。

 「人間は基本的に弱いことを三島はよくわかっていた。

 だから私たちが生きるための不動点を見いだせるように扉を開いてくれた。

 日本が『空っぽ』な限り、三島の問いは有効であり続ける」』


はぃ、私もこのドキュメンタリー映画を観ましたが、

当時の熱気が伝わってきて、とても迫力がある映像だったことを覚えています。

それぞれの思想は違っていても、相手をリスペクトしながら

真摯で、しかも緊迫感のある討論を、今の時代は聴くことができなくなってしまいました‥‥。


日本と日本人は、これからも「空っぽ」であり続けるのかもしれません‥‥。

「公正世界仮説」の落とし穴

朝日新聞デジタル版のオピニオン欄「耕論」は、有料会員しか読むことができない記事がほとんどで、

無料会員の私は読むことができず、時々、残念な思いをすることがあります。

今月9日に掲載された「感染を責める私たち」という記事がその一つでした。

ところが、この記事について、岡本全勝・元内閣官房参与が、

その抜粋をHPで次のように紹介されていて、とてもありがたく思った次第です。


『三浦麻子・大阪大学教授の発言から。

 ‥‥「被害者たたき」という現象で説明するのが分かりやすいでしょう。

 女性が夜間に通り魔事件に遭うと「深夜に出歩くのが悪い」と責められることがある。

 心理学では、本来守るべき被害者を非難する心の動きを「公正世界信念」という考え方で捉えてきました。

 世界には公正な秩序があると信じることで、私たちは安心して暮らせています。

 しかし「公正なはず」の世界で不運に陥る人を目の当たりにすると、大きな不安に襲われる。

 すると人の心には、「被害者は特別。正しく生きていればそんな目には遭わない」という

 いびつな事実認識をして、自分にとっての安定や秩序を取り戻そうとする力が働いてしまうのです。

 感染者のニュースを見て、「我慢せず遊びに行ったから」「なにか不注意があったはず」

 といった理由づけをしたことはありませんか。

 未知のウイルスなど予測不能な状況に直面したとき、

 人間はそこに架空でも何らかの因果関係を仕立てて理解しようとする。

 そうすることで自分を「守った」気持ちになるのです。

 これが、不運な被害者にもかかわらず、コロナ感染者を責めてしまう心のメカニズムです。

 しかし、その心の動きが「人間の性」であっても、それがむき出しとなり、

 誹謗中傷や差別という行為にまで至れば、感染者はより深い傷を負い、社会のつながりもずたずたになる。

 感染を隠す人が増えれば公衆衛生的にも悪影響です。‥‥』


はぃ、私も心当たりがなきにしもあらず‥‥。深く反省したいと思います。

ところで、「公正世界仮説」については、山口周さんが、『武器になる哲学』で、

次のようなことを述べられています。


『‥‥このような世界観(頑張っていれば、いずれは報われる)を頑なに持つことは、むしろ弊害の方が大きい。

 注意しなければならないのは、公正世界仮説に囚われた人が垂れ流す、

 「努力原理主義」とでも言うような言説です。』


子どもの頃、両親から「努力すれば報われる」と言われ続けた私こそ、最も心しなければなりません‥‥。

「納得」を基準に‥‥

今日19日の朝日新聞一面コラム「折々のことば」は、石井あらたさんの

「できる人と、できない人の間には、できるけど疲れる人がいるんだ。」という言葉で、

いつものように鷲田清一さんの、次のような解説がありました。


『学校でもバイト先でもそこでのあたりまえになじめず、

 和歌山県限界集落ニートたちの共同生活の場を営む石井さん。

 都会じゃない場所で、家族じゃない仕方で月々2万円弱で暮らす。

 そういえばNGOもNPOも、Nonがつく、国家や企業「じゃない組織」。

 「納得」を基準に生き方を選べば、少なくとも暗くならないでいられると。

 「「山奥ニート」やってます。」から。』


う~む、なるほど‥‥。

「できる人と、できない人の間には、できるけど疲れる人がいる」ですか‥‥。

けだし、名言だと思います。


現役時は地方自治体、定年退職後は第三セクターと、通算で約40年間、

組織の中で生きてきましたが、この「できるけど疲れる人」は、どの部署にも必ず存在しました。

優秀な人なのだけれど、お相手をするには肩が凝るというか、緊張を強いられる人のことです。


なるほど確かに、「納得」を基準に生き方を選べば、少し違った人生が拓けるのかもしれません‥。