しんちゃんの老いじたく日記

昭和30年生まれ。愛媛県伊予郡松前町出身の元地方公務員です。

グローバル化と資本主義の未来

昨日12日に、朝日新聞デジタル版に掲載された『(平成経済)第1部・グローバル化と危機:3 企業の利益、給与に回らず』という記事を読んで、いろいろと考えることがありました。まず、記事の冒頭は次のような文章から始まります。 『アベノミクスによる円…

絶好のPR材料かも?

今日11月12日は、(いいヒフの日)ということらしく、日経新聞には「POLA」の全面広告が掲載されていました。その広告によると、「美肌県グランプリ2017」で富山県が美肌全国1位に輝いたとのことでした。 ①肌がうるおっている、②キメが整っている…

矛盾のなかで生きること

今日11日は、第二土曜日です。ということで、今日は夕方から恒例の漢方薬草湯「元気人村」に行ってきました。サウナでたっぷりと汗を流してから、ぬるめの漢方薬草湯に身体を浸し、火照った体を冷やすために露天風呂へ‥‥。渚に寄せるさざ波の音を聴き、夜…

???だらけの映画

今月4日、三連休の中日に、映画『三度目の殺人』を観に行きました。 http://gaga.ne.jp/sandome/ 是枝裕和さんが監督、福山雅治さん、役所広司さん、そして広瀬すずさんが出演の映画で、映画好きの大学の先輩の評価が一押しの◎(二重丸)だったことや、上映終…

再び「保守」を考える

日々の生活に追われているうちに、気がつくと二十四節気の「立冬」が過ぎていました。暦の上ではもう冬です。日も短くなって、仕事の退庁時刻には薄暗く感じるようになりました。過ぎし日を振り返ると、今年は「秋」という季節がほとんどなかったように思い…

消費税10%の先

一昨日のこの日記で、「全世代型の社会保障」についての感想を書きました。このことに関連して、11月4日号の週刊東洋経済「経済を見る眼」に掲載された早川英男・富士通総研エグゼクティブ・フェローの執筆による『消費税10%の先を議論しよう』という…

二言を弄する

昨日6日の産経新聞「正論」に、雪斎先生こと、櫻田淳・東洋学園大学教授が、『日米同盟の真贋が問われる「真実の瞬間」は、確かに近づいている』というタイトルの論評を寄稿されていました。この論評のなかで特筆すべきは、「安保法制評価」に関しての記述…

「タダより高いものはない」という真理

今日6日の日経新聞「核心」欄に掲載された、大林尚・上級論説委員の執筆による『タダより高いものはない~もつか、全世代の社会保障』というタイトルの論評を読んで、少し考えるところがありました。この記事の前半部分を私なりに要約すると、概ね次のよう…

秋晴れの日の雑感

今日はお昼過ぎに、古本を宅配業者の方に引き取ってもらいました。段ボール4箱が無くなって部屋が少し広くなり、ちょっとすっきりした気持ちと、そこはかとない淋しさが同居しているような感覚です。 そしてこの三連休は、風が少し肌寒かったものの、秋晴れ…

本を見送る思い

三連休の初日だった昨日3日は、以前から気になっていた本の整理を、約10年ぶりに実行しました。というのも、自宅1階の和室が、知らず知らずのうちに本に占領されてしまい、私の寝る布団のスペースの確保がいずれ困難になることが、時間の問題になってい…

全6巻の読後感想

通勤電車の往復の時間を利用して読み進めていた『ソロモンの偽証(全6巻)』(宮部みゆき著:新潮文庫)を、ようやく読み終えました。 「全国どこを探しても、こんな学校内裁判を実行するような中学生と中学校はないだろうな‥‥」と思いつつも、それぞれの登場人…

どうありたいか‥。

今日2日の朝日新聞一面コラム「折々のことば」は、前衛芸術家・岡本太郎さんの『本当に叫びたいこと、一人一人の腹の底の、血の吹きだすような訴えに、 社会は応えてくれない。だからひどくバラバラ。責任がない。』という言葉で、いつものように、鷲田清一…

ますます分からない?

昨日のこの日記で、「リベラル」と「保守」に関連して、「今はあまりイデオロギーにこだわる時代ではないかもしれない」と書きました。ところが、先週26日の日経新聞「経済教室」では、田中直毅・国際公共政策研究センター理事長が、『衆院選後の展望と課…

リベラル、それとも保守?

