読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しんちゃんの老いじたく日記

昭和30年生まれ。愛媛県伊予郡松前町出身の元地方公務員です。

一面コラムの社会的使命

今月23日の朝日新聞天声人語」を読んで、目頭が熱くなりました。

少々長くなりますが、その全文を省略せずに引用させていただきます。

 

『引っ越し作業が続く福島県警双葉署を訪ねた。

 ここは福島第一原発から約9キロ。

 6年前の事故であたりの人々はみな避難させられ、

 警察署も隣町の「道の駅」に仮住まいしてきた。

 今月末、ようやく元の庁舎で本格的に仕事を再開する。

 署のすぐ隣の児童公園にはパトカーが1台、保管されている。

 ハンドルは折れて曲がり、ワイパーが柳のように垂れさがる。

 サイレン灯もなければ、車体に「警察」の文字もない。

 一目見るだけで、津波のすさまじい破壊力を実感させられる。

 6年前の3月11日、署員2人がこのパトカーに乗り込み、

 海岸付近で住民に避難を呼びかけた。「車を置いて早く避難を」。

 2人は津波にのみこまれる。うち1人はいまなお行方不明のままである。

 パトカーは沿岸部に残されていた。いつしか簡素な祭壇が設けられ、

 住民はもちろん、遠く県外から派遣された警官たちも手を合わせた。

 住民らから保存を求める声があがり、2年前に公園へ移された。

 「想像を絶する津波が迫る中、自らの命を犠牲にして住民を救おうとした。

 そんな警察官のことをパトカーは後の人々に伝えてくれる」。

 双葉署復興支援係の寺坂健警部補(30)は話す。

 この春、署がある富岡町でも避難指示が一部で解かれ、住民の帰還が始まる。

 もとの家に戻れない人々にとっても、

 わが町に警察署があるという安心感は大きいだろう。

 もう人の乗ることのないパトカーの脇には、

 色鮮やかなユリやキク、2本の缶コーヒーが供えられていた。』

 

このコラムを読んで、いくつか学んだことがありました。

一つ目は、人間には崇高な自己犠牲の精神が備わっているということ。

二つ目は、そうした精神に支えられた究極の善行を、

天の声として世に知らしめていくことが、一面コラムの社会的使命であること。

三つ目は、私たちの目の前に、当たり前のようにある安心・安全は、

多くの方々の献身的な行動によって支えられていること。

 

伝説のコラムニスト・深代惇郎さんを生んだ朝日新聞天声人語」…。

今回のような市井の方々に寄り添った名文(特に最後の二行は、たった二行だけれど、

実に心に染みるものがあります。)に出合うと、

高校・大学生の頃から数十年経った今も、この一面コラムを読まないと、

なんとなく一日が落ち着かないその理由(わけ)が、分かったような気がします。

 

朝日新聞全体を貫く主義・主張には、ついて行けないことが多々ありますけど…。(笑)