読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しんちゃんの老いじたく日記

昭和30年生まれ。愛媛県伊予郡松前町出身の元地方公務員です。

フォークの名曲を堪能した日

音楽

今日は、自宅近くの「エミフルMASAKI」で開催された

坂崎幸之助さんのトークショー&ライブ(FM愛媛主催)に行ってきました。

 

午後2時の開演に先立ち、午前9時から先着200名に

座席整理券を配布するとのお知らせだったので、

私は午前8時前にエミフルMASAKIに向かったところ、

もうすでに長い列(私ぐらいの年配の方が多かったです。)ができていて、

午前9時に私が係員の方からいただいた番号は55番でした。

 

そして、午後1時30分に座席への案内があり、

私が座った場所は、中央の前から6列目という好位置でした。

肝心の坂崎さんのライブでは、

かまやつさんの「どうにかなるさ」、拓郎さん作曲で猫が歌った「地下鉄に乗って」、

泉谷しげるさんの「春夏秋冬」、拓郎さんの「結婚しようよ」など、

懐かしいフォークを聴くことができて、充実した2時間があっという間に過ぎました。

 

また、坂崎さんのトークでは、

先日亡くなられたばかりの、かまやつさんのエピソードも聞くことができました。

かまやつさんは、坂崎さんなど後輩のアーチストを、

皆、「さん」づけで呼ばれていたとのことで、

かまやつさんの優しいお人柄の一端を知ることができました。

 

ライブの最後は、松山市の「ことばのちから」イベントで生まれ、

新井満さんが作詞・作曲した「この街を」を、出演者全員で歌って終わりました。

この曲で私が好きなのは、最後の部分の歌詞です。

♬ この街でいつか おばあちゃんになりたい

  おじいちゃんになった あなたと歩いてゆきたい

  この街でいつか おじいちゃんになりたい

  おばあちゃんになった あなたと歩いてゆきたい

  いつまでも好きなあなたと 歩いてゆきたい

 

この曲は、トワ・エ・モアや城之内早苗さんも歌っていますので、

ぜひ皆さん、YouTubeで聴いてみてくださいね……。

ちなみに、私の妻は、私と一緒に歩いてくれそうにありません…。(トホホ)