読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しんちゃんの老いじたく日記

昭和30年生まれ。愛媛県伊予郡松前町出身の元地方公務員です。

父の誕生日を前に

午前中は晴れ間が広がっていたのに、

午後からは大きな雷が鳴って雨も降り出し、急に肌寒さを感じるなど、

今日は変なお天気となりました。

4月に入って、例年だと桜の花も3分から5分咲きぐらいのところ、

今年は変な天気に阻まれるかのように、一向に桜の開花が進みません。

 その桜について、今日の日経新聞「春秋」に次のような一節がありました。

 

『サクラ前線は5月までひと月半かけ列島を染めて行く。

 時至れば咲き、散る。兼好は知性と感性を総動員し、

 花を味わいつくそうとしていたかにみえる。

 その姿勢に自然の摂理への畏敬が潜んでいよう。

 むろん、我々の心の底にも備わっているはずだ。

 花の下にたたずめる回数には限りがある。騒ぐだけではもったいない。』

 

この一節の中の「花の下にたたずめる回数には限りがある。」

という文章を読んで、茨木のり子さんの「さくら」という詩を思い出しました。

『ことしも生きて さくらを見ています

 ひとは生涯に 何回ぐらいさくらをみるのかしら

 ものごころつくのが十歳ぐらいなら

 どんなに多くても七十回ぐらい 三十回 四十回のひともざら

 なんという少なさだろう (以下、~略~) 』

 

ところで、明日、父は89歳の誕生日を迎えます。

父には、(そして私にも)「花の下にたたずめる回数」が

あと何回あるかどうか分からないけれど、

四季を繰り返して循環する時間のなかで、

家族とともに過ごせる時間を持てることの希少さと有難さが、

苦節の一年を経験することによって、ようやく分かったような気がします。

 

さぁ~、明日からは新しい職場です。

気持ちを入れ替えて、平成29年度を乗り切りたいと思います。