先の衆院選挙で、リベラル勢力の結集を訴えた立憲民主党が躍進したことは記憶に新しいところですが、一昨日29日の日経新聞「風見鶏」は、『「リベラル」とは何か』というタイトルのコラムで、次のようなことが書かれていました。 『自民党内でリベラルとさ…

「二つの法則」の存在を知る

先週26日の「Yahoo!ニュース」に掲載された「日刊SPA!」の『なぜ、上司は無能な人が多いのか?会社員なら一度は感じる疑問に答えがあった』というタイトルの記事を読んで、職場や人事に役立つ「二つの法則」があることを知りました。 その一つは「ピータ…

「空気」という元凶

商工中金危機対応業務にかかる第三者委員会の調査報告書(要約版)が、岡本全勝・内閣府参与のHPで引用されていたので、私も興味があって目を通してみました。その報告書には、組織と組織で生きる人間にとって、示唆と教訓に富む記述が数多くありましたが、…

家と土地の行く末を考える

北上する台風22号の影響でしょうか、今日は朝から小雨が降りったり止んだりしています。今月は土日に雨が降って、なかなか布団を干したり、シーツを洗ったりするチャンスがありません。 さて、増田寛也元総務相ら民間有識者でつくる「所有者不明土地問題研…

来年はどんな年に?

「10月末までに注文すると20%割引」というダイレクトメールに誘われるかのように、今日27日は、仕事が終わってから、職場近くの馴染みのお店に行って、来年の年賀状の印刷を頼んできました。 毎年のように発注しているせいか、女性店員の方は、私が名…

忘れ去られていた視点

10月22日の衆院選挙の日に、投票所を出たところで地元民放の出口調査に回答したことをこの日記に書きました。その質問のなかには確か、「重視する政策」を複数の項目から1つだけ選ぶというものがあって、私は少し迷ったあと、「消費税」に関する項目を…

小さな弱さの積み重ね

今日25日の朝日新聞デジタル版「波聞風問(はもんふうもん)」は、『続く企業不正~「これぐらいなら」させぬには~』というタイトルの記事でした。 この記事では、神戸製鋼所が明らかにしたデータ書き換えなどの不正、さらには東芝や日産自動車など、最近の…

スマホの誘惑

メディア環境研究所が公表している『定点調査コラム~中高年に拡がるモバイルシフト』というレポートの冒頭部分に目を通しました。http://mekanken.com/contents/463/そこには、次のようなことが書かれていました。 『2017年、スマートフォン(以下スマホ…

悩むよりも先に

超大型の台風21号が遠ざかって、今日は久しぶりに晴れ間が広がりました。台風と選挙が重なり、国や地方自治体など関係者の皆さんは、災害対応や選挙の管理執行等で大変だったと思います。お勤め、お疲れさまでした。 ところで、話は全く変わりますが、ここ…

風雨の中を投票所へ

今日は衆院選挙の投票日‥‥。ところが、今日も朝から雨が降り続いています。う~む、弱ったな‥‥。指定の投票所までは、徒歩でわずか200mの距離なのに、なかなか身体が動きません。そんな思いを抱いて日経新聞を眺めていたところ、「社説」に次のようなこ…

あらためて点検

この一週間、ほぼ毎日のように雨が降り続いています。おまけに、明日、明後日にかけては、超大型の台風21号までやってきそうです。そんな雨の日の今日は、漢方薬草湯「元気人村」に行ってきました。毎月、第二・第四土曜日には薬草湯に浸かって、心と身体…

私心なかりしか

日経新聞では、日本取引所グループ前最高経営責任者・斉藤惇さんの「私の履歴書」の連載が続いています。その第19回目の今日の内容は、斎藤さんが社長として就任し、2003年4月に発足した、産業再生機構のことについて書かれたものでしたが、読み進む…

「それ」は何??

久々に、「折々のことば」からです‥‥。 今日19日の朝日新聞「折々のことば」は、哲学者・森口美都男さんの『それなしで人が生きていけないものについて考えるのが、哲学です。』という言葉で、いつものように、鷲田清一さんの次のような解説がありました。…

分岐するいくつもの道

今日18日の日経新聞に掲載されていた、EPSONの全面広告を眺めていたところ、そこでページをめくる手が止まりました。その広告には、作家・村上龍さんが、『「時」が示す、新しい道』というタイトルで、次のような自筆のショートエッセイを書かれてい…

「流行の廃りの早さ」を知る

このところの雨で気圧の低い日が続いているせいか、私の体調は芳しくありません。気圧の低さが「めまい」を誘発しているような気がしています。 さて、㈱日本リサーチセンターが今月13日に公表した『流行に関する意識調査~知らない10代』という調査レポ…

変わった本の選び方

書店の書棚に整然と並んでいる本の背表紙を眺めながらお気に入りの一冊を選ぶのは、私の至福の時間の一つなのですが、今日16日の朝日新聞「天声人語」には次のようなことが書かれていて、正直、びっくりしました。 『作家の川上未映子さんが岩波文庫を例に…

CSファーストステージ(第1戦)観戦記

昨日の日記の続きです。甲子園球場に入場してまず驚いたのは、座席がグリーンシート下段「10段100」というバックネット裏の席だったことです。雨が心配だったけれど、この席なら雨に濡れながら観戦する心配はありませんでした。下の3枚の写真は、試合…