読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しんちゃんの老いじたく日記

昭和30年生まれ。愛媛県伊予郡松前町出身の元地方公務員です。

昭和の名曲と日本的霊性

昨日26日の日経新聞「こころ」欄に掲載された、

作詞家・なかにし礼さんへの「歌謡曲と昭和」と題したインタビュー記事は、

とても深くて重みのある記事でした。

 

記事を読んで驚いたのは、

黛ジュンさんの『恋のハレルヤ』や、弘田三枝子さんの『人形の家』が、

なかにしさんの戦争体験から生まれた曲であるということです。

 

まず、『恋のハレルヤ』の「♪愛されたくて愛したんじゃない」という歌詞は、

なかにしさんの愛するふるさと、満州に対する恋歌であること。

次に、『人形の家』の「♪愛されて捨てられて、

忘れられた部屋のかたすみ、私はあなたに命をあずけた」という歌詞の底にも、

満州からの引き揚げの体験があること。

 

また、この『人形の家』の歌い出し、

「♪顔も見たくないほど、あなたに嫌われるなんて」の

歌詞に込められた思いについて、なかにしさんは次のように述べられていました。

『1945年8月14日、日本の外務省は在外邦人について

 「できる限り現地に定着させる」との方針を出しています。

 帰ってくるなということですよ。  ~(略)~

 日本国民や日本政府から顔も見たくないほど嫌われるなんて……

 という思いがあったわけです。』

 

う~む、そうだったのですか…。

この二つの名曲が流行ったのは、私が小学生から中学生にかけての頃でした。

当時の私はまだ子どもですから、

大人の歌詞の「意味」が分からないのは当然のこととしても、

戦争体験を恋愛に置き換えた作詞家の「思い」も知らないままに、

曲を軽く口ずさんでいたことになります。

 

そして、このインタビュー記事では、

食道がんで生死をさまよう体験をされたなかにしさんが、

「日本的霊性」が日本の歌謡曲を作るうえでも一つのカギになるとして、

次のように述べられていました。

『日本的霊性とは何かといえば土なんです。

 どの民族にも霊性はあるし、日本人にも縄文時代から霊性はあるけれど、

 文化として花開いたのは鎌倉時代

 一所懸命に土を耕し、農民と交わる武士の時代が来て、土に目覚めた。

 現代の日本人も、そうしたことをもっと意識してもいいと思うし、

 歌を書くうえでも大切なことだと感じています。』

 

『日本的霊性』は仏教学者・鈴木大拙の著書で、なかにしさんの愛読書だそうです。

なかにしさんは、私たちは今も無意識のうちに「日本的霊性」を持つ、

とおっしゃっていました。

昭和の名曲に、今も心を揺さぶられるその訳が、少し分かったような気がします。

 

日本的霊性 完全版 (角川ソフィア文庫)

日本的霊性 完全版 (角川ソフィア文庫)