読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しんちゃんの老いじたく日記

昭和30年生まれ。愛媛県伊予郡松前町出身の元地方公務員です。

守るべき「作法」とは

論考・論評・コラム

今月22日の産経新聞「正論」に、雪斎先生こと櫻田淳・東洋学園大学教授が、

『「踊る阿呆」と「見る阿呆」の作法』という、

ちょっと風変わりなタイトルの論評を寄稿されていて、興味深く読みました。

 

それぞれの「阿呆」に込められた意味は、次のようなものでした。

『凡(およ)そ、「国家の統治」に際して、

 政治家や官僚のような「踊る阿呆」と政治学者やジャーナリスト、

 さらには一般国民のような「見る阿呆」には、

 それぞれ踏まえるべき別の作法がある。

 「踊る阿呆」は、権力を行使する作法を身に付けなければならないけれども、

 「見る阿呆」は、その権力の行使の仕方を監視し、

 評価する作法を身につけなければならない。』

 

この「定義」を踏まえたうえで雪斎先生は、最近の「主権者教育」においては、

「見る阿呆」の作法が大事な役割を果たすことを指摘されるとともに、

米国大統領選の「トランプ旋風」における「踊る阿呆」の作法のなさを、

次のように厳しく糾弾されていました。

 

『トランプ候補の言動は、米国国内のさまざまな社会階層における「断裂」を

 あえて拡大させているかのように印象付けている意味では、

 「人種のサラダ・ボウル」とも称される米国において、

 「踊る阿呆」としての作法を全く踏まえていないものと評する他はない。

 しかも、トランプ候補の対外関係に関わる認識は、

 その「無知」と「時代錯誤」の性格において、

 彼が「覇権国家・米国」の舵(かじ)取りを

 担うに相応(ふさわ)しからざる不作法を示している。』

 

雪斎先生によると、「踊る阿呆」は「見る阿呆」に対して、

権力の行使に関わる自らの「踊り」の真剣さを伝えるのが、

「踊る阿呆」の最低限の作法とのことでした。

 

う~む、なるほど……。

物事にはそれぞれの「立場」や「役割」があり、

また、守るべき最低限の「作法」を身に付ける必要があるのですね……。

トランプ候補の支持者が、

民主主義における大切な「作法」を忘れていることがよく分かりました。