読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しんちゃんの老いじたく日記

昭和30年生まれ。愛媛県伊予郡松前町出身の元地方公務員です。

べっぴんの国

久しぶりに朝日新聞「折々のことば」から……。

 

今日の「折々のことば」は、コラムニスト・故天野祐吉さんの

『日本は一位とか二位とかを争う野暮(やぼ)な国じゃなくていい。

「別品」の国でありたいと思うのです。』という「ことば」でした。

 

「別品」は「べっぴん」と読んだのでいいのでしょうか?

私は今まで、美人さんを指す、「べっぴん」という単語しか知りませんでした。

この「別品」の意味を、鷲田清一さんは次のように解説されています。

 

『別品とは普通の物差しでは測れない優れもの。

 主流ではないが、時を経ると、

「どちらが一位であるかわからないような状況」の生じる可能性があるもの』

う~む……。このような解説を読むと、

「別品」という「ことば」が、とても品格のある「ことば」に思えてきました。

 

また、鷲田さんの解説によると、天野さんは、

「この国は、成長という過去の夢を再び追うべきでなく、

成熟を旨とする国として再生すべきだ」とおっしゃっていたそうです。


「成長から成熟へ」という時代の流れは、

確かにそのとおりだと思うのですが、

もう一つの「別品」については、日本は果たして「別品の国」なのかと思います。

 

ところで、通常国会は今日、150日間の会期を終え閉会しました。

安倍首相はこれを受けて記者会見し、

2017年4月に予定していた消費税率10%への引き上げを

19年10月まで2年半延期すると正式に表明されました。

 

増税延期によって、「別品の国」への道が遠ざからないようにしたいものですね。