読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しんちゃんの老いじたく日記

昭和30年生まれ。愛媛県伊予郡松前町出身の元地方公務員です。

トップの選び方

この一週間、孫娘の体調が悪く、ちょっと心配しました。

アレルギーなのかどうか分かりませんが、目の周りが腫れて真っ赤になり、

鼻水や鼻詰まりの症状もありました。今日になってようやく快方に向かっています。

 

さて、今月16日の朝日新聞「耕論」は、

『舛添さんだけが悪いのか』というタイトルでした。

次のような問い掛けに、3人の有識者の方がそれぞれの自説を述べられていました。

舛添要一都知事が、辞表提出に追い込まれた。

 本人の公私混同の責任は重いが、支えてきた与党が手のひらを返し、

 メディアの集中砲火に追い打ちをかけた。舛添氏だけの問題なのか。』

 

3人のなかでは、ジャーナリストの江川紹子さんの御指摘が大変参考になりました。

まず一つ目は、マスコミについて。

・正義感ぶって一斉にたたきまくるのは、芸能人の不倫報道と同じレベル。

・「東京」都知事のことを連日トップニュースで全国津々浦々に伝えた。

 そんな必要はあるのか。マスメディアの東京中心主義、極まれり。

・舛添都政を冷静に点検し、

 辞職のメリット、デメリットを解説するようなメディアがない。

・権力監視というメディアの役割が果たせていない。

 

次は、都議会について。

・与党は問題がここまでこじれる前に、「これはまずい」と

 知事にきちんと申入れをすべきであったし、

 野党はこの問題を掘り起こして追求できなかった。

・不信任案が可決されて知事が都議会を解散すれば、

 選挙戦で議員たちは知事の問題で何をやったか、

 説明せざるを得なくなったが、その機会はなくなった。

 

う~む、なるほど…。言われてみればそのとおりですよね。

こういう視点に考えが及ばなかったことに、自分自身、反省しきりです。

日本の首都・東京のトップに注目が集まるのは至極当然のように思いますが、

問題なのは、その「選ばれ方」なのかもしれません。

なにせ、都知事に当選するためには数百万票を獲得する必要があり、

タレント性が候補者としての不可欠の要素になるのも、

現状の諸制度の下ではやむを得ないような気がします。

 

まぁ、超大国の米国でさえ、あのトランプさんが大統領候補者になるのですから…。

トップの選び方には正解がないのかもしれません。