読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しんちゃんの老いじたく日記

昭和30年生まれ。愛媛県伊予郡松前町出身の元地方公務員です。

上には上が……

リオ五輪が始まってから、早くも一週間が経過しました。

日本は、金メダルの獲得数が7個となり、既に前回のロンドン大会に並んでいます。

 

さて、私がこれまでに観た競技のなかで、印象に残っている試合が二つあります。

その一つは、男子の7人制ラグビー

日本は強豪国のニュージーランドやフランスを破るなど大健闘でした。

三位決定戦となった南アフリカ戦では、ワールドカップの再現を期待していましたが、

残念ながら、後半に息切れしてしまいました。

 

もう一つは、卓球女子の準決勝の試合。

福原愛ちゃんは、前回ロンドン大会金メダリストの中国選手に、

「全く」と言っても過言ではないほど歯が立ちませんでした。

ラグビーも卓球も、世界には「上には上がいる」ということを痛感しました。

 

そうそう、五輪といえば、昭和39年10月に東京五輪が開催されたときは、

私は小学三年生で、滋賀県大津市に住んでいました。

昭和39年という年に、我が家にテレビがあったかどうか定かではありませんが、

水泳や陸上競技などで、アメリカの選手が

次々とメダルを獲得する姿を目の当たりにしました。

そのたびごとに、アメリカ国歌を聞かされて、

お終いには、その力強いメロデイーが頭に刷り込まれてしまいました。

 

その当時、子ども心に思ったのは、

「こんな立派な体格の持ち主がいる国と、日本は戦争して負けたのか…」。

「国力」というものには、「上には上がある」ということです。

 

そして、戦後70年が経過してもなお、

アメリカは「世界の大国」ではあることは事実ですが、

国内に拡がる格差問題などで苦悩している姿が、大統領選挙を通じて伝わってきます。

スポーツであっても、国であっても、「上には上」の存在であり続けるためには、

持続的な努力が必要であることを、今日は考えた次第です。