しんちゃんの老いじたく日記

昭和30年生まれ。愛媛県伊予郡松前町出身の元地方公務員です。

健康・スポーツ

久しぶりのラグビー観戦

関東大学ラグビー対抗戦、「早稲田」対「青山学院」の試合をテレビ観戦しました。試合の結果は、7トライの早稲田が、47対21で勝利しました。 今年は、コロナの影響で、春先から満足な練習ができなかったと思いますが、今日の両校の選手の動きは、私には…

高校野球と甲子園

2020年甲子園高校野球交流試合が、昨日17日に終了したことを受けた書かれた、今日の日経新聞スポーツ欄の記事には、次のような印象深い記述がありました。 『敗れて涙する選手が少なかったのは、勝者にも次戦はないという条件の等しさもあるだろう。 …

1年後に希望をつなぐ

今日の日経新聞に、「東京2020大会」の全面広告が掲載されていました。真っすぐに前を見つめる池江璃花子選手の顔時写真と「+1 その炎は、まだ消えていない。」の標語と、そして、次のような大会組織委員会の文章が強く印象に残りました。 『東京20…

昨日の続きです‥

昨日の続きです‥。昨日はテレビ観戦できなかった、全国大学ラグビー選手権大会の決勝「早稲田」対「明治」の前半戦‥。今日、午前8時30分から放映された「J SPORTS1」で、前・後半戦を通じて、じっくりとテレビ観戦することができました。 この試合、試合終…

苦節11年‥‥歓喜の涙

一昨日、かかりつけの歯科医院から届いた「1/11(土) 14:30 ご予約をお受けしています」というショートメールを見て、愕然としました。「1/11(土) 14:30」‥? 何と、ラグビー全国大学選手権「早稲田」対「明治」の決勝戦の開始時刻ではありませんか‥‥。昨年8…

神様の粋な計らいかも?

全国大学ラグビー選手権の準決勝で、早稲田は天理から8トライを挙げ、52対14で快勝しました。今日の早稲田の勝因は、ラインアウトで相手方ボールを、ことごとく獲得できたことだと思います。また、天理の強力スクラムにも何とか耐えて、タレントが揃っ…

冬至の日の雑感

今日から二十四節気の「冬至」(12/22 ~ 2020/1/5)、七十二候では「冬生じ夏枯る」(12/22 ~ 12/26)となりました。「日刊☆こよみのページ」のHPには、次のような解説がありました。 『今日は冬至です。冬至は昼間の時間が最短となる日。 この日が過ぎる…

リベンジを期す

関東大学ラグビー対抗戦の伝統の一戦、早稲田対明治の試合は、7対36で早稲田が完敗しました。今現在の実力の差が、そのまま点数となって表れたように思います。「前へ」と果敢に突進を図る明治の攻撃は迫力があったし、防御も気迫あふれるプレーでした。…

まるで総合商社‥?

明日は前立腺肥大の治療のために、4週間に一度、泌尿器科の病院に通院する日です。そして明日は、耳鼻咽喉科の病院も思い切って受診してみようと思っています。 というのも、日経新聞「NIKKEIプラス1」に掲載された『長引く咳、放置すればぜんそくにも 2…

25年という歳月

関東大学ラグビー対抗戦は、昨日の早慶戦に続いて明治対帝京の試合が行われ、明治が40対17で帝京に快勝しました。 ラインアウトとスクラムで優位に立てたのが、明治の勝因の一つだと思いますが、一回のタックルでも倒れない、個々の選手のフィジカルの強…

勤労感謝の日の伝統の一戦

今日は勤労感謝の日です。そして、この日は毎年、関東大学ラグビー対抗戦の早慶戦が行われる日でもあります。 その伝統の一戦は、17対10で早稲田が辛くも勝利しました。慶応の気迫溢れるプレーに圧倒されたのでしょうか、今日の早稲田はミスが多かったよ…

「スポーツ観戦」への支出

今月2日の日経新聞デジタル版「Pickデータ」は、『スポーツ観戦に「年4万6509円」』というタイトルの記事で、次のようなことが書かれていました。 『日本人のスポーツ観戦への支出が年々増加している。 過去1年間でスタジアムなどでスポーツ観戦をする…

素朴な疑問

今日はプロ野球のドラフト会議でした。阪神は、星稜高校の奥川恭伸投手を1位指名したものの、交渉権を獲得できませんでした。奥川投手は、阪神の縦縞のユニホームがきっと似合っていたと思うと、とても残念です。 それでも、阪神が交渉権を獲得した1位から…

葛藤が心を鍛える

今はラグビーワールドカップの開催中‥‥、しかも日本代表が大活躍していることもあって、ラグビーが大好きな私のこの日記は、どうしてもラグビーの話題が多くなってしまいます。 今日のメルマガ「週刊正論」では、神戸製鋼の黄金期を築き、日本代表主将、監督…

人生最高の瞬間

台風19号が日本列島に大きな爪痕を残し、暗澹たる気持ちになっていたところ、それを乗り越えて、明日への勇気と希望を抱かせてくれるような、そんな出来事が今日ありました。 ラグビーワールドカップで日本代表は、スコットランドに28対21で辛くも勝利…

