しんちゃんの老いじたく日記

昭和30年生まれ。愛媛県伊予郡松前町出身の元地方公務員です。

雑記・雑感・プライベート

「抜本的改革」には要注意!

今日の朝日新聞一面コラム「折々のことば」は、猪木武徳さんの「制度というものは、はっきりした欠陥が見つからない限り軽々に改革すべきではない。」という言葉で、いつものように鷲田清一さんの、次のような解説がありました。 『改革にはつねに「意図と帰…

また一つ増えたもの

今日は久しぶりの雨となりました。小雨がパラパラと降るなか、郊外電車を乗り継いで、松山市内の総合病院に行ってきました。先日の健康診断で慢性胃炎が判明したため、その際に実施したピロリ菌の検査結果を聞きに行くためです。 結果はあいにくの陽性でした…

この天気いつまで‥?

よく晴れて、夏のような天気が続いています。陽が落ちても、西日が射していた和室は27℃もありました。いつまで続くんだろう、この異常な天気‥? ところで、愛媛県では、新型コロナウイルスの感染が続いています。今日も10人の感染の発表があり、なかなか…

「寒露」の日の雑感

今日から、二十四節気の「寒露」(10/8~10/22)、七十二候では「鴻雁来る(こうがんきたる)」(10/8~10/12)です。 「寒露」は冷たい露の結ぶ頃とされ、「鴻雁来る」は、「清明」の時期に北へ帰っていった雁たちが、再びやって来る頃とされて…

就職活動の思い出

2週連続で「カンブリア宮殿」で放映されたのは、今年9月に発売50周年を迎えたカップヌードルが看板商品の、あの「日清食品」でした。 番組を観ていて、就職活動をしていた大学4年生の頃を思い出しました。会社訪問を重ねても、なかなか内定をもらえずに…

一番の良薬

朝夕がめっきり涼しくなりました。昼と夜の気温差が著しいです。そのお天気のせいではないけれど、体調不良が続いています。昨日は夕刻から、背中からお腹にかけて痛みが走りました。平成8年以来、おとなしくしていた胆石が、とうとう動き出したのかなと動…

今日で9月も終わりです

台風16号が日本列島に徐々に近づいているからでしょうか、台風本体からは遠く離れているこちら愛媛でも、今日はとても蒸し暑い一日となりました。 さて、今日で9月も終わりです。仕事を完全リタイアしてから、早や半年が経過しました。悠々自適の日々が送…

明日は我が身‥‥

一昨日26日に放映された、NHKスペシャル「認知症の先輩が教えてくれたこと」に、印象に残ったシーンがありました。 その一つは、認知症となった奥さんが、デイサービスに行く際に財布を持参しようとして、ご主人が「デイサービスでは必要ないだろう」と…

大いに納得しました

今月17日の朝日新聞一面コラム「折々のことば」は、棋士・羽生善治さんの「どうしてこの一手を指せないのか、考えないのかという理由は、恐怖心や生存本能に基づいた判断であるケースがとても多い。」という言葉で、いつものように鷲田清一さんの、次のよ…

最近の話題を二つ

今日は、最近の話題を二つ‥‥。 その一つ。今年の4月から始まった、我が家のお隣のアパート建築工事は、数日前にほぼ完成しました。空き家状態だった時には、庭がまるでジャングルのようになっていましたが、この変わりようです。10月からは、新しい住民の…

「自覚」が足りない‥‥

今日の日経新聞「読書」欄の「リーダーの本棚」は、翁百合・日本総合研究所理事長でした。翁さんの座右の書は、河合隼雄さんの「こころの処方箋」とのことで、次のようなことを書かれていました。 『座右の書は河合隼雄さんの「こころの処方箋」です。 気づ…

老々介護の現実味

雨のせいでしょうか、昨日は、それまでの暑さから一転して、肌寒い一日となりました。窓を全部締め切って寝たのは、随分と久しぶりのことでした。その雨も、今日の午後3時過ぎには止んで、明るい日差しとともに、暑さも戻ってきました。 さて、93歳の父は…

目頭が熱くなった理由

アマゾン「Prime Video」で、『しんがり ~山一證券 最後の聖戦~』(WOWOW:全6話)を視聴しました。原作の『しんがり~山一証券 最後の12人』(清武英利著:講談社+α文庫)とは異なり、登場人物は仮名であって、ストーリーの展開も随分と異なっているよう…

自分のなかのよきもの

今月6日の朝日新聞一面コラム「折々のことば」は、社会学者・上野千鶴子さんの「自分のなかのよきものを育てたいと思えば、ソントクのある関係からは離れていたほうがよいのです。」という言葉で、いつものように鷲田清一さんの、次のような解説がありまし…

「明治改元の日」の雑感

「こよみのページ」のHPによると、今日は「明治改元の日」とのことで、次のような解説がありました。『1868年9月8日(旧暦)のこの日に「明治」と改元された。 「明治」は「易経」の「聖人南面にて天下に聴き、明に嚮にして治む」からとって決定され…

二病息災‥‥?

