しんちゃんの老いじたく日記

昭和30年生まれ。愛媛県伊予郡松前町出身の元地方公務員です。

言われてみればそのとおり

昨晩は寝苦しい夜となりました。

私はエアコンの冷気が苦手なので、 寝床につく際にはそのスイッチを切って、

代わりに窓を少し開けて眠りにつきます。

ところが昨晩は、暑くて夜中に何度も目が覚めることになり、

気になって温度計付きの時計をのぞいてみると、なんと30℃近くもありました。

う~む、ビックリ……。 その後は、明け方まで寝床で悶々としていました。

 

ところで、昨日のこの日記では、進化する人工知能(AI)のことに触れましたが、

久しぶりに日経新聞「経営者ブログ」を読んでいると、

AIそのものではありませんが、インターネットがもたらすカルチャーについて、

鈴木幸一・IIJ会長が次のように述べられていました。

 

『インターネットが変える、その先の社会や人が、どうなるかを考えると不安になる。

    自分が育てられてきた文化そのものが、

 その基盤から変わってしまうのではないかと。

 膨大なデータの収集・解析がリアルタイムで処理される時代はもう目の前である。

 一方で人間の記憶の外部化はすごい速さで進展している。

 すべての産業も、この技術革新の流れの上で変容していく。

 この分野で日本が後れを取っており、

 抜本的な対策を考えない限り難しいと主張しているのが、生身の人として考えると、

 記憶の外部化から感性の変化まで、なんだか不安になるのだから矛盾している。

 インターネットがもたらすカルチャーは、産業革命がもたらした変化や、

 グーテンベルクの革命以上に、

 人間の本性すら大きく変えてしまうものかも知れないと、

 昨今は、ますます考え込んでしまうのである。』

 

「インターネットがもたらすカルチャーは、

 人間の本性すら大きく変えてしまう」というご指摘は、

確かに言われるとおりかもしれないと思っていたところ、

先週土曜日の日経新聞「リーダーの本棚」で、

衆院愛媛4区選出で現環境相山本公一代議士が、

今話題の『応仁の乱』(中公新書)を例に挙げて、

『1つの権威、時代が壊れる時はこんな形で崩れていくのかなあと。

人間のやることはいつの時代も一緒だと感じる。

知恵が付いたようでも、やっていることはいつも同じだ。』

とおっしゃっていたのを思い出しました。

 

こちらも、言われてみればそのとおりで、

いくらAIやインターネットが進化しても、

「人間の営みや本性というのは変化しないのではないか」とも思いました…。

一体、どちらが正解なのかしら……?

広告を非表示にする