記憶に残っている試合

子供の頃のかすかな記憶をたぐりよせ、そして、記憶の裏付けを取るために、インターネットで調べてみると、その試合は、今から50年以上も前の、1968年(昭和43年)7月13日(土)に、甲子園球場で行われた「阪神」対「巨人」戦であることが、ほぼ間違…

健康が第一

前立腺と左足の治療が続いています‥‥。 仕事がお休みだった昨日は、午前中は掃除・洗濯などの家事を済ませ、午後からは松山市の泌尿器科へ‥。いつものように検尿検査と4週間分のお薬をもらって、今度は、市駅からバスに乗って、市内城北にある整体へ‥。帰宅…

思い返すときめき

やっぱり無理でした‥‥。いつものように午前5時に起きて、お弁当を作ったまではよかったけれど、可燃ゴミをその収集場所へ運ぶのに、左足が痛くて歩行がままならず、今日は仕事に行くことを止めにしました。 そして、いつもの整形外科の先生の所に行き、痛み…

感動的な瞬間をありがとう

人生は苦しくて辛くて、そして悲しいことがたくさんあるけれど、我慢して生きていれば、それはもう感動的な、歴史的な瞬間を見届けることができます。 ラグビーワールドカップ1次リーグA組で日本は、世界ランキング2位で、今大会の優勝候補でもあるアイル…

ラグビーは人生に似ている

今日はお昼前から、久しぶりに雨のお天気となりました。と同時に、あれほど暑かった日中は、気温が一気に下がって、秋らしい涼しさとなりました。 さて、今日は、アジア初のラグビーワールドカップ開催という、記念すべき日となりました。その記念すべき日に…

文句なしの完敗

期待は見事に裏切られました。文句なしの完敗(?)に言葉もありません‥‥。 今月20日に開幕するラグビーワールドカップ日本大会に向けた壮行試合、「リポビタンDチャレンジカップ2019」が埼玉県の熊谷ラグビー場で行われ、日本代表は南アフリカに7対4…

ハイパフォーマーの睡眠習慣

今日の日経新聞デジタル版「ヘルスUP」に、『仕事ができる人に共通 睡眠の質上げる習慣トップ5』というタイトルの記事が掲載されていました。記事によると、日中の仕事の出来が良い「ハイパフォーマー」の睡眠習慣には共通点があり、その上位は、次のよう…

リーダーシップとフォロアーシップ

仕事と父の身の回りの世話で、何かと忙しい日々を過ごしています。仕事を早く完全リタイアしたいけれど、生活のためには、もうひと踏ん張りしなくてはと、自分に言い聞かせています‥‥。 さて、ラグビーワールドカップの開催を目前に控え、昨日の日経新聞「核…

「桜の戦士」に期待する

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会に臨む、日本代表の31人が発表されました。海外出身選手は史上最多の15人、選手の出身国も最多の7か国とのことですが、私にはまったく違和感がありません。その多様性こそが、ラグビーの魅力だと信じています。 そ…

強さの原点を知る

お盆期間中の今日は、ご住職による先祖供養のご回行の日でした。ご回行の日は14日と決まっていたものの、時間が未定のため、私も妻も仕事をお休みして、ご住職の訪問を待つことになりました。 さて、『ラグビー・ロマン~岡仁詩とリベラル水脈』(後藤正治…

健康上の悩み

今この時間は、梅雨特有のじっとりとした、気持ちが滅入るような蒸し暑さになっています。痩せ細った私には、暑さも寒さも直接骨に突き刺さるようです‥‥。 さて、今日、風呂上がりに体重を測ってみると、なんと58.6kgもありました。2年前に今の職場に…

ちょっと気がかり

今日の日経新聞「迫真」に掲載された『沸き立つラグビーW杯(1)~「一生に一度」販売盛況』という見出しの記事を興味深く読みました。 記事によると、今年9月に開幕するラグビーワールドカップ(W杯)日本大会のチケット収入の見込みは、2019年3月時点で…

ストレスコントロールを学ぶ

日経新聞電子版「ヘルスUP」に掲載された『過労や仕事のミス ストレス高まった時のセルフケア術』という記事がとても参考になりました。 記事によると、高ストレス状態になると、次のような症状が出始めることがあるそうです。・寝つきが悪くなる、夜中に…

悔しい敗戦

昨日16日は、松山市の「坊っちゃんスタジアム」で行われたプロ野球「阪神」対「ヤクルト」の試合を観に行ってきました。 試合開始は午後6時20分からでしたが、阪神ファンの私は居ても立ってもいられず、午後から休暇を取得して、午後4時40分頃には早…

睡眠は人それぞれ

昨日14日に朝日新聞デジタル版「フォーラム」に掲載された『眠れていますか?』というタイトルの取材記事が大変勉強になりました。記事には次のようなことが書かれていました。 『睡眠は確かにとても重要。 でも取材を通じて実感したのは、むしろ睡眠時間…