今日は、4週間に一度の泌尿器科、2か月に一度の耳鼻咽喉科の通院の日でした。午前、午後と二つの病院を掛け持ちすると、一日はあっという間に過ぎ去っていきます。コロナの感染拡大を受けて、松山市への不要不急の外出は控えるよう、呼びかけがなされてい…

雑草との「いたちごっこ」

この時期、厄介で億劫なのは、庭の雑草の除去です。今日は、陽が西に傾いた、午後5時過ぎから作業に取り掛かったのですが、ものの5分も経たないうちに汗まみれになりました。笹の葉のような雑草は、根が深く、容易には除去できないのです。しかも腹立たし…

お弁当の「潔さ」

今日、Yahoo!ニュースを何気なく見ていると、次のような配信記事に目が留まりました。 『ローソン100ストアは、“おかずがウインナーだけ”で話題になった 「ウインナー弁当」(216円)を全国展開すると発表しました。 8月25日から中部・近畿エリアで…

「処暑」の日の雑感

梅雨のようなお天気がようやく終わったと思ったら、強い日差しとともに厳しい暑さが戻って来ました。我が家の庭のヤマモミジから聞こえていた、やかましいほどの蝉の大合唱はすっかり鳴りを潜め、ツクツクボウシの鳴き声が、時々、思い出したように聞こえて…

心がけ次第‥‥?

今日も雨でした‥‥。(溜息) 降ったり止んだり、降ったり止んだり‥、その繰り返しです。お天気がお天気なので、このところ、ウォーキングもできず、コロナの感染拡大で外出もままならず。必然的に自宅にこもって、読書をしたり、「名もなき家事」に取り組ん…

お盆の「送り火」を焚く

お盆の「送り火」を焚きました。おかげさまで、その時間帯、雨は止んでいました。 例年ならば、弟の家族皆がやってきて、賑やかで楽しいお盆を過ごすのに、去年に引き続いて、今年もその恒例行事は実施できませんでした。甥っ子2人の家族には、去年のお正月…

「心に残る思い出の地」のこと‥

今は梅雨かと錯覚するぐらい、雨が降り続いています。蝉の鳴き声は、まったく聞こえてきません。ただ、湿度は高いものの、この時期としては、比較的過ごしやすい気温となっています。 さて、一昨日のこの日記で、『私にとっての「心に残る思い出の地」は、少…

祭りのあとの淋しさ

台風9号の強風が吹き荒れた一日となりました。一方で、この強風が、このところの暑さも一緒に連れ去ったかのように、今日は嘘みたいに涼しくて、過ごしやすい一日でもありました。 ♬ 祭りのあとの淋しさが いやでもやってくるのなら‥‥東京オリンピックも昨…

希望を抱かせるラストレース

台風9号が近づいているせいでしょうか、今日は午後3時頃に強い雨が降りました。短時間で小降りになりましたが、まとまった雨が降ったのは、久しぶりのように思います。 さて、東京オリンピック最終日の今日、早朝に男子マラソンが実施されました。このマラ…

「立秋」の日の雑感

今日から、二十四節気の「立秋」(8/7 ~8/22)、七十二候では「涼風至る(すずかぜいたる)」(8/7 ~ 8/11)となりました。暦のうえでは秋だというのに、今日も厳しい暑さとなりました。吹く風は、涼風どころか熱風です‥‥。 ちなみに、「こよみ…

日よけシェードを設置

一階の和室に差し込む西日が強烈で、室内温度が32℃近くになることもあったので、熱中症のリスクを避けるため、日よけシェードを購入して、今日の夕刻に設置しました。左は北から南の方角に撮った写真で、右は西側の道路から撮った写真です。商品の説明書に…

「大雨時行(たいうときどきふる)」

自転車のタイアがパンクしました。いや、正確に言うと、経年劣化でタイアが摩耗し、空気が漏れだしたようです。そこで今日は、午前中の比較的涼しい時間帯に、約2km先の自転車・バイク専門店まで、自転車を押して修理に行ってきました。 タイアの交換代金…

「雑務」は次の「雑務」を呼ぶ

我が家の庭のヤマモミジでは、早朝から蝉の大合唱が始まります。一体、何匹の蝉が枝にとまっているのか、見当もつきません。また、ある瞬間には、打ち合わでもしたかのように、ピタリとその鳴き声が止まります。そして、蝉の大合唱と正比例するように、今日…

梅雨明けの日の雑感

7月の第3月曜日は、「海の日」です。「こよみのページ」のHPによると、7月20日の海の記念日が祝日化したもので、2003年から7月第3月曜日に変更されたそうです。事実、昨年末にもらった今年のカレンダーも、今日は赤色になっています。でも、2…

複雑な心境です

我が家の金魚が亡くなりました。今朝、いつものように餌をやろうとしたら、水槽の水面にお腹を上にして浮かんでいました。ここ数日、餌をほとんど食べないので、「おかしいな?」と思っていたのですが‥‥。さっそく、小雨が降るなか、庭の土に埋め、その冥福…